VOODOO-MURDERS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VOODOO-MURDERS
ステーブル
メンバー
過去メンバー
デビュー 2005年2月 (2005-2)
団体 ZERO1
天龍プロジェクト

VOODOO-MURDERS(ブードゥー・マーダーズ)は、全日本プロレスを舞台として活動していたヒールプロレスラーユニット。略称はブードゥー、略表記はVM(以下、本文中で同ユニットをVMとも表記)。

2011年6月、リーダーのTARUによるメンバーのスーパー・ヘイトに対する暴行傷害を受け、全日本プロレスにより強制解散となった。

2012年12月、元メンバーである"brother"YASSHIが自身のレスラー復帰に伴いグループの活動再開を発表した。

なお、前者を第1期、後者を第2期として説明する。

経歴[編集]

第1期[編集]

結成の経緯・初期[編集]

2005年1月ジョニー・スタンボリーとTARUが共闘した事により結成された。スタンボリーは、前年末の世界最強タッグ決定リーグ戦ラブ・マシンズの秘密兵器「GREAT MUTA」として参戦したが、ラブ・マシンズから戦力外通告を受け、孤立していた。一方、TARUは前年に大型選手との対戦を求めてドラゴンゲートを退団し、打倒・武藤敬司を掲げてフリーランスとして全日本プロレスに参戦していた。反・全日本プロレスという共通目的があった事で共闘関係が成立した。翌2月には、元WWEチャック・パルンボが加入、チーム名も「ブードゥー・マーダーズ(VOODOO-MURDERS)」と発表された。3月には元WWEのジャイアント・バーナードが加入し勢力が増した。

さらにその後、TARUと所属ユニットこそ違ってはいたが、同じく元DRAGON GATE所属であった近藤修司"brother"YASSHIも加入した。

発展期[編集]

2006年1月、諏訪間幸平が加入し、リングネームを「諏訪魔」に改名した。同年9月、対立していたユニットRO&DのメンバーであるRO'Zが加入。同月、RO&Dとのユニット解散をかけたタッグマッチを行い、これに勝利。試合中にRO&Dから寝返ったディーロ・ブラウンブキャナンも加入。[1]

10月、ハッスル20に“brother”YASSHI with TARU として参戦した。11月1日、プロレスリング・セムに近藤・YASSHIがSUWAのパートナーとして、TARUがセコンドとして参戦。モハメド・ヨネ石森太二青木篤志組に勝利した後、TARUが観客を罵ったのをきっかけにプロレスリング・ノア勢と乱闘となった。

混迷期[編集]

台北市の国立台湾大学総合体育館で行われた「2010 プロレスLove in Taiwan」でのVM入場シーン

2007年6月、小島聡が加入した。7月には諏訪魔がTNAスコット・スタイナーと共闘を果たし、10月にはシルバーキング、ゾディアックが加入した。

2008年1月、諏訪魔が脱退したが、4月には元WWEのアル・ダバリが加入。8月には小島が脱退、9月にはジョー・ドーリングが加入し、9月に近藤が脱退。10月には平井伸和が加入し、リングネームをスーパー・ヘイトに改名した。

2009年2月、新日本プロレスを退団しフリーランスになったが加入したが、YASSHIがプロレスを休業するため離脱。その後、土方隆司が「歳三」として加入した。同年9月、ゾディアックが脱退。

2010年1月、レネ・デュプリが加入。2月には、F4との解散マッチに勝利した。6月にMAZADA、7月に鈴木健想、10月に、河野真幸が加入した。後に鈴木がリングネームをKENSO、河野がKONOに改名した。12月、鈴木と河野が世界最強タッグ決定リーグ戦優勝を果たした。同月ダーク・オズダーク・クエルボが加入した。

2011年1月、鈴木と河野が世界タッグ王座選手権に挑戦したが、試合中に仲間割れを起こし敗戦。試合後鈴木が追放された。

解散[編集]

