セリーナ・ディーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セリーナ・ディーブ
Serena Deeb AWR 2009.JPG
プロフィール
リングネーム セリーナ・ディーブ
セリーナ
ミア・マンチニ(FCW)
ニックネーム 女ターミネーター
身長 163cm
体重 59kg
誕生日 1986年6月29日(27歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州フェアファックス
トレーナー テリー・テイラー
デビュー 2005年11月4日
テンプレートを表示

セリーナ・ディーブSerena Deeb1986年6月29日 - )は、アメリカ合衆国の女子プロレスラーバージニア州フェアファックス出身。

経歴[編集]

デビュー[編集]

OVWレスリングスクールでトレーニングを積み、2005年11月4日デビュー。

2006年11月13日、OVW女子王座獲得。

直前の10月よりSHIMMERにも参戦。

2008年6月にはTNA初参戦。

WWE[編集]

2009年にWWEと契約を結び、7月15日のFCWでデビュー。FCWではミア・マンチニ(Mia Mancini)を名乗り、クイーン・オブ・FCWを獲得。

2010年1月22日、スマックダウンに登場。CMパンクが率いるストレート・エッジ・ソサエティ(Straight Edge Society)に加わる。

8月20日、WWEを解雇。解雇の前に、プライベートで禁欲主義ギミックに反して飲酒を行っている姿を晒している。

WWE解雇後 - 休業[編集]

9月11日、SHIMMER Vol.33で復帰。

2011年1月29日、SMASHで初来日。朱里真琴と対戦した。

その後もSMASHに継続参戦し、初代SMASHディーバ王座決定トーナメントにも出場。9月8日の決勝で華名と初代王座を争うが、敗戦。

10月、脳震盪が判明し無期限休業を発表。

休業中はヨガのインストラクターをしていた。

復帰[編集]

2013年3月17日、TNAのPPVで復帰し、ミッキー・ジェームスとシングルも敗戦[1]

4月6日、Volume 53でSHIMMER復帰[2]

7月に2年半ぶりの来日を果たし、25日のWNCにてリン・バイロンが持つWNC女子王座に挑戦[3]、敗れ王座ならず[4]も、リンを負傷させて王座返上に追い込み、その王座を朱里、真琴と争うことになった。8月10日WNC鹿児島大会でWNC女子王座獲得。来日期間中はJWPにも参戦し、モーリー&中森華子の「ハートムーブ」とトリオを組んだ。JWP後楽園大会ではLeonアイスリボン留学中のイギリス人ケーシー・オーウェンズと組んだ。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Johnson, Mike (2013年3月17日). “TNA Knockouts PPV taping spoilers”. Pro Wrestling Insider. 2013年3月17日閲覧。
  2. ^ Namako, Jason (2013年4月6日). “4/6 Shimmer 53 iPPV Results: Secaucus, New Jersey”. WrestleView. 2013年4月6日閲覧。
  3. ^ “コバックと共にTAJIRIを制裁していた西村に矢郷が対戦要求!"真琴のもうひとつの顔"レディー・フェイスの助っ人にアリス十番!”. バトル・ニュース. (2013年6月27日). http://battle-news.com/battle/2013/06/001853.php 
  4. ^ 2013-07-25 WNC新宿FACE大会 試合結果 Wrestling New Classic 2013年7月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1] (英語)