力道山 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
力道山
各種表記
ハングル 역도산
漢字 力道山
発音 ヨクトサン
ヨットサン
日本語読み: りきどうざん
2000年式
MR式
英題
Yeokdosan
Yŏktosan
Rikidozan:A Hero Extraordinary
テンプレートを表示

力道山』(りきどうざん)は、両国の共同製作、プロレスラー力道山を題材とした映画。韓国では2004年12月に公開され、日本では2006年3月より全国上映された。

多くの現役日本人プロレスラーが出演している。

キャッチコピーは日本人がいちばん 力道山を知らない

概要[編集]

力道山の伝記映画はこれまで幾つか製作されているが、本作では朝鮮人としての側面にスポットを当てた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 力道山元未亡人である田中敬子が率いる「力道山OB会」は一切関与せず、力道山の実子であるプロレスリング・ノア副社長、百田光雄が協力して出来た作品。そのため、橋誠潮崎豪らノアの若手選手が端役で出演する。中谷美紀演じる芸者・綾は、百田義浩・光雄兄弟の母親である京都の芸妓ではなく、力道山三人目の内縁の妻と言われている日本橋の芸者(百田兄弟の育ての親である)がモチーフになっている。百田兄弟やジャイアント馬場アントニオ猪木らは劇中では登場せず、百田光雄自身も出演していない。また、当時の日本プロレス界での主力だった吉村道明や力道山と交流のあった同郷の張本勲も登場しない。その反面大木金太郎は入門のシーンから随所に登場している。
  • この映画が製作・韓国上映された直後に橋本真也が死去。遺作となった。
  • 本人のエピソードや日本の戦中、戦後の情景が外国映画としては忠実に再現されているが、夫婦の情愛や在日朝鮮人としての苦悩をストーリーの本筋としたため、細部においては劇中、史実と変えられている部分があることが指摘されている[1](例としてキャバレーで刺され入院していたとき看病していたのが猪木ではなく大木金太郎であること等)。そのため、日本上映時には「史実を元に独自の解釈を加えて製作しており、事実と異なる場合がある」とのテロップがスタッフロールの最後に挿入された。
  • プロレスのシーンに関しては、地味なグラウンドの攻防が中心であった当時のプロレススタイルの再現ではなく、派手な大技の応酬という現在のプロレスファンに違和感のないスタイルが採用されている。そのため、実際には力道山の当時は存在しなかった技も飛び出す。船木誠勝によると力道山対井村戦の撮影の時、船木は自分へのダメージを考慮してか、当たっているように見せかけてダメージを受け流しつつシーンの撮影に望んだが、監督からそれをNGにされてしまい、本気での撮影を要求されたため、結局本気で戦うことになったと話している。
  • 二所ノ関部屋などのシーンは、広島県竹原市ロケが行われた[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]