ジョニー・ロッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョニー・ロッズ
ジョニー・ロッズの画像
October 25, 2008
プロフィール
リングネーム ジョニー・ロッズ
ジャバ・ルーク
スーパー・メディコ2号
本名 ジョニー・ロドリゲス
ニックネーム 黒豹
身長 173cm
体重 100kg(全盛時)
誕生日 1938年5月16日(75歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
デビュー 1964年
テンプレートを表示

ジョニー・ロッズ"The Unpredictable" Johnny Rodz)ことジョニー・ロドリゲスJohnny Rodriguez1938年5月16日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーニューヨーク州ニューヨークシティ出身のプエルトリコ系アメリカ人。

現役時代は地元ニューヨークのWWWF / WWFを主戦場にヒールの名ジョバーとして活躍。引退後はトレーナーとなって数々の選手を育てている。

来歴[編集]

ブルックリンYMCAでレスリングを学び[1]1964年のデビュー以降、長きに渡ってWWWFの前座要員として活動。1974年4月1日にはジャンボ鶴田マディソン・スクエア・ガーデンにおける対戦相手を務め[2]、同年5月に全日本プロレスに初来日した。1975年11月17日には、MSGに初登場したビル・ロビンソンジョバーにも起用されている[2]

NWAロサンゼルス地区ではアラブ人ギミックジャバ・ルーク"Arabian Wildman" Java Ruuk)に変身。1976年1月16日に行われた同地区恒例のアニュアル・バトルロイヤルでは、アンドレ・ザ・ジャイアントパット・パターソンアーニー・ラッドジョン・トロスグレッグ・バレンタインロディ・パイパーチャボ・ゲレロポークチョップ・キャッシュらを抑え優勝を果たしている[3]

ニューヨークに戻ると再びジョニー・ロッズ名義で活動し、1979年1月22日のMSG定期戦では藤波辰巳WWFジュニアヘビー級王座に挑戦[4]。並行してジャバ・ルーク名義でカナダモントリオールにも遠征し、ジノ・ブリットらが主宰していたインターナショナル・レスリング(Lutte Internationale)にて、1980年2月11日にエドワード・カーペンティアからカナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座を奪取した[5]

以降も1980年代半ば頃までWWFでジョバーを務め、ボブ・バックランドペドロ・モラレスイワン・プトスキーティト・サンタナトニー・アトラスリッキー・スティムボートジミー・スヌーカなどスター選手の引き立て役・売り出し役を担い続けた。プエルトリコWWCにも参戦し、スーパー・メディコ1号ことカルロス・ホセ・エストラーダのパートナーとして、覆面レスラースーパー・メディコ2号Super Medico II)に変身[6]1983年9月10日にペドロ・モラレス&カルロス・コロンからWWC世界タッグ王座を奪取した[7]。なお、ロッズはエストラーダの実兄とされている[8]

引退後はブルックリンのグリーソンズ・ジムにて後進の指導・育成に注力(現役選手時代にも、トレーナーとしてS・D・ジョーンズらを指導していた[9])。1996年11月、プロレス界における功績を称えWWE殿堂に迎えられた(プレゼンターはアーノルド・スコーラン)。

2007年3月には、弟子であるチーム3Dセコンド役としてTNAの "Destination X" に登場している。

獲得タイトル[編集]

WWE
WWC
Lutte Internationale
  • カナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座:1回[5]

育成選手[編集]

 etc.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P315(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b Madison Square Garden - The 70s”. The History of WWE. 2012年3月28日閲覧。
  3. ^ Los Angeles Battle Royals”. Pro-Wrestling History.com. 2010年2月9日閲覧。
  4. ^ WWE Yearly Results 1979”. The History of WWE. 2010年2月9日閲覧。
  5. ^ a b International Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年2月9日閲覧。
  6. ^ Wrestlers Database: Johnny Rodz”. Cagematch.net. 2012年3月28日閲覧。
  7. ^ a b WWC World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月28日閲覧。
  8. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P38(2002年、日本スポーツ出版社)
  9. ^ Wrestler Profiles: Special Delivery Jones”. Online World of Wrestling. 2009年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]