スピリット・スクワッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スピリット・スクワッド(Spirit Squad)は、かつてアメリカプロレス団体WWEに登場したプロレスラーのユニットの名称である。RAW側に登場した。メンバーはケニージョニーニッキーマイキーミッチの5人。日本でWWEを放送しているJ SPORTSでは、スピリット応援団という字幕となっていた。

メンバー全員がWWEのファーム団体OVWの出身であるが、ニッキーはチャボ・ゲレロがカーウィン・ホワイトという中流白人ギミックをしていた時にキャディー役でRAWに登場しており、ミッチは2004年に開催された100万$タフイナフのファイナリストに残っていた。WWE内では、全員が団体の将来を担いうる有望株と目されていた。

登場から一貫してヒールのユニットであり、ビンス・マクマホンシェイン・マクマホンの派閥に付いていた。試合ではほとんど1対1の戦いはせず、タッグ、もしくはメンバー5人全員が出場するハンディキャップ・マッチを得意としていた。タッグ・マッチでも必ず他のメンバーがセコンドとして試合に介入していた。

経歴[編集]

2006年1月23日に開催されたRAWでのジェリー・ローラージョナサン・コーチマン戦に乱入したのが初登場である。2月16日に開催されたRAWでのショーン・マイケルズとビンスのマイクパフォーマンス中に登場し、マイケルズを侮辱するパフォーマンスをする。以降マイケルズとの抗争をスタートさせ、同時にマイケルズと抗争状態にあったビンス、シェイン親子のアシストに回るようになった。4月2日に開催されたWrestleMania 22でのマイケルズ対ビンス戦にも乱入している。

WrestleMania 22翌日の4月3日に開催されたRAWでビッグ・ショー&ケインが保持する世界タッグ王座を奪取。メンバー全員での反則による勝利だが、建前上は試合に出場したケニーとマイキーが王座を保持している。後にケインがヒールターンしてビッグ・ショーとのチームを解散した為に、この2人との抗争は行っていない。

4月30日に開催されたBacklash 2006でのマイケルズ対ビンス&シェインのハンディキャップ・マッチにも乱入し、実質1対7の構図を作り上げてビンス&シェインの勝利に貢献した。

その後もマイケルズとの抗争は続いたが、6月12日に開催されたRAWで当時ビンスと険悪になっていたトリプルHとハンディキャップ・マッチで対戦。トリプルHが劣勢となっていた試合終盤でマイケルズが乱入し、トリプルHを救出。かつて1990年代にWWEを沸かせたユニット、D-ジェネレーションX(略称DX)の再結成の引き金となった。6月25日に開催されたVengeance 2006でDXと対戦するも敗退。 その後クライム・タイム等の新ユニットに敗北するなどでチームは不仲になり、11月5日に行われたCyber Sunday 2006で、リック・フレアーロディ・パイパーにタッグ王座を奪取された。2007年にケニーを除くメンバーはOVWに降格され、ユニットとしては消滅した。さらに同年、ミッチはWWEを解雇された。現在、WWEに在籍しているのはドルフ・ジグラーと名を改めたニッキーのみである。

タイトル履歴[編集]

WWE