キン肉バスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サモア・ジョーによるキン肉バスター(マッスルバスター)
落下時のキン肉バスターの体勢

キン肉バスター(キンにくバスター)は、ゆでたまごによる漫画キン肉マン』とその続編『キン肉マンII世』、およびそれらを原作としたアニメに登場する必殺技の名称。

作中では主に主人公キン肉マンキン肉万太郎が使用する。実際のプロレスでも用いられることがある。

頭上で逆さに持ち上げた相手の両腿を手で掴み、相手の首を自分の肩口で支える。この状態で空中から尻餅をつくように着地し、衝撃で同時に首折り、背骨折り、股裂きのダメージを与える。相手を逆さまに肩口に乗せるように抱え上げる体勢はブレーンバスターと似ているが、頭部や背部をマットに叩きつける投げ技であるブレーンバスターとは異なり、技の種類としては関節技に近い。キン肉マン自身「関節を痛めつける技」と発言した。

バリエーション[編集]

キン肉バスター(五所蹂躙絡み)
キン肉マンがプリンス・カメハメから伝授された48の殺人技の一つ。主な使い手はキン肉マンとその息子のキン肉万太郎。単独で使用する場合、キン肉マンは主にフィッシャーマンズスープレックス、万太郎はネックブリーカーの体勢から相手を持ち上げて技を掛ける。『キン肉マンII世』の冒頭においては、五所蹂躙絡み(ごところじゅうりんがらみ)の名称も与えられ、キン肉族の家宝となっている。
強靭な腰の力と肩・腕力が必要でテリー・ザ・キッドが使おうとした際、父親のテリーマンから「あれはキン肉族の強靭な筋肉があるからこそ出来る技」と説明されている。ただし『キン肉マン』「夢の超人タッグ編」や『キン肉マンII世』「究極の超人タッグ編」ではカメハメ(の霊)に師事したテリーマンも使用した[1]
この技が初めて使用されたのは超人オリンピック ザ・ビッグファイト決勝戦における対ウォーズマン戦であり、首折り・背骨折り・股裂りの三大技を集約した完璧な必殺技と評される。
実際には「首のフックが甘い」などの弱点があり、「首のフックをはずす(ネック・エスケープ)」や後述のバッファローマン版キン肉バスター破り・リベンジバスター[2]、遠心力で回転させて上昇し屋根に炸裂させる新・キン肉バスターなど、複数の返し技で破られている。この弱点を克服するために、キン肉マンやキン肉万太郎および彼らの好敵手であるアシュラマンスカーフェイスらが自分の技として取り込み、改良に挑戦している。その結果、様々なバリエーションが生み出された。
新キン肉バスター(ネオキン肉バスター)
「7人の悪魔超人編」の対バッファローマン戦で初使用。バッファローマン版・キン肉バスター破りで体勢を入れ替えられたキン肉マンが、「火事場の逆噴射」で回転し両手で上昇気流を起こすことで天井に着地する。
ダブル・キン肉バスター
  1. キン肉マンの必殺技。「7人の悪魔超人編」対バッファローマン戦で使用。新キン肉バスターとキン肉バスターを連続して掛ける荒業で、バッファローマンを含めた7人の悪魔超人との戦いに終止符を打つフィニッシュ・ホールドとなった。
  2. W・キン肉バスターとも表記。2人の対戦相手に同時にかける技。『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編』において、ブタ肉マンに扮したカオスが、人間である一等マスクとロビンマウスに対して使用。当時のカオスは「体重の軽い人間がタイミングよく乗っかってくれるから可能な技」(つまり、技をかけるのには相手の協力が必要)と語っていた。なお、TVアニメ版のED「キン肉マンボ」ではキン肉マンがキン骨マン・イワオに対して同様の技をかけていた。
