キン肉マン マッスルグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キン肉マン マッスルグランプリ』は、株式会社アキ(現シンソフィア)とバンプレストが共同開発し、バンダイナムコゲームスが発売した3D対戦型格闘ゲームのシリーズである。

概要[編集]

2006年の春、黄金期の『週刊少年ジャンプ』作品を高品質でアーケードゲーム化する作品シリーズの一環として登場。漫画キン肉マン』のストーリーを追体験したり、対戦モードで好きなキャラクターで闘える。それ以前に3作発売された『キン肉マン ジェネレーションズ』とは違い、純粋な3D格闘アクションになった。また、プロレス団体DRAGON GATEとのタイアップも行われている[1]

『キン肉マン』の続編である『キン肉マンII世』のキャラクターも登場。キャラクターによっては2Pカラーとして原作での別の姿が用意されている(ウォーズマン→クロエ、ラーメンマン→モンゴルマンなど)。キャラクター決定時のコールボイスはレニー・ハートが担当。

シリーズ[編集]

キン肉マン マッスルグランプリ(アーケードゲーム
2006年3月15日より稼動。
キン肉マン マッスルグランプリMAX(PlayStation 2
2006年7月27日発売。『マッスルグランプリ』の移植作だが、キャラクターの大幅追加などのアレンジが施されている。
キン肉マン マッスルグランプリ2(アーケードゲーム)
2007年6月21日より稼動。『マッスルグランプリ』の続編。
キン肉マン マッスルグランプリ2 特盛(PlayStation 2)
2008年9月25日発売。『マッスルグランプリ2』の移植作。さらに『キン肉マン マッスルタッグマッチ』と『キン肉マン キン肉星王位争奪戦』が同時収録されている。

基本操作とシステム[編集]

(以下の例はキャラクターが右を向いているときである)

十字キーと、打撃・組み技・必殺技・防御の各ボタンで構成されている。十字キーを右か左に2回押すことによりダッシュ可能。上と下で手前・奥移動となる。

体力ゲージのほかにテンションゲージ(最高9本)が存在し、必殺技を使用する際には一定のテンションゲージを必要とする。

特殊操作や防御法[編集]

必殺技
十字キー、もしくはニュートラル+必殺技ボタン。テンションゲージを必要とする強力な技。追加コマンドにより連続技を繋いでいける技もある。
超必殺技
特定のコマンド+打撃+組み技ボタン(PS2版はキーコンフィグで1つのボタンに割り当てることも可能)。テンションゲージを9本使う強力な技。各キャラクターが2つずつ持っている。またダメージは低いが相手のテンションゲージを0にすることができる技もある。
打撃かわし
相手の打撃に合わせ→+防御ボタン。
組み弾き
相手の組み技に合わせ←+防御ボタン。相手の組み技を弾き、テンションゲージを1本減らすことができる。
ハンマースルー
相手が近くにいるとき←+投げボタン。相手をロープに投げ、自分側に跳ね返らせる。
カウンター投げ技
ハンマースルー後、タイミングを合わせて投げボタン。ハンマースルーで飛んできた相手を投げる。
テンションゲージため
→←+必殺ボタン。必殺ボタンを押している間その場に立ち止まり、テンションゲージを溜める。
受け身
相手に吹き飛ばされた時、着地寸前に防御。

クソ力[編集]

相手からのダメージを受けて体力が25%以下になり体力ゲージが点滅すると、キャラクターはクソ力を発揮してパワーアップする。操作キャラクター選択時に「クソ力選択」でどのタイプを選ぶか選択できる。PS2版のストーリーモードでは固定されている。

攻撃重視
体力ゲージが青色に点滅。攻撃力が1.4倍になる。
防御重視
体力ゲージが緑色に点滅。防御力が1.3倍になる。
火事場のクソ力
体力ゲージが赤色に点滅。テンションゲージ増加量が1.5倍になる。

真・火事場のクソ力[編集]

