トニー・ガレア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・ガレア
トニー・ガレアの画像
プロフィール
リングネーム トニー・ガレア
(トニー・ガリア)
本名 アンソニー・ガルシア
ニックネーム 白馬の騎士
MSGの貴公子
身長 188cm - 190cm
体重 109kg - 112kg
誕生日 1946年9月20日(67歳)
出身地 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
オークランド
所属 WWE
スポーツ歴 ラグビー・フットボール
トレーナー ワイルド・ドン・スコット
デビュー 1971年
引退 1986年
テンプレートを表示

トニー・ガレアTony Garea1946年9月20日 - )は、ニュージーランドオークランド出身の元プロレスラー、現WWEロード・エージェント。本名はアンソニー・ガルシアAnthony Garcia)。

現役選手時代は正統派の二枚目ベビーフェイスとして、ニューヨークWWWF / WWFを主戦場に活躍した。リングネームは日本では「トニー・ガレア」の表記が慣例的であり、本項でもそれに倣うが、より原音に近い表記は「トニー・ガア」である。

来歴[編集]

クロアチア移民の2世 "Anthony Gareljich" としてニュージーランドオークランドに生まれる。学生時代はラグビーの選手として活躍。1971年にニュージーランドでデビュー後、1972年アメリカに渡り、ニューヨークWWWFと契約、ベビーフェイスのハンサム・ガイとして売り出された。

1973年5月30日には巨漢ヘイスタック・カルホーンのパートナーに起用され、プロフェッサー・タナカ&ミスター・フジからWWWF世界タッグ王座を奪取。9月11日にタナカ&フジに奪回されるが、11月14日に日系人ベビーフェイスのディーン・ホーとの新コンビで王座に返り咲いた。その後も、1978年11月21日にラリー・ズビスコと組んでユーコン・ランバージャックスピエール&エリック)、1980年11月8日にリック・マーテルと組んでワイルド・サモアンズアファ&シカ)、1981年7月21日にもマーテルとのコンビでザ・ムーンドッグスレックス&スポット)を破り、同タイトルを通算5回に渡って獲得した[1]

この間、西海岸NWAサンフランシスコ地区にも参戦し、1976年5月15日にパット・パターソンとのチームでドン・ムラコ&インベーダー1号から同地区認定のNWA世界タッグ王座を奪取している[2]。また、1978年1979年の2年連続で、新日本プロレスMSGシリーズに来日。78年の第1回大会では予選トーナメントで失格したが(2回戦でバグジー・マグローに敗退)、79年の第2回大会では決勝リーグに進出し、アンドレ・ザ・ジャイアントスタン・ハンセンとも対戦した。

1982年にマーテルがWWFを離れてからはエディ・ギルバートブライアン・ブレアーら若手とコンビを組み、主にミッドカードに出場。以降はベテランのジョバーとして、ヒールのニューカマーの引き立て役を務めた。1984年にWWFの全米侵攻が始まってからはロード・エージェントを担当するようになり、以降1986年の引退から現在まで、WWEのバックステージで活躍している。

番組内のスキットに出演することは滅多になく裏方に専念しているが、アティテュード期の1990年代末、ゴールドバーグのパロディ・キャラクターとして登場したギルバーグの入場シーンにおいて、彼の控え室をノックして出番を告げる役を常に担当していた(この行為もゴールドバーグの入場シーンのパロディである)。

2007年6月24日のヴェンジャンスでは、かつてのタッグパートナーのリック・マーテルと共に、デュース・アンド・ドミノに攻撃されるジミー・スヌーカサージェント・スローターを救出[3]2008年6月11日のWWEのオークランド公演では、同じくニュージーランド出身であるザ・ブッシュワッカーズブッチ・ミラーと共にMVPのトーク・コーナー "VIPラウンジ" に登場、ヒールのホスト役MVPを蹴散らして喝采を浴びた。

2010年3月29日のRAWでは、クリスチャンテッド・デビアス・ジュニアランバージャック・マッチにおいて、ニック・ボックウィンクル"ザ・ミリオンダラー・マン" テッド・デビアスIRSロディ・パイパーリッキー・スティムボートジェリー・ローラーらと共に、レジェンドの1人としてランバージャック役を務めた[4]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月5日閲覧。
  2. ^ a b NWA World Tag Team Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2009年9月1日閲覧。
  3. ^ Catching up with Rick Martel”. WWE.com: November 19, 2008. 2010年4月21日閲覧。
  4. ^ WWE RAW March 29, 2010”. Online World of Wrestling. 2010年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]