ミノワマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミノワマン
基本情報
本名 美濃輪 育久
通称 超人
本能のリアルプロレスラー
ザ・パンク
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1976年1月12日(38歳)
出身地 岐阜県羽島市
所属 誠ジム
→パンクラス東京道場
→パンクラス横浜
パンクラスism
→フリーランス
身長 175cm
体重 88kg
階級 ミドル級
スタイル プロレス
テーマ曲 One Minute In heaven
(Sunbeam)
テンプレートを表示

ミノワマン(男性、1976年1月12日 - )は、日本総合格闘家プロレスラー。本名・旧リングネーム:美濃輪 育久(みのわ いくひさ)。岐阜県羽島市出身。フリーランス。富山健康科学専門学校卒業。DREAMスーパーハルクトーナメント王者。

ニックネームは「本能のリアルプロレスラー」、パンクラス時代は「ザ・パンク」。赤いパンツがトレードマーク。ファンが喜ぶ試合をするのが身上で、格闘技の試合でパイルドライバーデスバレーボムを繰り出したこともある。

また無差別級での試合を多く行っておりボブ・サップチェ・ホンマンのような巨漢やギルバート・アイブルソクジュといった階級上の強豪選手相手に勝利を収めている。

来歴[編集]

1996年6月、第6回パンクラス入門テストを受けるが、不合格となる。その後、誠ジムに入門、剛竜馬の主宰する冴夢来プロジェクトに上がっていた。

1997年7月20日、誠ジム所属としてパンクラスでプロデビュー、ネオブラッド・トーナメントで3位となった。その後パンクラスに移籍し、1999年8月1日にはネオブラッド・トーナメントで優勝を果たした。パンクラスのリングではセーム・シュルト菊田早苗DEEPのリングでは田村潔司らと対戦した。

2003年4月にパンクラスを退団し、フリーに。8月にはブラジルのブラジリアン・トップチームでトレーニングするなど武者修行を行う。2003年9月19日、ブラジルのジガンティーニョ・ジムナジウムで開かれた第1回ブラジルスーパーファイトにおいてシウマウ・ホドリゴと対戦。2R3分1秒、バックを取られながらも膝十字固めを極め一本勝ち。現地で「東洋の神秘」と絶賛される。

PRIDE参戦[編集]

2003年12月31日、PRIDE初参戦となったPRIDE 男祭り 2003のオープニングファイトでクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンと対戦し、膝蹴りでTKO負け。

2004年ヴァンダレイ・シウバ戦、ハイアン・グレイシー戦と連敗スタートもその後は山本喧一上山龍紀に連勝。大晦日のPRIDE 男祭り 2004で再びオープニングファイトに出場。ステファン・レコと対戦し、開始27秒ヒールホールドで一本勝ち。

2005年ギルバート・アイブルキモらと対戦。両試合ともに得意の足関節技で勝利した。またPRIDEウェルター級グランプリにも出場。1回戦で以前TKO負けを喫したフィル・バローニにリベンジを果たすも、2回戦でブラジル武者修行時の師匠であるムリーロ・ブスタマンチに敗れた。

2005年12月31日、PRIDE 男祭り 2005で、対戦を以前から熱望していた桜庭和志と対戦。チキンウィングアームロックでTKO負けを喫したが美濃輪は最後までタップしなかった。

2006年も継続してPRIDEに参戦。PRIDE 武士道 -其の拾-ではジャイアント・シルバをTKOで破った。5月5日の無差別級グランプリ開幕戦にも参戦。体重差約20kgのミルコ・クロコップと対戦するが、1分10秒でTKO負けを喫した。その後はバタービーンマイク・バートンなどに勝利。

2006年12月31日、PRIDE 男祭り 2006のオープニングファイトで田村と再戦。「超人になりたい」「『マン』を付けると強そうだから」とリングネームをミノワマンに変更。結果は田村にカウンターで横腹に膝蹴りを叩き込まれKO負け。

2007年7月23日、プロデビュー10周年を記念して「CMAフェスティバル2 美濃輪育久デビュー10周年記念大会」が開催され、メインイベントでホ・ミンソクと対戦。アンクルホールドによりミンソクの左足にダメージを負わせ、1R終了時にタオル投入によるTKO勝ち。入場時には、トップロープ越えのパフォーマンスを披露した。