『マッスルグランプリ2』以降では上記のクソ力効果に加え、試合中に打撃・組み・必殺の3ボタンを同時押しすることで、キャラクターがクソ力を発揮してパワーアップする。発動中はテンションゲージを消費し、テンションゲージが尽きると効果終了(ゲージ1本につき約1カウント)。また、テンションゲージがMAXの時に発動すると、通常よりもさらに強力な効果を得ることができる。発動中の効果は3種類あるタイプごとに異なり、操作キャラクター選択時に「クソ力選択」でどのタイプを選ぶか選択可能。なお、効果終了後はタイプに因らず、ラウンド終了までテンションゲージの蓄積速度が半減する。

攻撃重視
ほとんどの通常打撃がキャンセル可能になる。テンションMAX時は一部の打撃がガード不能化。
防御重視
弱よろけ誘発技でよろけず、それ以外の打撃を受けても全て弱よろけにする。また、投げを喰らっても必ず体力がぎりぎり残り、止めを刺されることがない(打撃技を受けたり、投げ技でも元々体力がぎりぎりしかない状況では倒される)。テンションMAX時は中よろけ誘発技でもよろけなくなる。
火事場のクソ力
全ての必殺技がテンションゲージ量を消費せず出し放題になり、さらに必殺打撃がキャンセル可能になる。テンションMAX時は超必殺技も際限なく出し放題になる。

キン肉マン マッスルグランプリ[編集]

キン肉マン マッスルグランプリ
キン肉マン マッスルグランプリMAX
ジャンル 3D対戦型格闘ゲーム
対応機種 SYSTEM256
PlayStation 2
開発元 アキ
バンプレスト
発売元 バンプレスト(アーケード)
バンダイナムコゲームス(PS2)
人数 1 - 2人
メディア DVD-ROM
発売日 2006年3月15日(アーケード)
2006年7月27日(PS2)
売上本数 66,283本(PS2)[2]
テンプレートを表示

ゲーム内容[編集]

(※以下はPlayStation 2版のみの紹介)

アーケード
アーケードと同じようにプレイ。
バーサス
2人用の対戦。
ストーリー
『キン肉マン』ゲームシリーズ初となるストーリーモード[3]。7人の悪魔超人編・黄金のマスク編をフルボイスで完全再現。
選択・試合展開により原作とは異なる展開もある[4]
トーナメント
様々なトーナメントに参加し、優勝を目指すモード。各トーナメントの参加メンバーは一定のテーマに従って選出されており、特定の大会で優勝すると隠しキャラクターと戦えるシークレットマッチが行われる場合もある。
チャレンジトーナメント
4人で参加するトーナメント。
マッスルトーナメント
8人で参加するトーナメント。
アルティメットトーナメント
16人で参加するトーナメント。
団体戦
5 VS 5(対戦、1P VS CPU、CPU VS 2P、観戦)の団体戦で闘うモード。
サバイバル
1Pで現れる相手を次々と倒していくモード。勝利数によりサバイバルゲージが増加し、その量によって隠しキャラクターが使用できるようになる時がある。
オプション
難易度やコントローラ配置ダメージ設定などの変更ができる。

登場キャラクター[編集]

名前横はキャッチコピー。下はカラーバリエーション。

『キン肉マン マッスルグランプリ』登場キャラクター[編集]

