アーノルド・スコーラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーノルド・スコーラン
プロフィール
リングネーム アーノルド・スコーラン
アーニー・スコーラン
ボビー・ウィーバー
ニックネーム ゴールデン・ボーイ
身長 183cm
体重 110kg(全盛時)
誕生日 1925年1月21日
死亡日 2007年3月13日(満82歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ホワイト・プレインズ
所属 WWE
デビュー 1946年
引退 1978年
テンプレートを表示

アーノルド・スコーラン"The Golden Boy" Arnold Skaaland1925年1月21日 - 2007年3月13日)は、アメリカ合衆国の元プロレスラープロレスリングマネージャーニューヨーク州ホワイト・プレインズ出身のノルウェー系アメリカ人。

来歴[編集]

1946年にアーノルド・スコーラン名義でデビュー。1950年代ジョージア州ボビー・ウィーバーBobby Weaver)の名で活動していた。WWWF(現WWE)の発足前からニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンを拠点に活躍。1962年4月には日本プロレスの第4回ワールドリーグ戦に来日している。1967年6月には前王者の離脱により、WWE世界タッグ王座の前身であるWWWF・USタッグ王座に認定された(パートナーはスパイロス・アリオン[1]

レスラー引退後はベビーフェイス陣営のマネージャーに転向し、通算11年間に渡りWWWF世界ヘビー級王座を保持したブルーノ・サンマルチノのマネージャーとして活躍。時折サンマルチノのパートナーなどでリングに復帰することもあった。サンマルチノの事実上の引退後は、新たにWWFの主役となったボブ・バックランドのマネージャーを担当。1983年12月26日、バックランドがアイアン・シークに敗れてWWFヘビー級王座から転落した試合で、ギブアップを示すセコンドのタオル投入を行ったのが彼であった。その後は表舞台から退き、WWFの裏方として働いていた。

1994年、長年の功績によりWWF殿堂入りを果たした(プレゼンターはボブ・バックランド)。2007年3月13日死去。82歳没。

日本には新日本プロレスアンドレ・ザ・ジャイアントのマネージャーとしても登場し、1981年9月23日の田園コロシアムでのアンドレVSスタン・ハンセンの試合などで映像にも登場している。また、高森朝雄(梶原一騎)の『ジャイアント台風』では、ジャイアント馬場がサンマルチノの世界王座に挑戦するところで、サンマルチノのマネージャーとしてスコーランが登場し暗躍する。

息子のジョージ・スコーランもプロレスラーとなり、1988年3月に全日本プロレスに来日している。

マネージメントを担当したレスラー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ WWWF United States Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]