IWA世界ヘビー級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IWA世界ヘビー級王座(アイダブリューエーせかいヘビーきゅうおうざ)は、日本プロレス団体であった国際プロレスがかつて認定・管理していたチャンピオンベルトのひとつである。なお、IWAは「インターナショナル・レスリング・アライアンス (International Wrestling Alliance)」の略称である。

概要[編集]

この王座に先駆ける国際プロレスのシングルのフラッグシップ・タイトルとして、1967年ルー・テーズを初代王者として創設されたTWWA世界ヘビー級王座がある。TWWAとはトランス・ワールド・レスリング・アソシエーション(Trans-World Wrestling Association)の略称で、カナダトロント地区のプロモーターであるフランク・タニーが会長職にあった。国際プロレスは1968年1月にテーズを招聘し、次期エース候補だったグレート草津を挑戦させた。しかし、草津はテーズのバックドロップの前に失神KO、「テーズに勝ってTWWA世界王者となった若きヒーロー草津」をエースとして団体の躍進を図ろうとした国際プロレスの目論見は失敗に終わる。

その後、サンダー杉山豊登がテーズに挑戦するが、日本陣営では誰もテーズに勝てず、1968年1月24日、ダニー・ホッジがテーズを破って第2代TWWA王者となる。翌月、ホッジはフレッド・カリーを相手に防衛戦を行ったが、TWWAの設立者の一人であるブッカーのグレート東郷が国際プロレスと決別。外国人選手に試合出場をボイコットさせ、ホッジもベルトを持ってアメリカに帰国したため、TWWA世界王座は自然消滅へと至った。

グレート東郷と決別後、国際プロレスは外国人招聘ルートをヨーロッパに求めた。1968年4月には草津がトニー・チャールズを破りグレートブリテン西部ヘビー級王座を獲得するが、これを日本の団体の看板タイトルにするのは無理があった。渡欧した国際プロレスの吉原功社長は、現地のプロモーターらと協力して、新たな統轄組織であるIWA(インターナショナル・レスリング・アライアンス)を創立。以降IWAは、興行会社であるIWE(インターナショナル・レスリング・エンタープライズ=国際プロレス)に対してのコミッション的役割を果たすことになる。

1968年11月、国際プロレスは第1回IWAワールド・シリーズを開催する。このリーグ戦でジョージ・ゴーディエンコ、豊登との決勝リーグを制して優勝したビル・ロビンソンが初代IWA世界ヘビー級王者に認定された。ロビンソンはその後も日本に定着して、外国人ベビーフェイス第一号として国際プロレスのエースの座につく。

1970年5月19日、ロビンソンを破ったサンダー杉山が初の日本人王者となるが、翌1971年3月4日にビル・ミラーに敗れて王座から陥落。以降、同年6月19日にアメリカでミラーから王座を奪取して帰国したストロング小林が一時代を築く。小林は力道山ジャイアント馬場をも上回る25回連続防衛の記録を達成。国際プロレスとAWAの提携路線に乗って来日したブラックジャック・ランザレッド・バスチェンバロン・フォン・ラシクダスティ・ローデスクラッシャー・リソワスキーホースト・ホフマンマッドドッグ・バションエドワード・カーペンティアディック・マードックらの強豪を退けた。1972年1月27日の横浜文化体育館ではタイトルマッチ初の金網デスマッチカーティス・イヤウケアを相手に防衛し、1973年7月9日の大阪府立体育会館ではラッシャー木村の挑戦を受けて力道山時代以来の大物日本人対決を実現させている。同年11月9日にワフー・マクダニエルに王座を奪われるも短期間で奪還し、その後もビル・ワットを下して防衛を続けたが、1974年2月に小林はアントニオ猪木への挑戦を表明して国際プロレスを離脱、王座を返上する。