全16名。『マッスルグランプリ2』では3Pカラーや4Pカラーが追加されているキャラクターもいる。

キン肉マン“全日本牛丼愛好会会長”
  • 1Pカラー、『マッスルグランプリ2』3Pカラー:赤タイツ&リングシューズ(アニメ標準スタイル)
  • 2Pカラー:キン肉族の戦闘スタイル“奇跡の逆転ファイター”
  • 『マッスルグランプリ2』1Pカラー“KIN”コスチューム(王位争奪編でのコスチューム)
    • 48の殺人技の1つ「風林火山」は連続入力することで再現され、最後をキン肉バスターに変更することも可能。オナラも通常必殺技・超必殺技として使用可能。
テリーマン“テキサスの荒馬”
  • 1Pカラー:金髪、青タイツコスチューム(アニメ標準スタイル)
  • 2Pカラー:2代目キン肉マングレート“カメハメの意思を継ぐ者”
  • 3Pカラー:銀髪、赤タイツコスチューム(原作カラー)
  • 4Pカラー:金髪、青タイツ、バッファローマンから借りた腕[5]
    • 威力よりもスピード重視で設定されている。パンチ系の通常打撃はフック気味でリーチは短い。超必殺技の「カーフブランディング」「テキサスクローバーホールド」はいずれもテキサス・コンドルキックからの連続攻撃となっている。「スピニング・トーホールド」は、足払いからの連続入力となっており、原作の対ロビンマスク戦のシーンを再現している。対ザ・魔雲天戦で見せたロープ際の反則攻撃「ダーティーファイト」、滞空時間の長い「全身全霊をかけたブレーンバスター」も使用可能。
ロビンマスク“仮面(ペルソナ)の貴公子”
  • 1Pカラー:銀色の鎧、肌色の肌(原作カラー)
  • 2Pカラー:青い鎧と肌(アニメカラー)
  • 3Pカラー:マスク額部と鎧無し(対ジャンクマン戦より)[5]
    • 必殺技は「ロビン・スペシャル」「タワーブリッジ」の他、連続技「ロビンマスク死のコース(ペンデュラム・バックブリーカー〜超人ロケット〜連続串刺し攻撃)」、「逆タワーブリッジ」「ファイヤータービン」「ユニコーンヘッド」「ロープワーク・タワーブリッジ」などが使用可能。
ラーメンマン“男は黙って残酷ラーメン”
  • 1Pカラー:白武道着(原作カラー)
  • 2Pカラー:モンゴルマン“超人界の救世主(メシア)”
  • 3Pカラー:緑武道着(アニメカラー)
  • 4Pカラー:救世主(メシア)“超人界の救世主(メシア)”(7人の悪魔超人編でのスウェット姿)[5]
    • 中国拳法の独特の動きで、多彩な連続技を繰り出せる。原作の対ブロッケンマン戦で使用した残虐技、足払い〜つま先立ち〜中国拳法の嵐〜キャメルクラッチは連続入力で再現されている。
ウォーズマン“ファイティング・コンピューター”
  • 1Pカラー:黒と茶色の肌(原作カラー)
  • 2Pカラー:クロエ“漆黒の脳細胞”(『キン肉マンII世』より)
  • 3Pカラー:黒と灰色の肌(アニメカラー)
    • 「サマーソルトキック」「コルバタ」「ブン投げ」「ストームエルボー」などが使用可能。ベアークロー技は「ベアークロー」「ストレートベアークロー」「スクリュードライバー」、原作の対ペンタゴン戦で使用した「ベアークローフィニッシュ」、対バッファローマン戦での「二刀流スクリュードライバー」の5種。ウォーズマンの必殺技パロ・スペシャルも通常の掛け方に加え、股抜きスライディングからの連続入力、超必殺技として顔面をマットに叩きつける「パロスペシャル ジ・エンド」の3種がある。
