パット・オコーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パット・オコーナー
プロフィール
リングネーム パット・オコーナー
本名 パトリック・ジョン・オコーナー
(Patrick John O'Connor)
ニックネーム 魔術師
身長 183cm - 185cm
体重 100kg - 112kg
誕生日 1927年8月22日
死亡日 1990年8月16日(満62歳没)
出身地 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ウェリントン
スポーツ歴 レスリング
デビュー 1950年
テンプレートを表示

パット・オコーナーPat O'Connor1927年8月22日 - 1990年8月16日)は、ニュージーランドウェリントン出身のプロレスラー。第42代NWA世界ヘビー級王者、初代AWA世界ヘビー級王者

レスリングの下地を持つ技巧派のベビーフェイスとして活躍し、その変幻自在のレスリング・テクニックから、日本では「魔術師」の異名で呼ばれた。

来歴[編集]

ニュージーランドのマッセー大学畜産学科に至るまでの7年間でフットボールレスリングでならした。1950年イギリスで行われた大英帝国競技会に参加し金賞を獲得。この試合を米国のプロモーターに認められスカウトされ同年アメリカ合衆国においてプロレスデビュー。

1959年1月9日、セントルイスディック・ハットンを破り第42代NWA世界ヘビー級王者となる、また同時期に初代AWA世界ヘビー級王者にも認定される。AWA王座は1960年8月に剥奪 [1]されたものの、NWA王座は1961年6月にバディ・ロジャースに破れるまで、2年5か月間にわたって保持した。1963年初来日。力道山インターナショナル・ヘビー級王座に挑戦している。アメリカでは、NWAの基幹団体セントルイス・レスリング・クラブにてブッカーとしても長年活躍した。

1990年8月16日に肝臓癌により死去。62歳没。

ジャイアント馬場との親交も深く、馬場のランニング・ネックブリーカー・ドロップのアイデアはオコーナーから示唆されたという。馬場の全日本プロレス旗揚げにも選手として協力し、また大相撲横綱輪島大士がプロレス入りした際、馬場から託されて彼のトレーニングを引き受けた。馬場が全日本旗揚げ直後に行った「世界ヘビー級争覇戦」(初代PWFヘビー級王座の決定戦となった)の対戦相手8人にも(当時すでに40代半ばであったにもかかわらず)起用されている。

ハットンを破って世界王者となった試合は、ゴング誌に連載された原康史筆「世界のプロレス史」によれば、一本目ハットン(コブラツイスト)、二本目オコーナー(ドロップキックからフォール)、三本目オコーナー(ドロップキックから逆エビ固め)とされるが、オコーナーがストレートで勝った、最後はエビ固めという説もある。

アントニオ・ロッカペドロ・モラレスと共にドロップキック三人男の一人と言われ、またルー・テーズによればプロレス最高のドロップキックの使い手とされる。

1990年12月16日に、「パット・オコーナー・メモリアル・インターナショナル・タッグ・トーナメント」が行われ、国別代表タッグ8チームが一日で競い合った。決勝でアメリカ代表のスタイナー・ブラザーズと、日本代表のグレート・ムタマサ斎藤組が戦い、スタイナー・ブラザーズが優勝した。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

セントルイス・レスリング・クラブ
セントラル・ステーツ・レスリング
メープル・リーフ・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAイースタン・ステーツ・ヘビー級王座 : 1回
NWAシカゴ
NWAニュージーランド
  • NWA英連邦ヘビー級王座(ニュージーランド版) : 2回
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ワールド・レスリング・アソシエーション

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロレス王座変遷史 : AWA世界ヘビー級選手権”. Wrestling-Titles.com. 2012年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]