2011年5月29日、試合前の控室にてTARUがスーパー・ヘイト(平井伸和) へ暴行を行い、試合後に平井が倒れ病院へ救急搬送された。後日、TARUが試合前の控え室でヘイトに暴行を働いたことを会社に申告し、無期限活動自粛を申し出た。全日本プロレス側はTARUの申し出を了承し、TARUの無期限活動自粛、控え室に同席していた稔・河野・MAZADAの無期限出場停止処分及び保持する王座を剥奪、ユニット解散処分を課した[2][3][4]。尚、外国人選手は控え室に同席していなかったため、未処分となった。 その後、同席3選手については暴行を行っていないとして、6月30日付けで処分解除を決定。稔とMAZADAは7月9日久喜大会で復帰。河野は右肘手術の為、引き続き欠場となる。

2011年11月22日、兵庫県葺合署によってTARUとMAZADAの2人が平井への傷害容疑で逮捕された。「日ごろの態度が悪いことを叱ったが、反省の色が見られず殴った」と容疑を認めている[5]

第2期[編集]

復活[編集]

2012年12月、ダイヤモンド・リングのホーム興行に"brother"YASSHIが乱入し、レスラー復帰を発表。その後の記者会見にて拳剛(旧:西村賢吾)とブードゥーマーダーズ再始動を発表。

2013年1月、TARUが復帰会見。同グループへの合流も発表された。同2月11日のダイヤモンド・リング・ホーム興行にて、同団体所属の宮原健斗、ならびにKAIENTAI-DOJO所属の滝澤大志が合流する。第2期はダイヤモンド・リングの他、ZERO1天龍プロジェクト紅白プロレス合戦などに参戦している。

抗争相手[編集]

第1期

全日本プロレス本隊、RO&D健介ファミリーなど。リングソウルビッグマウス・ラウドにも登場している。

また、抗争ではないものの、メンバーにプロレスリング・エルドラド所属選手が2人いたという縁から、TARUがGMとしてエルドラドにも登場したことがあった。

試合スタイル[編集]

第1期

結成当初は凶器攻撃・罵倒文句の凄まじさが特徴的であった。2006年頃から対戦相手の口に試合会場地の名産物を押し込むなどのユーモラスな行動や、TARU水[6]と呼ばれる水を観客に浴びせるなどのギミックが登場。

あらゆるファイトスタイルに対応できる人材を持ち、興行にメリハリをつける上で全日本には欠かせない集団となった。アンチヒーロー的存在としてVMに声援を送るファンも多く、F4との解散マッチに勝った後にTARUが興行を締めるマイクを持つなど、単に嫌われるだけのヒール軍団ではなくなっていた。

メンバー[編集]

第1期[編集]

解散時のメンバー[編集]

  • TARU - (設立 - 2011年)
グループ設立者で初代リーダー。メンバーからは「オヤジ」「おじき」と呼ばれている。
グループ解散後はレスラー活動を休業。2013年に復帰、第2期VMへ合流した。
新日を退団後、全日にフリーとして参戦から解散まで加入。
解散後は全日本に入団しSTACK OF ARMSへ。現在はWRESTLE-1に所属。
東京愚連隊として敵対していたが、NOSAWA論外との確執からVMへ。解散まで加入。
諏訪魔との方向性が異なり正規軍から離脱。解散まで加入。
解散後はSTACK OF ARMSへ。現在はWRESTLE-1に所属。
詳しい経緯もなく、新メンバーとして登場。凶器として消火器を使用。
事故により療養。プロレス界からセミリタイアしている。
ドーリングとの外国人コンビとして活躍。解散まで加入し、解散後は正規軍。
健在はWRESTLE-1へ不定期参戦している。
正規軍として参戦後、WWEとマイナー契約。契約切れにより再参戦。解散まで加入し解散後は正規軍。

元メンバー[編集]