ブロッケンJr.“誇り高きゲルマン戦士”
  • 1Pカラー:緑色の軍服(原作カラー)
  • 2Pカラー:紺色の軍服(アニメカラー)
  • 3Pカラー:帽子・制服無し(対ザ・ニンジャ戦より)[5]
    • 通常打撃はパンチが無く手刀がメイン。代表技「ベルリンの赤い雨」は通常必殺に加え、超必殺の2連続「ベルリンの赤い雨」、8連続の「連撃ベルリンの赤い雨」がある。「キャメルクラッチ」「見よう見まねの順逆自在の術」も使用可能。「順逆順逆自在の術」はザ・ニンジャやソルジャーと異なり9ゲージを消費する。父ブロッケンマンの技「毒ガス」も必殺技に加えられている。
ウルフマン“超人相撲界の横綱”
  • 1Pカラー:通用コスチューム
  • 2Pカラー:相撲用まわし
    • 原作では使用するシーンの無かった、実在の相撲技を多く使用できる。
バッファローマン“1000万パワーの超人発電所”
  • 1Pカラー:通常コスチューム
  • 2Pカラー:サタンに支配されたVer.(対キン肉マン戦より)
  • 3Pカラー:脱かつら(対悪魔将軍戦より)[5]
    • パワーファイターらしく通常攻撃の威力が高いものの、動きは鈍重で連続攻撃のバリエーションは他キャラクターよりも極端に少ない。悪魔超人時代の技「悪魔霊術キズ移し」「悪魔殺法デビルシャーク」も使用可能。投げ技は「超人十字架落とし」が必殺技、「バッファローBOMB」「バッファロー雪崩落とし」が通常投げ扱いとなっている。
アシュラマン“魔界の王子(プリンス)”
  • 1Pカラー:肌色の肌、黄金のマスク編のコスチューム(アニメカラー)
  • 2Pカラー:青い肌、夢の超人タッグ編以降のコスチューム(原作カラー)
  • 3Pカラー:肌色の肌、奪った腕Ver.[5]
    • 「阿修羅バスター」の他、「阿修羅魚雷」「竜巻地獄」「阿修羅稲綱落とし」などの技がある。超必殺技には「改良阿修羅バスター」「阿修羅∞(無限大)パワー」があり、いずれも竜巻地獄からの連携で繰り出される。
サンシャイン“砂地獄の番人”
  • 1Pカラー:黄金のマスク編のデザイン
  • 2Pカラー:夢の超人タッグ編以降のデザイン“巨大なる砂の壁”
バッファローマン同様のパワーファイター。バージョンごとに使用する超必殺技が異なる。
ザ・ニンジャ“焦熱の日本忍者”
  • 1Pカラー:青い忍者着(原作カラー)
  • 2Pカラー:紫色の忍者着(アニメカラー)
攻撃力が低いものの、素早さを駆使した猛攻ができる。また飛び道具やカウンターも使用できる。
ペンタゴン“華麗なる四次元殺法の鳥人”
  • 1Pカラー:体が白
  • 2Pカラー:体が黒
ザ・ニンジャ同様のスピーディな攻撃ができ、超必殺技の中には相手を動けなくする「ストップザタイム」があり、一気に相手ライフを減らせる。
キン肉万太郎“最強の遺伝子を継ぐ者”
  • 1Pカラー:通常コスチューム
  • 2Pカラー:超人オリンピック編決勝戦でのコスチューム
父キン肉マン同様のスタンダードキャラクター。
ケビンマスク“難攻不落の鉄騎兵”
  • 1Pカラー:マスク・鎧が青
  • 2Pカラー:マスク・鎧が黒
平均的能力が高く、使いやすい。

