モハメド・ヨネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モハメド・ヨネ
プロフィール
リングネーム モハメド・ヨネ
キャプテン・ノア
米山 サトシ
本名 米山 聡
ニックネーム ミスター・アフロ
ローリング・サンダー
暴走新幹線
哀しみの不発王[1]
方舟の襲撃王
身長 185cm
体重 110kg
誕生日 1976年2月23日(38歳)
出身地 愛知県名古屋市
所属 プロレスリング・ノア
スポーツ歴 バレーボール
トレーナー 藤原喜明
池田大輔
石川雄規
デビュー 1995年8月18日
テンプレートを表示

モハメド・ヨネ1976年2月23日 - )は、日本プロレスラー。本名は米山 聡(よねやま さとし)。愛知県名古屋市出身。プロレスリング・ノア所属。

概要[編集]

1995年プロフェッショナルレスリング藤原組に入門。同年8月18日、南足柄市体育センターのアレクサンダー大塚戦でデビュー(大塚と共に藤原喜明の最後の弟子)。

1996年格闘探偵団バトラーツに参加。その後現在のリングネームモハメド・ヨネを用い出す。リングネームはあくまでアフロ、色黒の風貌に由来するものでイスラム教徒ではない。

バトラーツから自身ブランドのスクーターを販売するなど人気選手だったが、徐々に団体が低迷。事実上のバトラーツ解散興行となる東京ベイNKホール大会で、安田忠夫に何もさせてもらえず、わずか1分余でフロントチョークにより敗退し、インディーとメジャーの違いに愕然とする(安田はバトラーツのレフェリーだった島田裕二の懇願で参戦したが嫌々だったそうで、真剣勝負に出て秒殺したという)。

2001年、バトラーツ活動停止後、分裂後の全日本プロレスにフリー参戦していたが、先輩レスラーである池田大輔の後を追いメジャー団体のプロレスリング・ノアへ参加する。丸藤正道の証言によると、ノア参加に伴い過去の実績を全て捨て、道場で受身や筋トレなど練習生並に過酷な基礎練習を行ったという。

2002年10月4日、試合中に右膝の靱帯を断裂し長期離脱を余儀なくされる。翌2003年8月23日に復帰。復帰時はトレードマークのアフロヘアーをやめていた。その後、池田大輔がノアを退団するが、ヨネはそのまま残留(池田は退団後もフリーとして継続参戦している)。

2005年3月5日、丸藤正道を破り第3代グローバル・ハードコア・クラウン王者となった。この頃から森嶋猛とタッグを組むことが多くなり、2005年10月28日、鈴木みのる&丸藤正道組よりGHCタッグ王座を奪取。

2008年9月、これまでGHCシングルへの挑戦は一度もなかったが、GHCシングルへ初めて挑戦。試合前から王者佐々木健介を奇襲、キン肉バスターを連発(そのうち一発は場外)して攻めたが、それでも王者を追い詰めることは出来ず、タイトル奪取はならなかった。

2009年初頭より、力皇猛金丸義信鈴木鼓太郎平柳玄藩らと新軍団であるDisobeyを結成した。

2009年12月6日、日本武道館にて、第18代GHCタッグ王者・佐々木健介&森嶋猛組とのタイトル戦で勝利。第19代タッグ王者となった。

また、同月には新日本プロレス真壁刀義の暴言に反応し、新日本プロレス 前橋大会で真壁刀義を襲撃。その後、ノアクリスマス興行で真壁刀義がヨネを襲撃、新日本プロレスの最大規模興行「レッスルキングダムIV IN 東京ドーム」の記者会見の会場で、方船の襲撃王として真壁刀義を再襲撃した。

2010年1月4日、新日本プロレスの最大規模興行「レッスルキングダムIV IN 東京ドーム」における新日本プロレスVSプロレスリング・ノア対抗戦に参戦。真壁刀義に敗れた。また同月にノアにて行われたグローバル・タッグ・リーグ戦2010に参加するも、タッグ王者でありながら優勝戦線に絡むことなく予選敗退し、優勝チームである高山善廣佐野巧真組に批判される。