小林の離脱後、王座決定戦でラッシャー木村を下したビル・ロビンソンが再び戴冠するが、アメリカでの防衛戦でスーパースター・ビリー・グラハムに敗退。その後、IWA王者として初来日したグラハムを破ったマイティ井上の短期政権を経て、1975年4月19日にラッシャー木村がマッドドッグ・バションを破り初戴冠を果たす。以降はラッシャー木村の覇権が確立し、第14代王座戴冠時はストロング小林の25回連続を上回る26回連続防衛を達成、金網デスマッチでも多くのタイトルマッチが行われた。挑戦者の顔触れもマイク・ジョージなどの例外はあるが、キラー・トーア・カマタジプシー・ジョークレージー・セーラー・ホワイトワイルド・アンガスアレックス・スミルノフキラー・ブルックスオックス・ベーカーモンゴリアン・ストンパージョー・ルダックなど狂乱・流血タイプのラフファイターが多くなった。1979年にはアンドレ・ザ・ジャイアントとの防衛戦やニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座とのダブルタイトルマッチも行われたが、1981年8月9日、北海道羅臼町大会を最後に国際プロレスは活動を停止し、IWA世界ヘビー級王座は実質的に消滅。途中、上田馬之助、アレックス・スミルノフ、バーン・ガニアに短期間奪取されることはあっても、国際プロレス崩壊まで6年間にわたって木村時代が続いた。

最後のIWA世界タイトルマッチは、1981年8月6日、室蘭市で木村がジ・エンフォーサーの挑戦を受け、金網デスマッチで行われた試合であった。プロレス史上には大木金太郎インターナショナル・ヘビー級王座のように団体崩壊後も崩壊当時の王者が個人的にベルトを保持して防衛戦を続けた例はあるが(猪木のNWFヘビー級王座もこれに近い)、IWA王者ラッシャー木村と国際プロレスの吉原功社長が身を寄せた新日本プロレスはIWGPを推進中で、猪木のNWF王座や坂口征二WWF北米ヘビー級王座などの主要王座を返上・封印し、タイトルを極力縮小していた時期であり、国際プロレス版のIWA王座戦が出来る状況ではなかった。

IWAは、ヘビー級のシングル王座以外では、タッグ王座ミッドヘビー級王座を認定していた。軽量級のタイトルである後者を「ジュニアヘビー級」ではなく「ミッドヘビー級」と称したのは、国際プロレスの欧州路線の影響である。

なお、IWA世界ヘビー級王座の日本人王者による日本国外での防衛戦は1978年8月2日、韓国ソウルにてラッシャー木村が梁承揮を挑戦者に迎えて一度だけ行われている[1]

IWA王座自体は国際プロレス崩壊の際に実質的に消滅しているが、近年、鶴見五郎が吉原功社長の遺族の了承を得て、国際プロレスプロモーションにて「ヘビー」「ミッドヘビー」「タッグ」の各王座を復活させた。しかし、国際プロレスプロモーションはインディー団体のため、かつてのような権威や知名度は無くローカルタイトルに近い王座となった(同団体は2007年5月を最後に活動を停止)。

また、国際プロレスプロモーションと同時期に旗揚げされたIWA・JAPANにも同名の王座が存在するが、無関係である。

歴代王者[編集]

歴代数 レスラー 防衛回 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 ビル・ロビンソン 28 1968年12月 岡山県岡山市 岡山県体育館
第1回IWAワールド・シリーズ優勝により認定
第2代 サンダー杉山 9 1970年5月19日 宮城県仙台市 仙台市レジャーセンター
第3代 ビル・ミラー 0 1971年3月4日 福岡県北九州市 小倉区三荻野体育館
第4代 ストロング小林 25 1971年6月19日 アメリカ合衆国ミネソタ州ダルース
第5代 ワフー・マクダニエル 1 1973年11月9日 和歌山県那智勝浦町 勝浦町観光会館
第6代 ストロング小林 2 1973年11月14日 東京都文京区 後楽園ホール
国際プロレス退団により王座返上
第7代 ビル・ロビンソン 0 1974年6月3日 東京都文京区 後楽園ホール
王座決定戦でラッシャー木村に勝利
第8代 スーパースター・ビリー・グラハム 2 1974年8月16日 アメリカ合衆国コロラド州デンバー
第9代 マイティ井上 3 1974年10月7日 埼玉県越谷市 越谷市体育館
第10代 マッドドッグ・バション 0 1975年4月10日 東京都足立区 足立区体育館
第11代 ラッシャー木村 11 1975年4月19日 北海道札幌市 札幌中島体育センター
金網デスマッチで開催
第12代 ラッシャー木村 0 1976年4月22日 宮城県仙台市 宮城県スポーツセンター
ジ・アンダーテイカー(ハンス・シュローダー)との防衛戦の内容を不服として返上、アンダーテイカーとの王座決定戦に勝利
第13代 上田馬之助 0 1976年6月11日 茨城県古河市 古河市民体育館
木村との防衛戦が没収試合となり王座没収
第14代 ラッシャー木村 26 1976年7月31日 埼玉県越谷市 越谷市体育館
金網デスマッチで開催、スーパー・アサシン(ロジャー・スミス)との王座決定戦に勝利
第15代 アレックス・スミルノフ 0 1979年7月21日 新潟県村上市 村上市体育館
第16代 ラッシャー木村 3 1979年7月25日 静岡県三島市 三島市民体育館
第17代 バーン・ガニア 0 1979年11月13日 新潟県三条市 三条市厚生福祉会館
第18代 ラッシャー木村 17 1979年11月16日 和歌山県和歌山市 和歌山県立体育館