下記の2人は後に追加されたキャラクター。

ベンキマン“全てを水に流す男”
  • 1Pカラー:原作デザイン
  • 2Pカラー:アニメデザイン(ベンキーマンVer.)
スピードはあるもののその他の性能は最低クラスである。必殺技の中には残りライフに関係なく相手をKOできる「七年殺し」がある。
悪魔将軍“悪魔超人最後の刺客”
  • 1Pカラー:銀色の鎧
  • 2Pカラー:ゴールドマン“悪魔に魂を売った闘争の神”(黄金のマスク+ダイヤモンドボディ)
全性能が使用キャラクターの中でも抜きん出て高い。

『キン肉マン マッスルグランプリMAX』登場キャラクター[編集]

上記の16人+17人の全33人。

ジェロニモ“根性なら誰にも負けねぇ”
  • 1Pカラー:黄色いタイツ(アニメカラー)
  • 2Pカラー:赤いタイツ(原作カラー)
攻撃力が低い。必殺技の中には自分の体力を回復させる「心臓マッサージ」がある。
ステカセキング“1000の体を持つ超人”
  • 1Pカラー:原作デザイン
  • 2Pカラー:アニメデザイン
超人大全集を再現した必殺技のレパートリーが多い。
ブラックホール“異次元からの刺客”
  • 1Pカラー:黒と赤のカラー
  • 2Pカラー:黒と白のカラー
平均的な性能を持っている。
ザ・魔雲天“超人山脈”
  • 1Pカラー:道着が白
  • 2Pカラー:道着が青
動作は遅いものの、攻撃力が高くロープ際で発動できる超必殺技「渾身のマウンテンドロップ」はゲーム中最大の威力を持つ。
ミスターカーメン“勝利を占うエジプトの怪超人”
  • 1Pカラー:金色のコスチューム(原作カラー)
  • 2Pカラー:オレンジのコスチューム(アニメカラー)
超必殺技に相手を動けなくさせる「怪光線」や、自分の体力を回復させる「ピラミッドパワー」がある。
アトランティス“水の魔術師”
  • 1Pカラー:緑色の肌
  • 2Pカラー:ネイビーブルーの肌
飛び道具が使用可能。
スプリングマン“伸縮自在のバネ超人”
  • 1Pカラー:体が銀色
  • 2Pカラー:体が金色
トリッキーな攻撃が特徴。
スニゲーター“ワニ地獄の変身(トランスフォーム)マスター”
  • 1Pカラー:緑色の肌
  • 2Pカラー:茶色の肌
連続入力式の必殺技が豊富。
プラネットマン“太陽系を支配する暗黒の力”
  • 1Pカラー:青い顔
  • 2Pカラー:緑色の顔(アニメカラー)
トリッキーな攻撃ができる。
ジャンクマン“血の海地獄のクラッシャー”
  • 1Pカラー:肌色の肌(原作カラー)
  • 2Pカラー:紫色の肌(アニメカラー)
必殺技のレパートリーが少ない。
テリー・ザ・キッド“テキサスの暴れ馬”
  • 1Pカラー:通常コスチューム
  • 2Pカラー:星条旗コスチューム
父テリーマン同様のスピードファイター。
ジェイド“緑の闘い人(グリーン・ケンファー)”
  • 1Pカラー:通常コスチューム
  • 2Pカラー:ヘルメットなし
ブロッケンJr.と同様の性能を持つ。
スカーフェイス“蒼白き脳細胞”
  • 1Pカラー:通常コスチューム
  • 2Pカラー:マフィア姿のオーバーボディ
パワーファイター。
チェック・メイト“不死身の超人”
  • 1Pカラー:服が赤基調
  • 2Pカラー:服が黒基調
平均的な性能を持つ。
イリューヒン“赤き死の飛行機(ママリオート)”
  • 1Pカラー:赤基調
  • 2Pカラー:水色基調
攻撃力が高い。
バリアフリーマン“戦慄のエロ核弾頭”
  • 1Pカラー:オムツが白でニルスが原作カラー
  • 2Pカラー:オムツが黄色でニルスがアニメカラー
スピードはあるものの攻撃力は低い。
キン肉マンソルジャー“悪を許さぬキン肉王家の長兄”
  • 1Pカラー:迷彩柄が繊細(原作カラー)
  • 2Pカラー:迷彩柄が簡素(アニメカラー)

主題歌・挿入歌[編集]

オープニングテーマ「炎のキン肉マン」
歌:串田アキラ / 作詞:森雪之丞 / 作曲:芹澤廣明 / 編曲:奥慶一
家庭用版では『キン肉マン』初代アニメのオープニングをCGで再現し、敵超人を悪魔超人たちに差し替えている。
エンディングテーマ「キン肉マン Go Fight!」
歌:串田アキラ / 作詞:森雪之丞 / 作曲:芹澤廣明 / 編曲:川上了
挿入歌
「奇跡のマッスル・ドッキング(M33-A)」
作曲、編曲:風戸慎介
「HUSTLE MUSCLE」
歌:河野陽吾 / 作詞:里乃塚玲央 / 作曲、編曲:渡部チェル

予約特典[編集]

ミート君貯金箱
今までのグッズに無い切り口で立体化。

キン肉マン マッスルグランプリ2[編集]

キン肉マン マッスルグランプリ2
キン肉マン マッスルグランプリ2 特盛
ジャンル 3D対戦型格闘ゲーム
対応機種 SYSTEM256
PlayStation 2
開発元 アキ
バンプレスト
発売元 バンプレスト(アーケード)
バンダイナムコゲームス(PS2)
人数 1 - 2人
メディア DVD-ROM
発売日 2007年6月21日(アーケード)
2008年9月25日(PS2)
テンプレートを表示

ゲーム内容[編集]

(※以下はPlayStation 2版のみの紹介)