2010年2月28日、日本武道館にて高山善廣・佐野巧真組とのタイトル戦を勝利し、初防衛を果たした。

2010年3月20日、後楽園ホール大会のメインイベントにおいてビッグマウス・ラウドビック村上臼田勝美組と対戦するが、終始場外での試合を繰り広げ、ノアでは珍しい無効試合となり、観客から大ブーイングを受ける。雪辱を期した2010年3月26日の千葉公園体育館で、GHCタッグ王座をかけてビック村上臼田勝美組と対戦、2度目の防衛を果たした。

2010年4月14日、大阪府立体育会館第二競技場で行われたGHCタッグ王座の3度目の防衛戦で、バイソン・スミス&キース・ウォーカー組に敗れ、王座から陥落した。

2010年11月には、Disobey加入を要請していた潮崎に断られてラリアットを喰らい(『哀しみのラリアット』事件)、潮崎が小川良成や元Disobeyの鈴木鼓太郎と組んだ潮崎軍と対立することとなる[1]

2011年2月、KENTAが新たにDisobeyに加入するが、翌月にKENTA・金丸・平柳が試合中に裏切りヨネを暴行。Disobeyから離脱し、新軍団を結成した(『哀しみの椅子攻撃』事件[1])。力皇は前年半ばから長期欠場中であるため、ヨネは孤立無援となった。裏切った3人とそれぞれ遺恨決着のシングル戦を行ったが、いずれも他メンバー加入・暴行による反則勝ちとなり、ヨネは3人から玩具呼ばわりされる羽目になった。4月に開催のグローバル・タッグ・リーグ戦2011には、互いにパートナー不在である杉浦貴とタッグを結成[2]。第3位となる。

2011年4月、『悲しみの椅子』事件以降、抗争を繰り広げていたKENTA・金丸・平柳の新ユニット「NO MERCY」と3番勝負を行い、平柳と金丸に勝利するも満身創痍だったこともあり、KENTAに敗北する。

6月11日、KENTAに再びシングルで対戦、初の断崖式キン肉バスターでKENTAをエプロン際に設置した机めがけて敢行する。するとKENTAがまさかの失神、レフェリーストップで勝利するという自身・観客共に不完全燃焼な展開で終了してしまった。

11月27日、ディスオベイのメンバー力皇猛が頚椎ヘルニアからの復帰が出来ないことを理由に引退。これに伴い、ディスオベイも解散となった。

2012年1月、丸藤正道杉浦貴の結成した新ユニット「丸藤軍」への加入を熱望するも、丸藤からは即決で断られ杉浦からはシングルマッチで適性試験を受けるも「保留」と判定され、加入できず。また、同月18日に行った谷口周平とのシングルマッチで谷口の串刺し式低空ドロップキックを受けた際に鼻を負傷するアクシデントとなった。

2012年2月14日、丸藤軍とNO MERCYのタッグマッチの最中、谷口周平が乱入して丸藤軍を強襲したのを見かね、ジャージ姿で丸藤軍に加勢する形となって乱入した為、試合は8人タッグマッチへと発展。谷口を後ろ回し蹴りからの片えび固めでフォールを奪い、この試合での奮闘振りを丸藤に認められ、念願の丸藤軍加入が決定した。

2012年2月19日、『ALL TOGETHER 〜もう一回、ひとつになろうぜ〜』では、キャプテン・ノアに扮し、キャプテン・ニュージャパン&キャプテン・オールジャパンと主要団体のキャプテン達が、勢ぞろいしトリオを結成し参戦した。

2013年7月7日、有明コロシアム大会でKENTAにGHCヘビー級王座への挑戦をアピール。場内は大ブーイングに包まれるも、旗揚げ記念日(2013年8月4日・ディファ有明)での挑戦が決定した。前哨戦では直下型キン肉バスターでKENTAからピンフォールを奪うなどしたが、タイトル戦当日はKENTAにgo 2 sleepで敗れた。

タイトル歴[編集]

