エディ・ギルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・ギルバート
プロフィール
リングネーム エディ・ギルバート
トミー・ギルバート・ジュニア
ブギーマン
本名 トーマス・エドワード・ギルバート・ジュニア
ニックネーム ホット・スタッフ
身長 178cm
体重 101kg(全盛時)
誕生日 1961年8月14日
死亡日 1995年2月18日(満33歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州の旗 テネシー州レキシントン
トレーナー トミー・ギルバート
デビュー 1979年2月10日[1]
テンプレートを表示

"ホット・スタッフ" エディ・ギルバート"Hot Stuff" Eddie Gilbert、本名:Thomas Edward Gilbert, Jr.1961年8月14日 - 1995年2月18日)は、アメリカ合衆国プロレスラーテネシー州レキシントン出身。

業界紙『レスリング・オブザーバー』の "Wrestling Observer Newsletter awards" において1988年度の "Best Booker" に選出されるなど、ブッカーとしても活躍した。父親のトミー・ギルバート、弟のダグ・ギルバートもプロレスラーである[1]

来歴[編集]

初期[編集]

父トミー・ギルバートのトレーニングのもと、1979年2月10日に17歳でデビュー[1]。地元テネシー州メンフィスCWAを主戦場に、ベビーフェイスの新鋭としてトミーやリッキー・モートンとのタッグチームで活動。モートンとのコンビでは1981年8月31日、アメリカ武者修行中の大仁田厚(ミスター・オーニタ)&渕正信(マサ・フチ)から南部タッグ王座を奪取[2]NWAオクラホマ地区ではマイク・ジョージ&エド・ウィスコスキーとトライステート・タッグ王座を争った[3]

1982年の下期からは約1年間、ビンス・マクマホン・シニアが主宰していたWWFをサーキット。サージェント・スローターマスクド・スーパースターなど、当時のWWFヘビー級王者ボブ・バックランドの挑戦者となるヒール勢のジョバーを務める一方[4][5]ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンではカルロス・ホセ・エストラーダから勝利を収め[6]カート・ヘニングとの若手コンビでも活動した[7]。1982年11月25日には、フィラデルフィアスペクトラムにてタイガーマスクWWFジュニアヘビー級王座にも挑戦[8]。翌1983年10月、WWFルートで新日本プロレスに初来日したが[9]、負傷により途中帰国している[10]

1984年より古巣のCWAに復帰し、AWAに移籍したファビュラス・ワンズスティーブ・カーン&スタン・レーン)の後任として、トミー・リッチとニュー・ファビュラス・ワンズを結成する[4]ココ・ウェアノーベル・オースチンのプリティ・ヤング・シングスなどと抗争したが[11]、CWAを離脱したカーン&レーンへのあてつけとして組まされたクローン・チームだけに成功には至らず、リッチとの仲間割れアングルのもとギルバートはヒールに転向[4]。以後はリッチやジェリー・ローラーと抗争を繰り広げ、1985年2月にはローラーからAWA南部ヘビー級王座を奪取した[12]

ホット・スタッフ[編集]

CWAでのヒールターンは彼のマイクパフォーマンスの才能を開花させ、1985年下期からはホット・スタッフHot Stuff)をニックネームに、ビル・ワットのMSWAにプレイング・マネージャーとして移籍。1986年に同団体がUWFと改称してからは若手ヒール時代のスティングリック・スタイナーを配下に、ハリウッド・ジョン・テータムとジャック・ビクトリーのマネージャーだったミッシー・ハイアットと共闘して、H&HインターナショナルHot Stuff & Hyatt International)なるユニットを結成した[13]

1987年にワットがNWAジム・クロケット・ジュニアにUWFを売却した後は一時アラバマ地区に転出したが、1988年よりWCWへの移行期にあった末期のジム・クロケット・プロモーションズに移籍。ベビーフェイスのポジションに回り、リッキー・スティムボートのNWA復帰のパートナーとなってリック・フレアー&バリー・ウインダムと抗争した[4]。UWF時代の盟友リック・スタイナーとも再合体し、1989年2月28日にバーシティ・クラブスティーブ・ウィリアムス&ケビン・サリバンからUSタッグ王座を奪取している[14]。また、WCWではフレアーやサリバン、ジム・コルネットらと共にブッキング・コミッティの一員となり、フレアー&スティング対テリー・ファンク&グレート・ムタの抗争アングルなどを手掛けた[15]

1990年、ジム・ハード副社長による新体制への以降に伴いWCWを脱退してメンフィスに戻り、CWAの後継団体であるUSWAに登場。再びヒールターンし、ジェリー・ローラーとの統一世界ヘビー級王座を巡る抗争劇を展開した[16]1991年9月には、当時USWAと接点のあったW★INGプロモーショントム・プリチャードと共に参戦[17]、久々の来日を果たしている。