アーケード
アーケードと同じようにプレイ。
トーナメント
前作とほぼ同一のモード。
コレクション
原作やアニメ通りのシチュエーションを再現して、アニメでのその場面を画像を集める。
プラクティス
技コマンドの閲覧や、連続技の練習ができる。
スペシャル
『キン肉マン マッスルタッグマッチ』と『キン肉マン キン肉星王位争奪戦』がプレイできる。
オプション
難易度やコントローラ配置ダメージ設定などの変更ができる。

前作では存在したバーサスモードが削除されたため、2人対戦するにはアーケードモードから乱入するしかなくなった。

登場キャラクター[編集]

名前横はカラーバリエーション。

『キン肉マン マッスルグランプリ2』登場キャラクター[編集]

上記の33人+6人の全39人。ネプチューンマンとビッグ・ザ・武道はタイムリリースキャラクター。

キン肉マンスーパー・フェニックス“知性溢れる天才超人”
  • 1Pカラー:顔のラインがピンク(原作カラー)
  • 2Pカラー:顔のラインが紫、額の紋章が蝙蝠(アニメでの超人閻魔との結託Ver.)
安定した性能を持つオーソドックスキャラクター。使用キャラクターの中では唯一、超必殺技を3種類持っている。
キン肉マンゼブラ“天使と悪魔が棲む技巧超人”
  • 1Pカラー:白と黒のカラー
  • 2Pカラー:灰色と黒のカラー“執念と憎悪の残虐ファイター”
使用キャラクターの中でも抜きん出た必殺技の多さを誇る。
キン肉マンマリポーサ“華麗なる飛翔超人”
  • 1Pカラー:赤いコスチューム(原作カラー)
  • 2Pカラー:紫色のコスチューム(アニメカラー)
相手の攻撃を受け流す必殺技「飛翔のテクニック」が使用可能。
キン肉マンビッグボディ“強力巨人”
  • 1Pカラー:ピンク色の肌
  • 2Pカラー:赤い肌
強力なパワーファイター。今まで謎だった技「メイプル・リーフ・クラッチ」が表現されている。本作最強の超必殺技を持つが体力は最低。
ネプチューンマン“完全無欠の完璧超人”
  • 1Pカラー:赤いコスチューム(原作カラー)
  • 2Pカラー:緑色のコスチューム(アニメカラー)
磁気を使った万能技を多く使う。
ビッグ・ザ・武道“死をも恐れぬ忠実なる兵隊”
  • 1Pカラー:白い鎧(原作カラー)
  • 2Pカラー:ネプチューン・キング“完璧超人の首領(ドン)”(アニメカラー)
  • 3Pカラー:赤い鎧(アニメカラー)
  • 4Pカラー:ネプチューン・キング(原作カラー)
ネプチューンマンと同じ性能を持っているが、スピードが遅い。

主題歌・挿入歌[編集]

オープニングテーマ「キン肉マンGo Fight!」
歌:串田アキラ / 作詞:森雪之丞 / 作曲:芹澤廣明 / 編曲:川上了
挿入歌
「奇跡のマッスル・ドッキング(M33-A)」
作曲、編曲:風戸慎介
「HUSTLE MUSCLE」
歌:河野陽吾 / 作詞:里乃塚玲央 / 作曲、編曲:渡部チェル
「ズダダン!キン肉マン」
歌:鈴木けんじ
エンディングテーマ
「キン肉マンGo Fight!」→「ズダダン!キン肉マン」→「奇跡のマッスル・ドッキング」→「HUSTLE MUSCLE」の順。

脚注[編集]

  1. ^ キン肉マン マッスルグランプリPS2版公式サイト・ニュース
  2. ^ 『ファミ通ゲーム白書2007』 エンターブレイン2007年、395頁。ISBN 978-4-7577-3577-4
  3. ^ キン肉マン マッスルグランプリPS2版・ゲームモード
  4. ^ 試合会場へ向かう超人を任意で選ぶ、問いかけに原作と違う反応をするなど。
  5. ^ a b c d e f 『マッスルグランプリMAX』ではストーリーモードのデモシーンのみ登場。

外部リンク[編集]