GHCタッグ王座
第11代(防衛2回、&森嶋猛)、第13代(防衛0回、&森嶋猛)、第19代(防衛2回、&力皇猛)
GHC(グローバル・ハードコア・クラウン)無差別級王座
第3代(防衛3回)
グローバル・タッグ・リーグ戦2012
優勝:1回 &丸藤正道

得意技[編集]

キン肉バスター
漫画「キン肉マン」に登場するキン肉スグルの必殺技であるが、作者のゆでたまごからもお墨付きが出ている。ヨネは技を仕掛ける前、または落とすとき「キンニク!」といいながら落とす。
しかし、この技を返されると、後は手詰まりとなり、勝ちに結びつけられない事がほとんどである。
現在、彼一番の必殺技ではあるが、未だ自分より格上の相手(例:小橋、秋山、高山、健介、杉浦等)を仕留めた例は一度も無く、これを超える新しい必殺技の開発を望むファンの声もそれなりに多かったが、ヨネ本人はこの技に対して非常に強いこだわりを持っている。
2011年6月11日のKENTA戦ではエプロンに机を敷いて机めがけて断崖式を敢行し、失神に追い込んだ。
「夢で逢いたい」(直下型キン肉バスター)
キン肉バスターの改良版。通常のものとは違いコーナーに相手を乗せず、その場で持ち上げて一気に落とす。形はキン肉バスターよりも井上亘のスタガリンブローに似ている。通常のキン肉バスターに比べて大幅に隙が小さくなり相手は逃れにくくなる。ヨネの個人技としては最大の威力を誇る。
技の名前は歌手としてのデビューアルバム「夢で逢いたい」から命名された。[3]
2013年の8月4日にKENTAへのGHCヘビー級王座への挑戦が決まったことにより解禁し、前哨戦で幾度となくKENTAをこの技でKOし、2013年7月28日のタッグ戦では直接3カウントを奪った。
マッスル・ドッキング
丸藤とのタッグマッチで使われる必殺技。ヨネがキン肉バスターの態勢で相手を抱え上げたところにコーナーポストもしくはスワンダイブ式に丸藤が飛びついて叩き落す。
ダイビングギロチンドロップ
「行くぞ、オラ!」の掛け声と共にセカンドコーナーから行う場合と、フィニッシュ用にトップコーナーから行う場合がある。以前はかける前に「行きますよ、お客さん」と掛け声を発していた。
ローリング・サンダー
変型のフライング・ニールキック。
チン・ロック
相手の首を捻りながら、苦痛に歪んだ顔を四方八方に見せ付ける。特に「イケメン」と呼ばれるレスラーに対しては執拗なまでに技をかけ続ける。この技を使うと会場のあちこちから「ヨネ、こっち!」と声がかかり、ヨネがそれに応じることがお約束となっている。
ヨネロール
ラリアット
ハイキック

入場テーマ曲[編集]

プロレス以外の活動[編集]

テレビ朝日バラエティ番組いきなり!黄金伝説。」に出演。小原正子(クワバタオハラ)とともに大食いチャレンジをしながら全国を縦断する企画に出演した。

2006年には、同年公開の映画『力道山』に、豊登道春役で出演している。

2010年1月より、日本オリンピック委員会承認団体 日本レクリエーション協会加盟団体 国際カバディ加盟団体 日本カバディ協会公認 カバディ親善大使に就任、カバディの普及に努める。

2010年3月19日よりGREEにて公式ブログスタート。

2011年11月には東京都大田区池上に、自らがオーナーを務める飲食店「うまい肉と麺の店 ヨネ家」をオープンさせた[4]。その名の通りステーキラーメンが主力の店となっている。

カラーセラピストとしても活動するほか、愛玩動物飼養管理士2級など多くの資格を持つ。また、ゴルフ、テニス、スキューバダイビング、ビリヤードなど多趣味である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロレスリング・ノア『Navig.in March 2011 GREAT VOYAGE 2011 in Fukuoka』公式パンフレット
  2. ^ ベースボール・マガジン社『週刊プロレス』2011年4月6日号
  3. ^ “歌うレスラー”ヨネのGHC防衛プラン
  4. ^ 「うまい肉と麺の店 ヨネ家」オープンのお知らせ - プロレスリング・ノア 2011年10月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]