  3. 後述のバスターバリエーションPART5も「究極の超人タッグ編」においてW(ダブル)キン肉バスターと呼ばれている。
口さけキン肉バスター
キン肉マンが「黄金のマスク編」対スニゲーター戦で使用。相手の両腿ではなく上顎・下顎を掴んで技をかけ、口を引き裂く。
サイドキン肉バスター
キン肉マンの技。「黄金のマスク編」の対悪魔将軍戦で使用。ロープの反動を利用して横方向に飛び、競技場の壁にぶつける。相手にロープを掴まれ、掛け手と受け手を逆転されることで返された。
アルティメット・スカー・バスター
スカーフェイスの必殺技。キン肉バスターの体勢から自分の両脚を跳ね上げ、相手の首を三角絞めのように捉えて落下する。首のフックが甘いという弱点を克服し、また三角絞めの効果を加えて首へのダメージも大きくなっている。完成度は高く、一部のキン肉バスターの回避技が通用しない。再生アシュラマンに破られるまで「バスター中のバスター」と注目され恐れられていた。
ターンオーバー・キン肉バスター
キン肉万太郎の必殺技。通常のキン肉バスターとは相手の体の向きを前後逆に入れ替えた状態で技をかける。
マッスル・G(-グラヴィティ)
キン肉万太郎の必殺技。相手を捉えて落下するまではキン肉バスターと同じだが、降下中に火事場のクソ力を発動させることにより、強烈なG(加重)が加わり、相手の身体が強風を受けたヨットの帆のように反り返る。その状態で相手の両腕も脚で挟み込んで着地する(その際、双方の身体でアルファベットの「G」を形作っている)。
その威力はキン肉バスターの三つの効果に加え、両腕と肋骨をへし折り、内臓にもダメージを与えるほど。後述のマッスル・エボルシオンの一部としてのマッスル・Gを見たテリーマンの感想は「キン肉バスターが極める五箇所(首・背骨・腰骨・左右の大腿骨)に加え肋骨と内臓を極める七個所極め」。
また、従来のキン肉バスターの弱点であった首からの脱出(そもそもロックする部位は首ではなく両腕)やバッファローマンやアシュラマン式の腕や脚を使うバスター破りも、不自然な体勢と強烈な重力のため行なえない。現時点では究極のキン肉バスターの進化系となっている。
阿修羅バスター(別名「トリプルキン肉バスター」)
アシュラマンの必殺技。6本の腕をフル活用して相手の両腿のみならず両腕・両足首まで完全にフックし、キン肉バスター返しやネオキン肉バスターに移行できないようにする。また、キン肉バスターの三要素に足首折りとチキンウイングアームロックも加わり、相手の四肢にもダメージを与える。しかし首のフックが甘い点はキン肉バスターと同様で、キン肉マン戦ではその弱点を突かれて回避された。
改良阿修羅バスター
アシュラマンの必殺技。「夢の超人タッグ編」の対ニュー・マシンガンズ戦でジェロニモに使用。阿修羅バスターの改良型で、従来の弱点である「首のロックの甘さ」を克服するため、一対の腕は相手の両腿ではなく頭を掴んで技をかける(着地時には冠の突起で相手の頭を串刺しにする)。
技の精度は上がったものの、相手の頭のロックに意識を集中してしまうため、威力が落ちていると『キン肉マンII世』で説明されている。
作中、技をかけた相手によって破られてはいない。奪ったカメハメの腕の妨害により失敗したことがあるのみ。
アルティメット・阿修羅バスター
再生アシュラマンの必殺技。阿修羅バスターのさらなる改良型で、6本の腕で相手の両腕・両腿・両足首を掴んだ上でアルティメット・スカー・バスターと同様に両脚を相手の首に絡めて落下する。上記のような精度や威力の低下といった弱点も克服された、阿修羅バスターの集大成ともいえる強力な技。現時点で一度しか破られていない。

タッグ技[編集]

