ランス・ケイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランス・ケイド
ランス・ケイドの画像
プロフィール
リングネーム ランス・ケイド
ギャリソン・ケイド
カウボーイ・ランス・ケイド
本名 ランス・カーティス・マクノート
ニックネーム 悪魔のカウボーイ
身長 196cm
体重 119kg
誕生日 1980年3月2日
死亡日 2010年8月13日(満30歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネブラスカ州オマハ
トレーナー TWA
ポール・ダイヤモンド
デビュー 1999年
テンプレートを表示

ランス・ケイドLance Cade、本名:ランス・カーティス・マクノートLance Kurtis McNaught)、1980年3月2日 - 2010年8月13日)は、アメリカ合衆国プロレスラーネブラスカ州オマハ出身。

来歴[編集]

1999年ショーン・マイケルズが作ったサンアントニオにあるTWA(テキサス・レスリング・アカデミー)にてトレーニングを始める。FMW横浜アリーナ大会(1999年11月23日)にレフェリーとして来日したショーン・マイケルズに伴われて初めて来日。1週間後に開幕のFMW12月シリーズにアメリカン・ドラゴンとのタッグで参加。翌2000年2月シリーズには単独で来日した。

2001年WWEと契約。下部組織MCWやHAWで活動した後に、OVWへと居場所を移す。OVWではレネ・デュプリーとタッグ王座を獲得した。その後デュプリーがWWEへ昇格したため、マーク・ジンドラックとタッグを組むことになり、その活躍が認められ、ケイド自身も2003年にWWE昇格を果たした。

WWEではギャリソン・ケイドと名前を改め、同じく昇格したジンドラックとのコンビでロウを舞台に活動する。アルマゲドンレッスルマニアで、世界タッグ王座争いをするまでの成長をみせるが、一度も獲得はできなかった。その後、ドラフトにてパートナーのジンドラックがスマックダウンに移籍したためタッグは解消。それからはジョナサン・コーチマンの護衛にあたり、TAJIRIライノと抗争するも、目立った活躍はできずOVWに戻されることになった。

再びOVWにて活動した後、2005年8月にトレバー・マードックをパートナーにケイド&マードックとしてWWEに再昇格。同年に行われたアンフォーギヴェンでは念願の世界タッグチーム王座を獲得。その後はWWEのタッグ部門の扱いからか、主に前座番組HEATでの登場が多くなる。それからビンス・マクマホンエッジと共にDXと対戦し、徐々にWWE幹部からも好評価を得ていく。2007年5月には再び世界タッグ王座を奪取した。

2008年、マードックとのタッグを解散した後はクリス・ジェリコのパートナーとなり、ヒールとしてジェリコと共にショーン・マイケルズと抗争したが、10月にWWEを解雇された。

2009年2月22日カウボーイ・ランス・ケイドリングネームで、ハッスルに参戦。以降もハッスルやベイダータイムで活動後、同年10月にWWEと再契約してFCWにてトレーニングを続けていたが、翌2010年4月、1軍のリングに一度も上がること無く再び解雇された。

以後、5月からは全日本プロレスに登場し、VOODOO-MURDERSの一員として活躍していた。

2010年8月13日、心不全にて急死。30歳没。訃報はWWE公式ホームページでもアナウンスされた[1]

得意技[編集]

ハイ・ロー
旧名はスウィート&サワー。マードックとの合体技。相手の膝裏と首に二人がかりでクローズラインを打ち込む。
スパイン・バスター
シングルマッチでのフィニッシャー。ロック・ボトム式に抱えるのが特徴。
ダイビング・エルボー・ドロップ
ギャリソン・ケイド時代の決め技。
クローズライン
シングル対戦時での主要技。

獲得タイトル[編集]

WWE

脚注[編集]

  1. ^ Lance Cade passes away”. WWE.com. 2010年8月13日閲覧。

関連項目[編集]