ワイルド・アンガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイルド・アンガス
プロフィール
リングネーム ワイルド・アンガス
ブラック・アンガス
アンガス・キャンベル
ラスプーチン
本名 Frances Patrick Hoy
(Frank Hoy)
ニックネーム 怪僧
北海の荒熊
身長 193cm
体重 135kg(全盛時)
誕生日 1934年10月19日
死亡日 2005年4月21日(満70歳没)
出身地 北アイルランドの旗 北アイルランド
ファーマナ州エニスキレン
デビュー 1954年
引退 1982年
テンプレートを表示

ワイルド・アンガスWild Angus、本名:Frances Patrick Hoy1934年10月19日 - 2005年4月21日)は、北アイルランドプロレスラーファーマナ州エニスキレン出身。

英国マットを本拠地に、アメリカカナダにも参戦。ヨーロッパ流の本格テクニックを持ちながら、ザンバラ髪に髭面という悪相と巨体を武器に、異能派のラフ&パワーファイターとして活躍した[1]

来歴[編集]

初期はアンガス・キャンベルAngus Campbell)を名乗り、スコットランド出身のイアン・キャンベルとの大型タッグで売り出す。ロンドンではシャチ横内アル・ヘイズと対戦した。1968年8月、当時ヨーロッパとの提携ルートを持っていた国際プロレスワイルド・アンガスWild Angus)名義で初来日。翌1969年9月にも再来日し、フランス出身のスパルタカスとのコンビで豊登&ストロング小林IWA世界タッグ王座に挑戦している[2]

1970年代からは北米のマット界にも進出。1971年にはスチュ・ハートが主宰していたカナダカルガリースタンピード・レスリングにて、8月28日にレス・ソントン、11月6日にビッグ・ジョン・クインを破り、同地区のフラッグシップ・タイトルである北米ヘビー級王座を2回に渡って獲得[3]。クインをはじめ、マイティ・ウルススカルロス・ベラフォンテと抗争し、アブドーラ・ザ・ブッチャーとも対戦、タッグではクルト・フォン・ヘスと組んで活躍した[4]

1972年より、アメリカ中西部カンザスミズーリをサーキット・エリアとするNWAセントラル・ステーツ地区に参戦。オックス・ベーカーザ・ストンパールーファス・ジョーンズボブ・スウィータンらとタイトルを争い、ドリー・ファンク・ジュニアNWA世界ヘビー級王座にも挑戦した[5]セントルイスキール・オーディトリアムにも再三出場し、ビル・ミラーイワン・コロフハーリー・レイスらと対戦している[6]

そのグリゴリー・ラスプーチンを思わせる特異な風貌から、1974年にはラスプーチンRasputin)のリングネームで太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングに出現。ダッチ・サベージロニー・メインアンドレ・ザ・ジャイアントクリス・テイラーとも対戦し[7]、8月10日にはジミー・スヌーカからNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を奪取した[8]

1976年9月には国際プロレスに久々に来日し、シングルではラッシャー木村IWA世界ヘビー級王座に、タッグではギル・ヘイズをパートナーにグレート草津&マイティ井上のIWA世界タッグ王座に挑戦[2]。翌1977年5月の再来日でも木村に再度挑戦し、IWA世界タッグ王座の新王者チームとなった草津&アニマル浜口にもマスクド・インベーダー(プリティボーイ・アンソニー)を従えて挑戦した[2]

本拠地の英国では、1978年6月30日にリヴァプールにてヨーロピアン・ヘビー級王座を獲得[9]。同年12月、全日本プロレス世界最強タッグ決定リーグ戦ビル・ロビンソンの異色のパートナーとしてヨーロッパ代表で出場。前年の世界オープンタッグ選手権ではホースト・ホフマンとの技巧派コンビで参加したロビンソンが、対アブドーラ・ザ・ブッチャー用の秘密兵器として、ラフファイトに強いアンガスを新しい相棒に選んだという触れ込みだった。ザ・ファンクスを相手に45分時間切れ引き分けに持ち込むなど健闘もしたが、すでに全盛期を過ぎていたために戦績は振るわず、これが最後の来日となった。シリーズ中には、ジャイアント馬場ニック・ボックウィンクルとのシングルマッチも行われている[10]

キャリア末期の1981年には、同じく英国を代表する大型選手のジャイアント・ヘイスタックスパット・ローチ、カナダから遠征してきた若手時代のブレット・ハートらと対戦し、オットー・ワンツが主宰していたドイツオーストリアのCWAにも出場[11]1982年の引退後はスコットランドに居住し、森林警備隊員に転身した[12]2005年4月21日、スコットランドのストランラーにて死去[12]。70歳没。

息子のスティーブ・ケーシーSteve Casey1963年 - )も元プロレスラーで、1987年1988年新日本プロレスに通算3回来日している[13]。父親のアンガスとは対照的な正統派テクニシャンのハンサム・ガイだったが、レスラーとして大成することはできなかった。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
  • カルガリー・スタンピード北米ヘビー級王座:2回 [3]
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回 [14]
  • NWAセントラル・ステーツTV王座:1回 [15]
  • NWA北米タッグ王座(セントラル・ステーツ版):1回(w / ロジャー・カービー[16]
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:1回 [8]
ジョイント・プロモーションズ
  • ヨーロピアン・ヘビー級王座:1回 [9]

脚注[編集]

  1. ^ 『THE HEEL(プロレスアルバム16)』P10(1981年、ベースボール・マガジン社
  2. ^ a b c 『忘れじの国際プロレス』P101-103(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  3. ^ a b Stampede Wrestling North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年2月3日閲覧。
  4. ^ The Stampede matches fought by Frank Hoy in 1971”. Wrestlingdata.com. 2014年10月13日閲覧。
  5. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1972”. Wrestling-Titles.com. 2012年5月5日閲覧。
  6. ^ The SLWC matches fought by Frank Hoy in 1973”. Wrestlingdata.com. 2014年10月13日閲覧。
  7. ^ The CW USA matches fought by Frank Hoy in 1974”. Wrestlingdata.com. 2014年10月13日閲覧。
  8. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月26日閲覧。
  9. ^ a b European Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月26日閲覧。
  10. ^ The AJPW matches fought by Frank Hoy in 1978”. Wrestlingdata.com. 2014年10月13日閲覧。
  11. ^ Wrestlers Database: Angus Campbell”. Cagematch.net. 2012年5月5日閲覧。
  12. ^ a b Wrestler Profiles: Black Angus Campbell”. Online World of Wrestling. 2009年9月25日閲覧。
  13. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P76(2002年、日本スポーツ出版社
  14. ^ NWA Central States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月26日閲覧。
  15. ^ NWA Central States Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月26日閲覧。
  16. ^ NWA North American Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]