マッスル・ドッキング
キン肉マンとキン肉マングレート(カメハメまたはテリーマン)によるタッグ技。「夢の超人タッグ編」宇宙超人タッグ・トーナメントでの対四次元殺法コンビ戦で初使用。空中で上方にいる側がキン肉バスター、下方の側がキン肉ドライバーをかけ、肩車の要領で合体し同体で落下する。破壊力はそれぞれの技を単体で決めた際の10倍ともされる。
バスターバリエーションPART5
キン肉マンとテリーマンのタッグ技。「夢の超人タッグ編」宇宙超人タッグ・トーナメント決勝戦(対ヘル・ミッショネルズ戦)で使用。1人の相手に対し、左右から2人がかりでキン肉バスターをかける。ビッグ・ザ・武道に対して使用し、その正体がネプチューン・キングであることを暴いた。
バスターバリエーションPART6
キン肉マンをはじめとする、バスター系の使い手同士によるタッグ技。ゲーム『キン肉マンジェネレーションズ』オリジナル技。掛け手はお互い背中合わせに立ち、相手2人の脚を片方ずつ持ってキン肉バスターをかける。
バスターズ・ドッキング
上記の技をWebコミック版の続編でネメシスとポーラマンが仕掛けた際に用いられた技名。
マッスル・コラボレーション
キン肉マンとキン肉万太郎のタッグ技。『キン肉マンジェネレーションズ』オリジナル技。キン肉マンがサイドキン肉バスター、万太郎がマッスル・ミレニアムを掛け、リング中央で合体する。
NIKU→LAP(ニク・ラップ)
万太郎とケビンマスクのタッグ技。「悪魔の種子編」の対ザ・デモリッションズ戦でボルトマンに使用。1人の相手に対して、万太郎のキン肉バスターとケビンのOLAPを同時にかける。
マッスル・エボルシオン
万太郎とカオス・アヴェニールのツープラトン。万太郎が1人の相手にマッスル・Gをかけ、カオスはもう1人にジャパニーズ・レッグクラッチホールドをかけてジャンプ。空中でカオスが万太郎を掴んでキング・ジャーマン・スープレックスをかけることで着地時の勢いをつける。一方、万太郎はカオスに自重を掛けることで相手の背中を強打させ、さらに脚のホールドの破壊力も倍増させる。
バスターズ・ドッキング
完璧・無量大数軍のネメシスとポーラマンのツープラトン。上記のバスターバリエーションPART6と同様、背中合わせで2人の相手にキン肉バスターを仕掛ける。劇中ではバッファローマンとスプリングマンに妨害された。

返し技[編集]

上記の通り、『キン肉マン』では様々な返し技が研究・開発されていたが、『キン肉マンII世』の時代では使い手であるキン肉マンやアシュラマンが第一線を退いたことにより、返し技も廃れてしまっていた。しかしキン肉万太郎やスカーフェイスといった新たな使い手の出現により再び返し技の復活・改良が進むようになる。

