トリー・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリー・ウィルソン
トリー・ウィルソンの画像
プロフィール
リングネーム トリー・ウィルソン
本名 ビクトリア・アン・ウィルソン
ニックネーム アメリカンビューティー
身長 170cm
体重 60kg
誕生日 1975年7月24日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アイダホ州ボイシ
トレーナー デイブ・フィンレー
ビリー・キッドマン
デビュー 1999年
引退 2008年
テンプレートを表示

トリー・ウィルソンTorrie Wilson1975年7月24日 - )は、アメリカ合衆国の女子プロレスラーディーヴァ。本名はビクトリア・アン・ウィルソン(Victoria Anne Wilson)。アイダホ州ボイシ出身。アメリカのプロレス団体WWEに所属していた。雑誌『PLAYBOY』の表紙2003年2004年の2度にわたり飾ったことがある。

来歴[編集]

プロレスラーになる以前は1997年からフィットネスモデルとして活躍しており、既に名前も知られていた。ビクトリアはフィットネスモデル時代からの知り合いである。

プロレス界に入ったきっかけは、1999年WCWからスカウトされたことによる。WCWではリック・フレアーの息子であるデビッド・フレアーや、ビリー・キッドマンシェーン・ダグラスケビン・ナッシュなどのマネージャー役を務める。2000年12月にWCWから解雇されたが、翌月の2001年1月にWWE(当時WWF)入りする。WCW出身であったことから、WWFとWCW/ECW連合軍(アライアンス)の抗争ストーリーが展開されていたときにはアライアンスに所属し、同じくWCW出身のステイシー・キーブラーとタッグを組んでいた。

アライアンスのストーリーが終了後、スマックダウンにてタジリアングル上の恋人となり、マネージャー役を務めた。後にビリー・キッドマンとタジリが抗争するストーリーが展開されるが、ストーリーはトリー・ウィルソンがタジリから去ってアングル上ビリー・キッドマンと恋人になることで決着する。しかしキッドマンと恋人関係でありながら、メイヴェンと恋人関係であったりと謎である。ビリー・キッドマンとはこのストーリー以前から実生活においても恋人関係であった。

2002年、トリーの実の父親がWWEに登場。アングル上ドーン・マリーが父親の愛人となり、抗争ストーリーを展開した。2004年にはケンゾー・スズキがトリーにほれ込み、それに嫉妬したヒロコと抗争するというストーリーが展開された。両者は2005年2月5日のスマックダウンさいたまスーパーアリーナ大会「ROAD TO WRESTLEMANIA 21 JAPAN TOUR」において対戦している。下着姿になったほうが負け、というルールの試合において勝利し、ヒロコはリング上で下着姿になった。

2005年グレート・アメリカン・バッシュにてメリーナに敗北の後、キャンディスと共にRAWに移籍した。 当初は新人であったアシュリーを虐めるキャラとしてヒールターンを果たしていたが、抗争中にキャンディスとビクトリアに裏切られる形でトリッシュ・ストラタスチームに加入しベビーターンする。

プライベートでは、2003年ビリー・キッドマンと結婚したが、2006年10月に離婚。

2007年6月11日、ドラフトによりRAWからスマックダウンに移籍・復帰。ペットのクロエも同じく「移籍」した。移籍後はジミー・ワン・ヤンのマネージャーとして、カウボーイ姿で活動していた。

2008年、腰の痛みなどから自らWWEを退団した。

2009年、レッスルマニア25のミスレッスルマニアバトルロイヤルに出場し、一夜限りの復帰を果たした。

2012年、MLB のスーパースター選手、アレックス・ロドリゲス(ニューヨーク・ヤンキーズ)と交際中。

得意技[編集]

DDT
Xファクター
Xパックのフィニッシャーと同様の技。
スティンク・フェイス

入場曲[編集]

  • Lo-Fi Groove
  • Shadows
  • Need A Little Time
  • Not Enough For Me
  • A Girl Like That (Eleventh Hour)

外部リンク[編集]