マッドドッグ・バション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッドドッグ・バション
プロフィール
リングネーム マッドドッグ・バション
本名 モーリス・バション
ニックネーム 狂犬
身長 178cm
体重 110kg(全盛時)
誕生日 1929年9月14日
死亡日 2013年11月21日(満84歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
スポーツ歴 レスリング
デビュー 1950年[1]
引退 1986年[1]
テンプレートを表示

マッドドッグ・バションMad Dog Vachon)のリングネームで知られるモーリス・バションMaurice Vachon1929年9月14日 - 2013年11月21日)は、カナダプロレスラーケベック州モントリオール出身のフランス系カナダ人。

オリンピック代表にも選ばれた正統派のレスリング技術と、マッドドッグ(狂犬)の異名通りの凶暴な喧嘩ファイトで、180cmに満たない小柄な体格ながら30年以上トップスターとして活躍した。地元のモントリオールではプロモート業も手掛けた。

弟のブッチャー・バション(ポール・バション)もプロレスラーで、タッグチームのバション・ブラザーズとしても実績を残した。妹のビビアン・バションもまたプロレスラー(夫はバディ・ウォルフ)。女子プロレスラーのルナ・バションはポールの娘でモーリスの姪にあたる(夫はデビッド・ヒース)。

来歴[編集]

13人兄弟の一人として生まれる[1]。10代よりレスリングで頭角を現し、カナダのナショナルチームに入る。1948年にはロンドンオリンピックに19歳でカナダ代表として出場した[1][2]1950年にプロ入り[1]。地元のモントリオールを主戦場に、当初はベビーフェイスのポジションで活動していたが、同地区のヒーローだったユーボン・ロバートに全治5週間の怪我を負わせた一戦を機に、1955年よりヒールに転向[3]。以降、マッドドッグの異名を持つクレージーファイターとして、後にモントリオールにて興行戦争を展開することになる "ハンサム" ジョニー・ルージョーらと抗争した。1959年からはカルガリーにて弟のブッチャー・バションとタッグチームを結成[4]テキサスミッドアトランティックなどアメリカ南部にも進出し、各地のタッグタイトルを獲得した[2]

1962年、ブッチャー・バションとのコンビを一時解消して太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングに参戦。10月4日にルーサー・リンゼイからNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を奪取し、以降もビリー・ホワイト・ウルフニック・ボックウィンクルザ・デストロイヤースタン・ステイジャックムーンドッグ・メインらとタイトルを争った[5]

1964年よりAWAを主戦場とし、同年5月2日にネブラスカ州オマハバーン・ガニアを破りAWA世界ヘビー級王座を獲得[6]。同月中にガニアに奪回されるが、その後もガニアと抗争を繰り広げて王座に返り咲き、1967年にかけて通算5回戴冠[6]パット・オコーナームース・ショーラックモンゴリアン・ストンパージャック・ランザドン・ジャーディンイゴール・ボディックウイルバー・スナイダーダニー・ホッジディック・ザ・ブルーザークラッシャー・リソワスキーミスター・レスリングアーニー・ラッドキラー・コワルスキーなどの強豪を相手に防衛戦を行った[7][8][9]1969年8月30日にはブッチャー・バションと組んでディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキーからAWA世界タッグ王座も奪取するなど[10]、AWAのトップ・ヒールとして活躍したが、バーン・ガニアとの抗争においては狂乱ファイトを抑え、正統派のレスリングの攻防を披露することもあった。

モントリオールでの活動も続け、5度目のAWA世界ヘビー級王座戴冠中の1967年1月24日には、ハンス・シュミットから同地区認定のインターナショナル・ヘビー級王座(モントリオール版IWA世界ヘビー級王座)を奪取[11]。両団体のフラッグシップ・タイトルの二冠王となった。1960年代末はアメリカ西海岸ロサンゼルス地区にも時折出場しており、WWA世界ヘビー級王者のボボ・ブラジルに挑戦したほか、ミル・マスカラスフレッド・ブラッシーと対戦している[12][13]

AWAでは1971年下期よりベビーフェイスに転向し、ニック・ボックウィンクル、レイ・スティーブンスラリー・ヘニングラーズ・アンダーソンなどのヒール勢と対戦[14]。大悪党から人気者に転じ、1972年にはブッチャー・バションとのコンビでダスティ・ローデス&ディック・マードックテキサス・アウトローズと抗争した[15]。AWAでの活動と並行して、1970年代には故郷のモントリオールにて自らの団体グランプリ・レスリング(Grand Prix Wrestling)を主宰、エースレスラー兼プロモーターとしても活動した[16]1975年は7月と10月にテキサスアマリロ地区にスポット参戦し、ドリー・ファンク・ジュニアテリー・ファンクとも対戦している[17]

1976年にヒールに戻り、AWAやNWA中西部バロン・フォン・ラシクとのタッグなどで活動するが、1978年下期より再びフェイスターンを決行[4]。50歳を目前とした1979年6月6日、かつての仇敵ガニア(当時53歳)とのチームでレイ・スティーブンス&パット・パターソンを破り、AWA世界タッグ王座を獲得[10]、翌1980年7月20日にジェシー・ベンチュラ&アドリアン・アドニスに明け渡すまで、1年以上に渡って保持した(その間、カナダのウィニペグにてスタン・ハンセン&ボビー・ダンカンに王座を奪われたともされている)[10]。その後も大ベテランのベビーフェイスとしてAWAのリングに上がり、1983年には、当時AWAで人気沸騰中だったハルク・ホーガンともタッグを組んでいる[18]

