ZERO1 世界ヘビー級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界ヘビー級王座
詳細
現王者 佐藤耕平
獲得日 2014年9月19日
管理団体 プロレスリングZERO1
創立 2007年10月26日
別名 AWA世界ヘビー級王座

世界ヘビー級王座は、日本プロレス団体であるZERO1が管理する王座(タイトル)。

歴史[編集]

この王座の前身はAWAスーパースターズ・オブ・レスリングが認可したAWA世界ヘビー級王座。2005年にZERO1-MAX(当時)が旗揚げされた際、プレ旗揚げ戦で空位となっていた王座決定戦が行われ、大森隆男が王座獲得した。大森が「第32代」とされたのはこの王座が旧AWA創設者バーン・ガニアの承諾が降りた正式復活版とされた(ギミックの可能性もあり)上、竹内宏介「AWA世界ヘビー級選手権変遷史」(旧AWA最後の王者ラリー・ズビスコが「第31代」となっていた。AWA歴代王者は諸説あるが、変遷史では明らかに抜けていた王者も数名存在した)を参考にしたのではないかと見られる[1]

2007年にAWAスーパースターズとの提携終了に伴い、田中将斗からAWA王座を剥奪され、代わりにZERO1が管理するフラッグシップタイトルとして「世界ヘビー級王座」が与えられた(ただし、ベルトはAWAの文字入りを継続使用)。

2012年6月より一時的にAWA世界ヘビー級王座に戻されるが[2](ただし、その時点でAWAを名乗る団体は既に存在しない[3]ため、二代目ザ・シークが持つNWA王座との統一戦へ向けたいわゆるアングルだった)、佐藤耕平がシークから奪取するとと共にAWAは再び外れた。

2011年NWAプレミアムヘビー級王座が創設されると、翌2012年に世界ヘビー級王者・曙とプレミアムヘビー級王者関本大介との間で統一戦が行われ、勝利した曙により2冠統一を果たすも、同年9月に肺炎のため王座を返上してからは1年近く空位のままとなっていたが、2013年8月4日に火祭りで優勝したジェームス・ライディーンに王座が与えられた。

WWEのタイトル「World Heavyweight Championship」も訳された場合「世界ヘビー級王座」となるが、全く関連性はない。

歴代王者[編集]

AWA世界ヘビー級王座(ZERO1-MAX提携以降)
歴代数 レスラー 戴冠回数 防衛回 獲得日付 獲得した場所
(対戦相手・その他)
第32代 大森隆男 1 4 2005年1月23日 後楽園ホール
スティーブ・コリノ
第33代 スティーブ・コリノ 1 2005年6月11日 アメリカミシガン州ベイシティ
第34代 大谷晋二郎 1 2 2006年1月22日 後楽園ホール
第35代 大森隆男 2 2 2006年4月1日 靖国神社相撲場
第36代 リック・コンバース 1 アメリカインディアナ州インディアナポリス
CWFミッドアトランティック
第37代 スティーブ・コリノ 2 アメリカ
第38代 大森隆男 3 3 2007年3月31日 横浜市金沢産業振興センター
第39代 田中将斗 1 1 2007年10月26日 後楽園ホール
ZERO1-MAXとAWAの提携終了により
「世界ヘビー級王座」に改称となる
世界ヘビー級王座
歴代数 レスラー 戴冠回数 防衛回 獲得日付 獲得した場所
(対戦相手・その他)
初代 田中将斗 1 7 2007年12月15日 旧AWA世界ヘビー級王者である田中将斗が改称した
「世界ヘビー級王者」として認定される
第2代 永田裕志 1 3 2008年10月13日 両国国技館新日本プロレス
第3代 大谷晋二郎 1 2 2009年2月27日 後楽園ホール
第4代 崔領二 1 1 2009年3月29日 靖国神社相撲場
第5代 田中将斗 2 0 2009年7月1日 新宿FACE
第6代 川田利明 1 3 2009年10月24日 後楽園ホール
第7代 佐藤耕平 1 2 2010年4月11日 靖国神社相撲場
第8代 バンビキラー 1 0 2010年7月11日 後楽園ホール
第9代 関本大介 1 4 2010年9月9日 新宿FACE
第10代 崔領二 2 2 2011年3月6日 両国国技館
第11代 ザ・シーク 1 2 2011年7月3日 後楽園ホール
第12代 佐藤耕平 2 1 2011年11月6日 六本木ベルサール
第13代 KAMIKAZE 1 0 2012年2月1日 後楽園ホール
第14代 1 2 2012年3月2日 後楽園ホール
2012年9月4日王座返上
第15代 ジェームス・ライディーン 1 3 2013年8月4日 後楽園ホール
火祭り優勝決定戦で勝利
第16代 佐藤耕平 3 1 2014年3月30日 靖国神社相撲場
第17代 船木誠勝 1 1 2014年7月6日 両国国技館(WRESTLE-1
第18代 佐藤耕平 4 2014年9月19日 後楽園ホール

脚注[編集]

  1. ^ AWA世界王者・・・大森は何代目? ブラックアイ
  2. ^ 崔が世界の完全防衛宣言!菅原はベルトをゴミ扱い”. ZERO1オフィシャルブログ (2011年6月10日). 2012-1125閲覧。
  3. ^ AWAスーパースターズ・オブ・レスリングはWWEからのAWA使用差し止めを受けて「レスリング・スーパースターズ・ライブ」に改称されその後活動停止。その後もAWAを名乗る団体は存在したが短期間で改称された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]