ジェフ・ブラッドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダッドリー・ダッドリー
プロフィール
リングネーム ダッドリー・ダッドリー
ブルーザー・コング
オリジナル・ダッドリー・ダッドリー
バッド・ボーイ・ダッドリー
チャーリー・ハンター
イビル・スネーク
本名 ジェフ・ブラッドリー
ニックネーム 最もブルーザー・ブロディに似ている男
身長 196cm
体重 134kg
誕生日 1973年
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州サンアントニオ
トレーナー ディーン・マレンコ
ジョー・マレンコ
ヒロ・マツダ
デビュー 1992年
テンプレートを表示

ジェフ・ブラッドリーJeff Bradley)は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州サンアントニオ出身。キャリアにおいて、ECW時代のリングネームであるダッドリー・ダッドリーDudley Dudley)での活動で知られる[1]

来歴[編集]

マレンコ道場にてプロレスラーとなるためにトレーニングを積み、1992年にプロレスラーデビューを果たす。同年、WWFに入団し、チャーリー・ハンターCharlie Hunter)のリングネームで活動[1]1995年までの2年間在籍するが特に活躍することができずに解雇となった。同年、ECWに移籍。7月1日に異母兄弟ヒールユニットであるダッドリー・ファミリーの長男、ダッドリー・ダッドリーDudley Dudley)のリングネームで次男のビッグ・ディック・ダッドリーとハーフブラザーのスノット・ダッドリーを引き連れ登場。以降、ファミリーのリーダーとして存在感を表し、ピットブルズレイヴェンズ・ネストなどと抗争。同年後期に四男、ダンス・ウィズ・ダッドリーと五男、ババ・レイ・ダッドリーが加わりファミリーを拡大していくが、1996年に事故を起こし長期欠場。そのまま復帰することなくECWから離脱した[1]

1997年WCWに入団するがジョバーとしての役目が短期間で解雇された。WCW解雇後は世界の団体で活動するようになり、2002年大日本プロレスに参戦するため来日。この時はオリジナル・ダッドリー・ダッドリーOriginal Dudley Dudley)のリングネームで出場している[1]

アフリカ中国の団体に参戦後、2004年に再び来日。8月31日に代々木第2体育館で行われたIWAジャパンの10周年記念興行にブルーザー・ブロディをオマージュしたギミック、ブルーザー・コングBruiser Kong)のリングネームで参戦し、IWA世界ヘビー級王座争奪トーナメントに出場するが一回戦のジム・ドゥガンと戦い敗れた[2]

同年、オーストリアハンガリーといったヨーロッパの団体やプエルトリコIWAに参戦後、アメリカに帰国。フロリダ州のインディー団体を拠点とし、NWAフロリダなどの団体に参戦。また、マレンコ道場やスティーブ・カーンが主宰するレスリングスクールのトレーナーとしても活動[1]

2008年、再び世界の団体で活動するようになり、WWCではWWC世界タッグ王座を獲得。2009年にはオーストリアのEWA(European Wrestling Association)にて日本の団体に参戦していることで知られるバンビ・キラージョー・レジェンドと対戦している[1]

得意技[編集]

ディスカス・ラリアット
フィニッシャー
ダイビング・ニー・ドロップ
クローバーリーフ
ダイビング・スプラッシュ

獲得タイトル[編集]

IWA
  • IWAハードコア王座 : 2回
  • IWA世界タッグチーム王座 : 2回
w / ミスター・ビッグ
WWC
  • WWC TV王座 : 1回
  • WWC世界タッグチーム王座 : 2回
w / トッド・ディーン
IPW(Independent Professional Wrestling)
  • IPWハードコア王座 : 1回
  • IPW TV王座 : 1回
BJW
  • BJWヘビー級王座 : 1回

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Dudley Dudley Online World of Wrestling、2013年11月19日閲覧。
  2. ^ 日本スポーツ出版社 2005ゴング プロレスカラー名鑑

参考文献[編集]

外部リンク[編集]