TARUとともにグループ設立メンバー。
3人目となる初期メンバー。
4人目となる初期メンバー。新日本へ移籍。現在はWWE
初登場試合で、正体の渕正信に戻り、その場で離脱。
上記2選手は、RO&Dからの電撃加入だったが短期間で全日本を離脱。
プロレスリング・ノアへRO&Dとして参戦(TAKAみちのく曰く、移籍経緯は来るもの拒まず。)
現在、ディーロは再び全日本へ、ブキャナンは海外団体で活動中。
  • RO'Z ~2007年3月。
RO&DからVMへ電撃加入。地元テレビ番組出演を理由に全日本との契約を解除したため離脱。
  • 諏訪魔 - ~2008年1月3日本名諏訪間幸平
正規軍より電撃加入し改名。その後、メンバーと亀裂が生じ正規軍へ再合流。改名はしていない。
諏訪魔対抗に対し加入。しかしヒール気質が肌に合わずVM離脱、新グループF4を結成(後に解散)。
現在は、新日本プロレスへ移籍。
DRAGON GATE退団後、全日本参戦と同時に加入。08年全日本に正式入団し正規軍へ。
現在はWRESTLE-1に所属。
近藤修司とタッグによる主力メンバーであったが休業とともに離脱。のち2013年に活動復帰とともにグループ再始動を発起。
現在は鈴木みのる率いる鈴木軍のメンバーとして新日本プロレスで活動中。現・ランス・アーチャー。
小島の説得でF4へ合流する。現在はWRESTLE-1に不定期参戦。
全日本退団に伴い離脱。県議会議員に立候補し当選。二束のわらじで活動中。
VMメンバーとして参戦していたが、地元現地で心不全により死去。
  • KENSO(鈴木健想)
主戦場を日本に戻すと同時に加入。2011年1月3日に意見の食い違いでVM追放される。
正規軍で続けていたが、新たな外国人ヒール軍「DK」を結成する。
  • ブードゥーマスク1〜48号
正体不明、欠場選手にる補助員のため不定期参戦。
以下は、参戦が途絶え自然離脱。
2014年、地元現地で心筋梗塞により死去。
ダークコンビは、MAZADAの誘いにより加入。 

共闘レスラー[編集]

第2期[編集]

  • TARU - (2013年1月 - )
グループ設立者で初代リーダー。メンバーからは「オヤジ」「おじき」と呼ばれている。
グループ解散後はレスラー活動を休業。2013年に復帰、新生VMへ合流した。
第1期で近藤修司とタッグによる主力メンバーであったが休業とともに離脱。
活動復帰を機にグループ再始動の発起した新生VMのリーダー。
  • 拳剛 - (2012年12月 - )
フリーランス・レスラー「西村賢吾」としてデビュー。2013年に改名を発表しVMへ加入。
DIAMOND RING ⇒ フリーランス。TARUの勧誘から加入。
健介オフィス(現DIAMOND RING)設立以降、所属選手として最初のヒールレスラーとなる。その後除名
KAIENTA-DOJO所属。2013年2月宮原ともに加入。6月、諸事情によりレスラー活動を休業している。
経緯不明。その後すぐに帰国して特に共闘はしなかった。
2014年より兄弟で加入。

獲得タイトル[編集]

第1期[編集]

全日本プロレス
2011年2月現在、全日本プロレス内で獲得していないベルトは、三冠ヘビー級王座のみとなっている。
プロレス大賞
  • 最優秀タッグチーム賞 2006年

第2期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ その後、2人はユニットを離脱してプロレスリング・ノアでRO&Dを再結成した。
  2. ^ スポーツ・ナビ|VM軍解散でカード変更 空位の王座決定戦などを追加=全日本プロレス - スポーツ・ナビ 2011年6月4日
  3. ^ Sヘイトが開頭手術で一命取り留めた - 日刊スポーツ・2011年5月31日
  4. ^ スーパー・ヘイト選手の病状に関して 5/31 - 全日本プロレス・2011年5月31日
  5. ^ TARU、MAZADAは容疑認める「反省の色が見られず殴った」 スポニチアネックス 2011年11月22日
  6. ^ 一時期、これを会場の売店で1本(ペットボトル500ミリリットル)15,000円で販売していた。

外部リンク[編集]