その後はテキサス州ダラスのGWFを経て、1993年は初期のECW(イースタン・チャンピオンシップ・レスリング)でヘッド・ブッカーを担当した[4]。選手としても、ダーク・パトリオットこと実弟ダグ・ギルバートと組んでECWタッグ王座を獲得したが[18]ポール・ヘイマンのプロデューサー就任により同年秋にチャンピオンのままECWを離脱している[4][15]

ECW脱退後の1993年11月、ゴムマスクを被って覆面レスラーブギーマンに変身し、W★INGプロモーションの『モースト・デンジャラス・タッグ・ウォーズ』にレザーフェイス(リック・パターソン)のパートナーとして出場。当時、W★INGでは弟のダグがフレディ・クルーガーに扮して活躍しており、両者はリーグ戦で対戦したが、10秒程度で試合を終わらせた後、それぞれマスクを脱ぎ捨て自分たちの素顔を曝して兄弟であることを明かし、マイクで同団体への批判を公言した上で全日本プロレスへの移籍を表明するという前代未聞の事件を起こした[15]。ギャランティやマッチメークへの不満など行動におよんだ原因には諸説あるが、彼はアメリカでも各団体でトラブルを起こしており[4]、全日本移籍も結局は実現しなかった。

1994年からはUSWAに復帰し、ジェリー・ローラーとの抗争を再開。ジム・コルネットが運営していたケンタッキー州ルイビルのSMWやプエルトリコWWCなどにもブッカーとして関わった[4]

1995年2月18日、プエルトリコにて心臓発作により死去[15]。33歳没。彼は1983年に交通事故に遭って以来ペインキラーを常用しており、それが心臓に負担を与えていたとされている[15]1996年にはニュージャージーにてトリビュート・イベントが開催され、トミー&ダグ・ギルバート、ジェリー・ローラー、トミー・リッチ、アル・スノーキングコング・バンディマーティ・ジャネッティダン・スバーン2コールド・スコーピオシッド・ビシャスジョージ・スティールドリー・ファンク・ジュニアらが参加した[15]

なお、UWFでH&Hインターナショナルを結成していたミッシー・ハイアットとはNWA(WCW)移籍後の1988年に結婚したが、後に離婚している。1991年にはデブラ・ミセリーと再婚するも、こちらも約4カ月間で破局を迎えた[15]

獲得タイトル[編集]

セントラル・ステーツ・レスリング
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
ユナイテッド・ステーツ・レスリング・アソシエーション
NWAトライステート
  • NWAトライステート・タッグ王座:3回(w / トミー・ギルバート、リッキー・モートン×2)
  • NWA USタッグ王座(トライステート版):1回(w / トミー・ギルバート)
ミッドサウス・レスリング・アソシエーション / ユニバーサル・レスリング・フェデレーション
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
イースタン・チャンピオンシップ・レスリング
グローバル・レスリング・フェデレーション
  • GWF北米ヘビー級王座:1回
  • GWF TV王座:2回
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC北米タッグ王座:1回(w / トミー・ギルバート)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Eddie Gilbert”. Wrestlingdata.com. 2015年2月22日閲覧。
  2. ^ AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月17日閲覧。
  3. ^ NWA Tri-State Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h A Tribute to Eddie Gilbert”. Hot Stuff International. 2010年8月17日閲覧。
  5. ^ WWE Yearly Results 1983”. The History of WWE. 2010年8月17日閲覧。
  6. ^ WWF on MSG Network”. Cagematch.net. 2015年2月22日閲覧。
  7. ^ The WWE matches fought by Eddie Gilbert in 1982”. Wrestlingdata.com. 2015年2月22日閲覧。
  8. ^ WWF on PRISM Network”. Cagematch.net. 2015年2月22日閲覧。
  9. ^ The NJPW matches fought by Eddie Gilbert in 1983”. Wrestlingdata.com. 2015年2月22日閲覧。
  10. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P74(2002年、日本スポーツ出版社
  11. ^ The USWA matches fought by Eddie Gilbert in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年2月22日閲覧。
  12. ^ AWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月17日閲覧。
  13. ^ Faction Profiles: Hot Stuff & Hyatt International”. Online World of Wrestling. 2010年8月17日閲覧。
  14. ^ NWA United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月17日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g Kayfabe Memories: Eddie Gilbert Pt. II”. Hot Stuff International. 2010年8月17日閲覧。
  16. ^ USWA Unified World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月17日閲覧。
  17. ^ The W★ING matches fought by Eddie Gilbert in 1991”. Wrestlingdata.com. 2015年2月22日閲覧。
  18. ^ ECW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]