バッファローマン版・キン肉バスター破り(キン肉バスター返し、リベンジバスター)
バッファローマンが考案し「7人の悪魔超人編」の対キン肉マン戦で使用した。バッファローマンいわく「6」を「9」にする返し技。『キン肉マンII世』において、スカーフェイスとザ・ドゥームマンもこれを使用してキン肉バスターを破っている。
技にかけられている最中、フリーになっている両脚の反動を利用して上下の体勢を入れ替え、逆転する。ただし、この返し技を可能とするには、キン肉バスターを仕掛けている側の10倍の超人強度を必要とするという。
プラネットマン版・キン肉バスター&ネオキン肉バスター破り
プラネットマンが使用したキン肉バスター&ネオキン肉バスター破り。宇宙地獄を司るプラネットマンの能力により、周囲を宇宙空間にすることで着地するための地面や天井を無くし、技を無効化させる。
アシュラマン版・キン肉バスター破り(キン肉バスター破りNo.2)
アシュラマンが使用したキン肉バスター破り。技が決まる前にロックされていない腕を使い、マットに手を付いて着地の衝撃を防ぐ。
『キン肉マンII世』では万太郎のマッスル・Gもこの方法で破ろうとしたが、凄まじい加重を受け腕を動かせず失敗した。
アシュラマン版・新キン肉バスター破り(ネオキン肉バスター破り)
アシュラマンが使用。新キン肉バスターを破る技。上記と同様だが天井に手を付く。
キン肉マン版・キン肉バスター破り(阿修羅バスター破り)
対アシュラマン戦でキン肉マンが使用。ロックが不完全な首を引き抜いて脱出し、体を半回転させてパイルドライバーを仕掛けた。これにより阿修羅バスターを破ることには成功したが、自身のキン肉バスターも同じ方法で破れることを証明してしまった技でもある。
ネック・エスケープ・キン肉バスター破り
スカーフェイスが使用。万太郎にキン肉バスターをかけられた際、首のフックを抜き、パワーボムで返した。
ジェイド版キン肉バスター破り
Vジャンプ版でジェイドが使用。技を極める瞬間、左腕のシールドを丸ノコのように回転させ、胸を切り裂き脱出する。
サイドキン肉バスター破り
悪魔将軍が使用。ロープに掴まって技を無効化し、さらに反動を利用してサイドキン肉バスターを仕掛ける。
アルティメット・スカーバスター破り(キン肉万太郎版)
キン肉万太郎が使用。持ち上げられた後、首をロックされる前にリングの鉄柱を引き抜いて(同時にフェイントとして、鉄柱にしがみ付いて持ち上げられるのを防ぐように見せかけた)相手の脚の間に差し込み首のロックを防ぐ。
ターンオーバー・キン肉バスター破り
超人オリンピック決勝でケビンマスクが使用。元来のバスター破り同様、首のロックを外しジャーマン・スープレックスを極める。
アルティメット・スカーバスター破り(アシュラマン版)
アシュラマンが使用。天井のように伸びるジェネラル・リブにぶら下がって落下を防ぎ、さらに自らの歯を噛み砕いて頭の大きさを変え、三角締めから首を抜いて脱出。自分がアルティメット・阿修羅バスターをかける。
アルティメット・阿修羅バスター破り
キン肉万太郎が使用。首のロックを抜くのではなく、あえてさらに体を捻じ込み隙間を作ることで首の抑えを外し、火事場のクソ力で阿修羅バスター破りに持っていく(その後、マッスル・Gにつなぐ)。
アルティメット・スカーバスター破り(セイウチン版)
セイウチンが使用。首のへこみを隆起させ、足のフックを外し、首に噛みつく。
バスター・クラッシュ
万太郎がキン肉スグルに対して使用。キン肉バスターを極める寸前にチョークスリーパーをかけ、その体勢でコーナーポストに頭を叩きつける。

これらのように、キン肉バスターの使い手たちは返し技の名手でもある。ミートによるとバスター技の使用者は同時にバスター技の受身の名手でもあり、相手に技をかけられても通常よりダメージが低いという。

実際のプロレス技[編集]

オリジナル技はエル・マテマティコが編み出したメキシコ式の複合関節技の一種ラ・マテマティカである。いわゆるキン肉バスターの形で持ち上げて締め上げ各関節にダメージを与える。

日本ではサムソン冬木がメキシコ帰還後に持ち込んだサムソン・ストライカーが初となっている。マテマティコの状態から後方へ倒れ込むように投げる技であった。相手の頭部から背面に打撃を与える形はブレーンバスターの変形とも言える。こちらはマテマティカの型からジャンプせずに両膝をマットに着地する技である。

これらは漫画『キン肉マン』中でキン肉バスターが使われるよりも前に生まれている。ただし、作者のゆでたまごの嶋田隆司はTwitter上にて、(ラ・マテマティカが原型ではなく)オリジナル技であると発言をしている[3]

現在、日本のプロレスで使用されるキン肉バスターは、『キン肉マン』からの影響が強い。冬木が危険すぎると一時期禁じ手にしたという側面もある。ただし、漫画と同型で使おうとした場合、受ける側のみならず、かける側にも体の負担が大き過ぎるため、垂直に着地することは難しい。主な使い手としては気仙沼二郎(気仙沼落しの名で使用)[4]モハメド・ヨネ池田大輔大王QUALLTがあげられる。アメリカのプロレス団体TNAでもサモア・ジョーがマッスルバスターとして使用している。