日本以外のIWA王座[編集]

オーストラリア版

NWAジョージア地区のプロモーターとして知られるジム・バーネット1960年代半ばから1970年代初頭にかけてオーストラリアに進出していた当時のフラッグシップ・タイトルも、IWA世界ヘビー級王座と呼称されていた(団体名は、後にバーネットが主宰したGCWWTBSでの番組名と同じワールド・チャンピオンシップ・レスリング[2]。この名称は、ジム・クロケット・プロモーションズを経てテッド・ターナーWCWに引き継がれた)。初代王者はキラー・コワルスキースパイロス・アリオンが6回、マリオ・ミラノが4回獲得したほか、歴代王者にはドミニク・デヌーチレイ・スティーブンスミツ・アラカワカール・クラウザープロフェッサー・トール・タナカマーク・ルーインスカル・マーフィーベアキャット・ライトガイ・ミッチェルビリー・ホワイト・ウルフキング・カーティス・イヤウケアキラー・カール・コックスゴリラ・モンスーンバロン・シクルナカウボーイ・ボブ・エリスザ・スポイラービル・ロビンソンスタン・ステイジャックなどの強豪が名を連ねている[3]

アメリカ北東部版

ミル・マスカラス全日本プロレスなどで防衛戦を行っていたIWA世界ヘビー級王座は、1975年にマスカラスが初代王者となったアメリカ北東部の独立団体・IWA(エディ・アインホーン主宰)のタイトルを団体崩壊後もマスカラスが保持していたもので、国際プロレスとは何の関係もない[4]。同団体はNWFのプロモーターだったペドロ・マルチネスが運営に関わり、ジョニー・パワーズアーニー・ラッドオックス・ベーカーブルドッグ・ブラワーマイティ・イゴールクルト・フォン・ヘスザ・モンゴルズジート&ボロ)などNWF系の選手を揃えていた(ニューヨーク近郊で興行を打つなどWWWFと競合していたことから、東部地区でネームバリューのある元WWWF世界ヘビー級王者イワン・コロフも参加していた)[5]。なお、国際プロレス崩壊で全日本プロレスに参戦したマイティ井上の全日本第一戦がマスカラスとのIWA戦であった(1981年10月9日)。井上以外では天龍源一郎小林邦昭、外国人選手ではチャボ・ゲレロジプシー・ジョーなどが全日本プロレスのリングでマスカラスに挑戦している。

カルガリー版

カナダアルバータ州カルガリー地区のプロモーターであったスチュ・ハートが主宰したスタンピード・レスリングも、1984年にIWA世界ヘビー級王座と呼称されていた独自の世界タイトルを新設していた。同地区と提携していたAWAの世界王者ニック・ボックウィンクルを破ったとして、マスクド・スーパースターをチャンピオンに認定していたが、同年8月にスタンピード・レスリングがWWFに買収されたため、王座は空位となり消滅した[6]。なお、1987年に同地区で創設された同じIWA名義の女子王座が一時期、全日本女子プロレスに定着していたことがある。

脚注[編集]

  1. ^ 『1945-1985 激動のスポーツ40年史 (6) プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P159(1986年、ベースボール・マガジン社
  2. ^ World Championship Wrestling”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月29日閲覧。
  3. ^ IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年3月30日閲覧。
  4. ^ International Wrestling Association”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  5. ^ The International Wrestling Association”. Steel Belt Wrestling. 2010年6月10日閲覧。
  6. ^ World Heavyweight Title: Calgary”. Wrestling-Titles.com. 2010年7月20日閲覧。

関連項目[編集]