キャリア末期の1984年にはWWFと契約し、同年にスタートしたビンス・マクマホン・ジュニアによる全米進出サーキットに参加[19]。AWA圏での興行を中心に、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにも出場した[20]。WWFではアンドレ・ザ・ジャイアントダイナマイト・キッドとのタッグチームも実現している[21]1986年、ケベックにて引退ツアーが行われ、36年におよぶキャリアに終止符を打った[1]

日本には1968年9月、日本プロレスに初来日。キラー・カール・コックスと組んでジャイアント馬場&アントニオ猪木BI砲が保持していたインターナショナル・タッグ王座に挑戦した。小柄なために馬場のインターナショナル・ヘビー級王座への挑戦権は与えられなかったものの、馬場は自著においてバションについて、小粒だがあきれるほどタフであり、基本がしっかりとしていて文句なく超一流のレスラーだったなどと記している[22]

1971年2月にはブッチャー・バションとのAWA世界タッグ王者として国際プロレスに登場、壮絶な暴れっぷりで日本勢を蹂躙し、以降も国際プロレスに外国人エースとして度々参戦した。1973年4月18日にはイワン・コロフとのチームでストロング小林&グレート草津からIWA世界タッグ王座[23]1975年4月10日にはマイティ井上からIWA世界ヘビー級王座を奪取[24]1977年2月には第6回IWAワールド・シリーズに参加、ラッシャー木村と決勝を争っている。同シリーズでは、ジプシー・ジョーとのコンビでIWA世界タッグ王座の争奪トーナメントにも出場したが、3月10日の水戸大会でのアニマル浜口&寺西勇との2回戦でジョーと仲間割れして失格(トーナメントはビッグ・ジョン・クイン&クルト・フォン・ヘスが優勝)。3月15日の豊橋大会で行われたジョーとのシリーズ公式戦では、両者のモントリオールでの抗争劇が再現された[25]

引退後の1987年に交通事故で右足を切断したが、その後も度々WWEの興行や番組にスペシャル・ゲストとして登場。2010年にはWWE殿堂に迎えられ[19]、車椅子でセレモニーに出席した(インダクターはAWAでの旧敵パット・パターソン)[26]

2013年11月21日、ネブラスカ州オマハにて死去[19][1]。84歳没。

人物[編集]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

アメリカン・レスリング・アソシエーション
サウスウエスト・スポーツ・インク
スタンピード・レスリング
  • NWAカナディアン・タッグ王座(カルガリー版):3回(w / ブッチャー・バション)[2]
  • NWAインターナショナル・タッグ王座(カルガリー版):3回(w / ブッチャー・バション)[2]
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA南部タッグ王座(ミッドアトランティック版):1回(w / ブッチャー・バション)[2]
ミッドサウス・スポーツ
セントラル・ステーツ・レスリング
IWAモントリオール
インターナショナル・レスリング・エンタープライズ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Mad Dog Vachon dead at 84”. SLAM! Wrestling: November 21, 2013. 2013年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Wrestler Profiles: Maurice Vachon”. Online World of Wrestling. 2013年11月26日閲覧。
  3. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P34(1996年、日本スポーツ出版社
  4. ^ a b Mad Dog Vachon”. Wrestlingdata.com. 2013年11月26日閲覧。
  5. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月26日閲覧。
  6. ^ a b c AWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月29日閲覧。
  7. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1964”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月26日閲覧。
  8. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1965”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月26日閲覧。
  9. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1966”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月26日閲覧。
  10. ^ a b c d AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月29日閲覧。
  11. ^ a b World Heavyweight Title [Montreal]”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月27日閲覧。
  12. ^ The Los Angeles matches fought by Mad Dog Vachon in 1969”. Wrestlingdata.com. 2013年11月27日閲覧。
  13. ^ 『Gスピリッツ Vol.20』P64(2011年、辰巳出版ISBN 4777809218
  14. ^ The AWA matches fought by Mad Dog Vachon in 1971”. Wrestlingdata.com. 2013年11月26日閲覧。
  15. ^ The AWA matches fought by Mad Dog Vachon in 1972”. Wrestlingdata.com. 2013年11月26日閲覧。
  16. ^ Sir Oliver Humperdink recalls career of yesteryear”. SLAM! Wrestling: January 17, 2008. 2013年11月26日閲覧。
  17. ^ The Amarillo matches fought by Mad Dog Vachon in 1975”. Wrestlingdata.com. 2014年5月28日閲覧。
  18. ^ The AWA matches fought by Mad Dog Vachon in 1983”. Wrestlingdata.com. 2013年11月26日閲覧。
  19. ^ a b c Maurice 'Mad Dog' Vachon passes away”. WWE.com. 2013年11月21日閲覧。
  20. ^ WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2010年10月29日閲覧。
  21. ^ Mad Dog Vachon”. Cagematch.net. 2013年11月26日閲覧。
  22. ^ 『16文が行く (新装版) 』P78-79(1999年、ダイナミックセラーズ出版、ISBN 488493279X
  23. ^ a b IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月29日閲覧。
  24. ^ a b IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月29日閲覧。
  25. ^ 『忘れじの国際プロレス』P31(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802
  26. ^ Mad Dog Vachon at the WWE Hall of Fame Ceremony”. SLAM! Wrestling: March 27, 2010. 2010年11月5日閲覧。
  27. ^ リック・フレアー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン』P174(2004年、エンターブレインISBN 4757721536
  28. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P71(2002年、日本スポーツ出版社
  29. ^ 『Gスピリッツ Vol.26』P76(2013年、辰巳出版、ISBN 4777811166
  30. ^ NWA Texas Tag Team Title [E. Texas]”. Wrestling-titles.com. 2013年11月27日閲覧。
  31. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月27日閲覧。
  32. ^ NWA World Tag Team Title [Georgia]”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月27日閲覧。
  33. ^ NWA World Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]