特にモハメド・ヨネは「キン肉バスター」名称の使用にキン肉マンの原作者ゆでたまごの公認を貰っている。また丸藤正道とのグローバル・ハードコア・クラウン戦にて、マットから持ち上げ、尻餅で着地するという完全形に近いキン肉バスターを放ったことがあり、違いがあるとすればジャンプの高度だけである。しかし、彼は後に『キン肉マン 特盛』で「以前、試合でキン肉バスターを使ったら、(相手の)記憶が吹っ飛んでしまった」と語っている。

Aトレインは、相手を抱え上げてから後方に倒れ込むキン肉バスターを使用している。

2009年5月29日に行われたキン肉マニア2009のメインイベントでは、美濃輪育久とキン肉マンが交互にキン肉バスターを掛け合っている。美濃輪は相手を抱え上げてから膝で、キン肉マンは尻で着地しており、美濃輪のキン肉バスターは「掟破りの逆キン肉バスター」と呼ばれている[5]

他作品[編集]

『キン肉マン』以外の対戦型格闘ゲームプロレスゲーム作品でも、キン肉バスターやそのバリエーション技が名前を変えて登場する。ただしフォーム自体は異なる場合が多い。

キン肉バスター
SNKの『龍虎の拳2』では、モンゴル相撲の使い手・テムジンが「蒙古雷撃弾」の名前で使用する。
ADKの『痛快GANGAN行進曲』では、地下プロレスラーのシン・ジーナスが「ジーナス・バスター」の名前で使用する。
カプコンの『ストリートファイターEX』シリーズでは、スカロマニアスーパーコンボ「スカロドリーム」の一部として使用する。
ナムコの『鉄拳』シリーズでは、プロレスラーのキング(2代目)が「マッスルバスター」の名前で使用する。
SNKの『サムライスピリッツ』シリーズでは、柳生磐馬が「四肢破壊固め」の名前で使用する。
スパイクの『ファイヤープロレスリング』シリーズでは、「筋肉バスター」の名前で登場することがある。
コナミの『BATTLE CLIMAXX!』では、「マッスルバスター」の名前で登場する。
コーエーテクモゲームスの『真・三國無双6』では、黄蓋が「抜山蓋世撃」の名前で無双乱舞として使用する。
仮面ライダーウィザード25話では、仮面ライダービーストが(やや変形で技名は出してないが)使用した。
マッスル・ドッキング
鉄拳5』のキングのエンディングデモで、キングとクレイグ・マードックが使用する。キングがキン肉バスター、マードックがキン肉ドライバー(厳密にはパワーボム)をそれぞれ掛ける。作中に名前は登場しない。
バスターバリエーションPART5
カプコンの『ジャスティス学園』シリーズでは、ボーマン・デルガドをパートナーにすると「Wパワーバスター」として使用できる。ボーマンいわく、この技は48の組手をマスターすることで覚えることができる。
阿修羅バスター
ユークスの『封神領域エルツヴァーユ』では姫野翠が「不韻流 阿修羅」の名前で使用する。なお人間である彼女の腕は2本だが、この技をかける時のみ4本生えて6本腕になる。

NEEDLESS」や「ボボボーボ・ボーボボ」「Mr.FULLSWING」「銀魂」「神光援団紳士録」などの特に集英社の作品でパロディとして使われる。

脚注[編集]

  1. ^ マッスル・ドッキングに入るための技の一部として使用。
  2. ^ 37-164ページ
  3. ^ http://twitter.com/yude_shimada/status/27505213395
  4. ^ 沼二郎はヨネ原人時代からラ・マテマティカを必殺技としている。
  5. ^ 「キン肉マニア2009」に超人たちが集結! ケンコバやバッファロー吾郎、さらにはあの人も参戦した!?

関連項目[編集]