ガイ・ミッチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガイ・ミッチェル
プロフィール
リングネーム ガイ・ミッチェル
ジェリー・バリアント
ラリー・バリアント
ザ・ストンパー
ミスターX
レッド・デビル
ジ・アサシン
ザ・デストロイヤー
マスクド・ストラングラー
ガイ・ヒーナン
ガイ・ヒル
本名 ジョン・スティール・ヒル
身長 191cm
体重 125kg(全盛時)
誕生日 1941年7月8日[1]
死亡日 2010年3月11日(満68歳没)[2]
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州ハミルトン
デビュー 1959年
引退 1986年
テンプレートを表示

ガイ・ミッチェル"Stomper" Guy Mitchell、本名:John Steele Hill1941年7月8日 - 2010年3月11日)は、カナダオンタリオ州ハミルトン出身のプロレスラー

WWFにおけるバリアント・ブラザーズの一員、"ジェントルマン" ジェリー・バリアント"Gentleman" Jerry Valiant)としての活動でも知られる。

来歴[編集]

トロント地区のプロモーターだったフランク・タニーにスカウトされ、1959年ガイ・ヒルGuy Hill)のリングネームでデビュー。1961年アメリカ合衆国南部ジョージア地区でガイ・ミッチェルGuy Mitchell)に改名し、同年3月29日にスカル・マーフィーからNWA南部ヘビー級王座を奪取した[3]

その後、インディアナポリスWWAヒール覆面レスラーに変身し、ジョー・トマッソとジ・アサシンズThe Assassins)を結成。若手時代のボビー・ヒーナンマネージャーに従え、1965年から1966年にかけてディック・ザ・ブルーザー&ウイルバー・スナイダーなどの強豪チームとWWA世界タッグ王座を争った[4]。WWAではヒーナンの兄弟ギミックガイ・ヒーナンGuy Heenan)を名乗ったこともある[2]

また、1966年にはザ・デストロイヤーThe Destroyer)の名義でオーストラリアジム・バーネットが主宰していたワールド・チャンピオンシップ・レスリング)にも遠征。9月3日にベアキャット・ライトから豪州版のIWA世界ヘビー級王座を奪取し[5]、同年にオーストラリアに招聘されたWWWF世界ヘビー級王者ブルーノ・サンマルチノとも対戦した。

1970年代に入るとデトロイト地区で素顔に戻り、ザ・ストンパーThe Stomper)のリングネームでベビーフェイスとして活動。ザ・シークキラー・ブルックスと抗争を繰り広げ、ボボ・ブラジルら人気スターのパートナーとなって同地区認定のNWA世界タッグ王座も再三獲得した[6]1972年1月にはザ・ストンパー名義で日本プロレスに初来日。翌1973年1月にもレッド・デビルThe Red Devil)なるマスクマンとして再来日している。

1973年からはカナダのバンクーバー地区を主戦場に、再びヒールターンして覆面レスラーのミスターXMr. X)に変身。1974年4月1日にはフラッシュ・ゴードンことジョージ・ゴーディエンコからNWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座を奪取した。以降もジン・キニスキーマイク・シャープ・ジュニアらを破り、1977年まで同王座を通算4回獲得している[7]。この間の1975年10月、新日本プロレスにミスターXとして来日。アントニオ猪木ともシングルマッチで2度対戦した。また、素顔のガイ・ミッチェルとしても古巣のWWAに参戦しており、この時期はバンクーバーとインディアナポリスを股にかけ、2つのギミックを使い分けて活動していた。

1978年末、肝炎を患っていたジミー・バリアントに代わるジョニー・バリアントの新パートナーとして、ジェリー・バリアントJerry Valiant)を名乗りニューヨークWWFに登場[8]1979年3月6日、トニー・ガレア&ラリー・ズビスコを破りWWFタッグ王座を獲得、同年10月22日にイワン・プトスキー&ティト・サンタナに敗れるまで保持した[9]。戴冠中の5月22日にはボブ・バックランドWWFヘビー級王座に挑戦し[10]、8月27日にはマディソン・スクエア・ガーデンのリングでアンドレ・ザ・ジャイアントとのシングルマッチも組まれている[11]

WWF離脱後もバリアント・ブラザーズのギミックを使い続け、1980年2月にはラリー・バリアントLarry Valiant)の名前でジョニーと共に全日本プロレスに来日、グレート小鹿&大熊元司極道コンビが保持していたアジアタッグ王座に挑戦した。全日本には1981年1月にもガイ・ミッチェル名義で再来日しており、これが最後の日本マット登場となった。

その後はWWAでの盟友でもあったロジャー・カービーをパートナーに、メンフィスCWAカンザスシティCSWで活動。1983年にWWAに戻り、1984年からは1986年にかけてはベテランのジョバーとしてWWFのハウス・ショーに単発出場した(1984年7月にはWWF世界ヘビー級王者ハルク・ホーガンのジョバーを務めている)[12]。引退後はインディアナポリス近郊に居住して造園業を営んでいた[1][2]

2010年3月11日インディアナ州フランクリンにて癌のため死去[1][2]。68歳没。晩年はサンタクロースに扮してボランティア活動にも取り組んでいた[1]

獲得タイトル[編集]

ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA南部ヘビー級王座(ジョージア版):1回
  • NWA南部タッグ王座(ジョージア版):1回(w / ボブ・ラムゼン)
NWAビッグタイム・レスリング
NWAオールスター・レスリング
  • NWAパシフィック・コースト・ヘビー級王座:4回
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):6回(w / バック・ラムステッド、ジン・キニスキーザ・ブルート、オルマンド・マルンバ、リッキー・ハンター、エリック・フローリッチ)
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・アソシエーション
ワールド・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Obituary for John Hill”. Swartz Family Community Mortuary and Memorial Center. 2010年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c d John Hill, man of many faces, dies at 68”. SLAM! Sports. 2010年3月12日閲覧。
  3. ^ NWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月1日閲覧。
  4. ^ WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月12日閲覧。
  5. ^ IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年8月29日閲覧。
  6. ^ NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月12日閲覧。
  7. ^ NWA Pacific Coast Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月12日閲覧。
  8. ^ Being a Valiant wasn't easy”. SLAM! Sports. 2005年5月17日閲覧。
  9. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月8日閲覧。
  10. ^ The WWE matches fought by Guy Mitchell in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年8月22日閲覧。
  11. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1970-1979”. The History of WWE. 2010年1月12日閲覧。
  12. ^ Jerry Valiant”. Cagematch. 2011年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]