ブルート・バーナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルート・バーナード
プロフィール
リングネーム ブルート・バーナード
ジム・バーナード
本名 ジェームズ・バーナード
ニックネーム 野獣
身長 185cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1921年6月6日
死亡日 1984年10月21日(満63歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
スポーツ歴 アメリカンフットボール[1]
デビュー 1956年[1]
テンプレートを表示

ブルート・バーナードBrute Bernard、本名:James "Jim" Bernard1921年6月6日 - 1984年10月21日)は、カナダケベック州モントリオール出身のプロレスラー(生年については諸説あり)。

スキンヘッドに全身剛毛の狂乱系ヒールとして、北米から豪州まで、世界の主要テリトリーで活躍した。日本では「野獣」の異名を持ち、日本プロレス新日本プロレスに参戦している。

来歴[編集]

トロントのプロフットボールチームを経て[2]、プロモーターのジャック・ブリットン(ジノ・ブリットの父親)にスカウトされ[3]1956年に地元のケベックにてプロレス入り[1]。デビュー当時はジム・バーナードの名義で活動し、1957年にはトロントのメープル・リーフ・ガーデンやニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにも登場した[3][4]

1962年アメリカ東部地区でブルート・バーナードと改名し、スキンヘッドの野獣スタイルに変身。全身無毛の怪奇派スカル・マーフィータッグチームを結成して、その凶悪ファイトで各テリトリーを席巻した[5]1963年5月16日にはWWWFにてバディ・オースチン&グレート・スコットからUSタッグ王座を奪取、11月14日にゴリラ・モンスーン&キラー・コワルスキーに敗れるまで戴冠した[6]。シングルでは、その間の7月20日にメリーランド州ボルチモアにてブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に挑戦している[7]

1966年にはマーフィーと共にオーストラリアジム・バーネットが主宰していたワールド・チャンピオンシップ・レスリング)に遠征し、7月15日にマーク・ルーイン&ドミニク・デヌーチを破り、IWA世界タッグ王座を獲得[8]。2週間後の同月29日にルーイン&ベアキャット・ライトにタイトルを奪われるも、8月には奪還に成功している[8]。その後、マーフィーとのコンビを一時解消してアメリカに戻り、1967年3月にテキサスにてフリッツ・フォン・エリックからNWA USヘビー級王座(後のNWAアメリカン・ヘビー級王座)を奪取、同王座の2代目のチャンピオンとなった[9]。同年8月には同じ野獣系のブル・カリーを破り、テキサス・ブラスナックル王座も獲得している[10]

1968年11月、日本プロレスに初来日。開幕戦のタッグマッチで日本側エースのジャイアント馬場をピンフォールし、アントニオ猪木とのシングルマッチでも敗れたものの好勝負を展開。また「ウーウーウー!」と奇声を発しながら(「人間サイレン」なる異名を与えられた)、ギクシャクと歩いて入場するパフォーマンスも怪奇ムードたっぷりで、ヒール人気を博した。ロニー・メインと組んでの猪木&大木金太郎とのタッグマッチで、角材で大木の耳をそぎ落とす「大木金太郎耳そぎ事件」を起こしたのもこの1968年の来日時であり、日本マット史上に残る戦慄の事件として伝えられている(真相は大木が角材で殴られる直前に頭を動かしたことによるアクシデント)[1]

1969年はオーストラリアでマーフィーとのコンビを再結成し、ドン・レオ・ジョナサン&トニー・パリシディック・マードック&ラーズ・アンダーソンマリオ・ミラノ&スパイロス・アリオンなどのチームを相手にIWA世界タッグ王座を争った[8]。同年5月にはマーフィーとのタッグが日本で実現、BI砲インターナショナル・タッグ王座に2回挑戦している[11]。マーフィー死去後の1970年7月にも日本プロレスへの3度目の来日を果たし、同じくマーフィーの盟友だったムース・ショーラックと組んでBI砲のインターナショナル・タッグ王座に挑戦した[11]。7月22日に行われた大木金太郎との対戦では、ナイフを凶器として隠し持っていたことが翌日の新聞で明らかになり、物議をかもしたこともある[12]

1970年代に入ると、アメリカではノースカロライナNWAミッドアトランティック地区を主戦場に活動。1973年11月にはジェイ・ヨークと組んでネルソン・ロイヤル&サンディ・スコットからNWAミッドアトランティック・タッグ王座を奪取し、ジン・アンダーソン&オレイ・アンダーソンミネソタ・レッキング・クルーともタイトルを争った[13]1974年12月、当時リック・フレアーとのコンビで同王座に戴冠していたリップ・ホークが欠場した際は、ホークに代わるフレアーのパートナーとなってタイトルマッチに出場したこともある[13]

1975年1月、新日本プロレスに初参戦。すでに全盛期を過ぎていたが、外国人選手の招聘ルートが乏しかった当時の新日本では準エース級の扱いを受けており、シングルでのタイトル挑戦はなかったものの、初期の新日本を支えたレスラーの一人となった。日本プロレス以来となるアントニオ猪木とのシングルマッチも何度か組まれており、1975年7月の来日時は猪木を失神寸前まで追い込み、反則勝ちを収めている。また、ハンス・シュミットキラー・カール・クラップとのコンビで猪木&坂口征二や坂口&ストロング小林北米タッグ王座にも挑戦した。1978年10月に新日本への4度目の登場を果たすが、これが最後の来日となった(日本には通算7回来日)。

その間も、アメリカではベビーフェイスのトップスターを相手に各地で狂乱ファイトを展開し、1975年はNWAジョージア地区アンドレ・ザ・ジャイアントチーフ・ジェイ・ストロンボーと対戦[14]。トロントのメープル・リーフ・ガーデンでは、1976年4月11日にブルーノ・サンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座への久々の挑戦が実現した[15]。NWAミッドアトランティック地区では同年12月26日、ノースカロライナのグリーンズボロ・コロシアムにてサージェント・ジャック・グレイと組み、ダスティ・ローデス&マイティ・イゴールと対戦している[15]1977年下期からはザ・ファンクスが主宰していたアマリロのNWAウエスタン・ステーツ地区にて、J・J・ディロンマネージャーに同タイプのフランク・モレルとのコンビで活躍。12月15日に同地区認定のタッグ王座を獲得し、翌1978年2月2日にドリー・ファンク・ジュニア&ラリー・レーンに敗れるまで保持した[16]

晩年となる1980年代初頭は、ジム・クロケット・ジュニアの主宰する古巣のNWAミッドアトランティック地区で活動。オックス・ベーカーなどとタッグを組み、リック・フレアー、ブラックジャック・マリガンペドロ・モラレスルーファス・ジョーンズなどの人気選手と対戦した[15]。この当時はジョバーのポジションに降格していたものの、1980年9月9日に海外武者修行時代の天龍源一郎をパートナーに、ミッドアトランティック・タッグ王者チームのバズ・ソイヤー&マット・ボーンに挑戦している[15]

1984年10月21日、拳銃自殺で死去[3]。63歳没。思うように動かなくなった身体を嘆いての自殺といわれるが、死因については、銃の手入れをしていた際の暴発による事故死とも[17][18]ロシアン・ルーレットによるものともされている[19][20]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)
  • IWA世界タッグ王座(オーストラリア版):5回(w / スカル・マーフィー)[8]
  • NWA豪亜ヘビー級王座:1回[21]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアトランティック・コースト・タッグ王座:1回(w / ミズーリ・モウラー)[23]
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:1回(w / ジェイ・ヨーク)[13]
NWAビッグタイム・レスリング
  • NWA USヘビー級王座(テキサス版):1回[9]
  • NWAブラスナックル王座(テキサス版):2回[10]
  • NWAアメリカン・タッグ王座:2回(w / マイク・パドーシス、ミズーリ・モウラー)
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / フランク・モレル)[16]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング

エピソード[編集]

  • WWEのロード・テンサイことマシュー・ブルームは、新日本プロレス参戦時に「ブルート・バーナードの息子」と称してジャイアント・バーナードのリングネームを名乗っていたが、ギミック上の設定であって実際には血縁関係はない。
  • タイツの尻の部分に外見でもわかる特製のパッドを入れていた。腰が悪いのでそれを保護するため、ということだったそうだが、そういうものを入れていたレスラーは歴代来日レスラーでもバーナードだけで、どれぐらい効いていたのかは定かでない。
  • 実生活では非常に優しい性格で、バスでの移動中に眠ることの出来ない運転手の隣の席で雑談に付き合ったり、ベトナム難民の写真が掲載されたグラビアを見て人目を憚らず号泣したというエピソードもある。
  • その一方、リック・フレアーの自著では悪質で口汚い人種差別主義者として書かれており、車での移動中は黒人を蔑称で罵り続け、橋で釣りをしている黒人をミズーリ・モウラー(ラリー・ハミルトン)と共謀して川に放り投げたこともあったという[25]
  • 日本では1934年生まれとされており[1]、それが正しければ初来日時は34歳ということになるが、「とてもそんな若さには見えない、年をごまかしているのではないか」という声が当時のファンや関係者の間で囁かれていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『THE WRESTLER BEST 1000』P178(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ 『'88プロレスオールスターSUPERカタログ』P112(1988年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c Brute Bernard”. Canadian Wrestling Page of Fame. 2012年6月1日閲覧。
  4. ^ Matches: Brute Bernard p.3”. Cagematch.net. 2012年6月1日閲覧。
  5. ^ Canadian Hall of Fame: Skull Murphy”. SLAM! Sports. 2012年6月1日閲覧。
  6. ^ a b WWWF United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月1日閲覧。
  7. ^ WWE Yearly Results 1963”. The History of WWE. 2012年6月1日閲覧。
  8. ^ a b c d IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月1日閲覧。
  9. ^ a b NWA American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2009年10月30日閲覧。
  10. ^ a b NWA Texas Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月1日閲覧。
  11. ^ a b 『1945-1985 激動のスポーツ40年史(6)プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P154(1986年、ベースボール・マガジン社
  12. ^ 新潟日報/昭和45年7月23日(木)9面=娯楽面「リングサイド」
  13. ^ a b c NWA Mid-Atlantic Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月1日閲覧。
  14. ^ Matches: Brute Bernard p.2”. Cagematch.net. 2012年6月1日閲覧。
  15. ^ a b c d Matches: Brute Bernard p.1”. Cagematch.net. 2012年6月1日閲覧。
  16. ^ a b NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月1日閲覧。
  17. ^ Wrestler Profiles: Brute Bernard”. Online World of Wrestling. 2012年6月1日閲覧。
  18. ^ Penny Banner Was Original Diva”. The Wrestling Gospel According to Mike Mooneyham (July 25, 2004). 2012年6月1日閲覧。
  19. ^ The gurus of grapple”. The Daily Telegraph (December 07, 2007). 2012年6月1日閲覧。
  20. ^ Johnny Weaver Interview: Part Two”. Mid-Atlantic Gateway. 2012年6月1日閲覧。
  21. ^ NWA Austra-Asian Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月1日閲覧。
  22. ^ NWA World Tag Team Title: Florida version”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月1日閲覧。
  23. ^ NWA Atlantic Coast Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年12月1日閲覧。
  24. ^ NWA Macon Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年12月8日閲覧。
  25. ^ リック・フレアー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン』P66-68(2004年、エンターブレインISBN 4757721536

外部リンク[編集]