2007年9月17日、HERO'Sに初参戦。ハレック・グレイシーと対戦予定であったが、ハレックの怪我の影響で、ヒクソン・グレイシーの門下生ケビン・ケーシーとの対戦に変更された。試合は、ケーシーが引き込んだグラウンドから再三脱出し、2R序盤でのパンチの打ち合いの中でミノワマンの右フックがケーシーのアゴをヒット、倒れたところにパウンドで追撃してTKO勝ち。

2007年10月28日、HERO'S KOREA 2007キム・ミンスと対戦。体格差を埋められず、左右のフック連打でTKO負け。試合後に拳を観客に向けて8回突き上げるパフォーマンスをキム・ミンスにやられてしまった。

2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!ズールと対戦。ズールの周りをグルグルと走り回り、時々ローキックを放っていくヒットアンドランアウェイ戦法を取る。100kg以上の体重差があるズールを背負い投げる場面もあったが、体格差を埋めることはできず、最後はパウンドを受けたところで、セコンドからのタオル投入によりTKO負け。試合前には「体重差・体格差によって強さは計れないことを証明する」と語っていた。

DREAM参戦[編集]

2008年3月15日、DREAM.1で韓国の元野球選手イ・グァンボムと対戦し、膝十字固めで一本勝ち。トレードマークであった赤パンツではなく黒パンツで試合を行った。

2008年4月29日、DREAM.2のミドル級トーナメント1回戦で金泰泳と対戦し、判定負け。

2008年9月23日、DREAM.6でかつての師匠船木誠勝と対戦し、踵固めで一本負け。

2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜で、同年K-1GPベスト4のエロール・ジマーマンとDREAMルールで対戦し、足首固めで一本勝ちを収めた。

2009年2月10日、DEEP&CMAファン感謝祭2009でかつての先輩・鈴木みのるとプロレスルールで試合し(初プロレス試合と発表されたが、冴夢来プロジェクト時代に経験済み)、17分31秒ゴッチ式パイルドライバーからの体固めで敗れる。

2009年4月5日、DREAM.8柴田勝頼と対戦。2R終了終盤にジャーマン・スープレックスを食らうなどして判定負けを喫した。

2009年5月26日、DREAM.9のスーパーハルクトーナメント1回戦でボブ・サップと対戦し、アキレス腱固めで一本勝ち。

2009年5月29日、キン肉マニア2009にてキン肉マンとプロレスルールで対戦。ブロッケンJr.の得意技である「ベルリンの赤い雨」やジェロニモの得意技である「トマホーク・チョップ」を繰り出し、挙句の果てにはキン肉マン自身の得意技である「キン肉バスター」を掟破りで使用するも、「火事場のクソ力」によってパワーアップしたキン肉マンのキン肉バスターを喰らっての体固めで敗れる。

2009年10月6日、DREAM.11のスーパーハルクトーナメント準決勝でチェ・ホンマンと対戦した。下馬評を覆し、踵固めで2R一本勝ち。大晦日の決勝戦に駒を進めた。

2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のスーパーハルクトーナメント決勝戦でソクジュと対戦し、3Rに左フック一撃でKO勝ち。スーパーハルクトーナメント優勝を果たし、「世界最強超人」の称号を手に入れた。

2010年3月22日、DREAM.13ジミー・アンブリッツと対戦し、足首固めで一本勝ち。5月29日、DREAM.14でイマニー・リーと対戦し、裸絞めで一本勝ち。

2010年9月25日、DREAM.16石井慧と対戦し、0-3の判定負けを喫した[1]

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜泉浩と対戦し、パウンドによるTKO負けを喫した[2]

2012年4月7日、Super Fight League 2アレキサンダー・シュレメンコと対戦し、膝蹴りでTKO負けを喫した。

2012年12月31日、INOKI BOM-BA-YE 2012でボア・ブラトブズと対戦し、ヒールホールドで一本勝ちを収めた。

人物[編集]

  • 試合中、対戦相手に対して「俺はプロレスラーだ!!」と叫んだり(ハイアン・グレイシー戦)、退場時に観客にいきなり「リアルプロレス知ってるか?」と質問を投げかけたりするなど、その特異な言動から「本能のリアルプロレスラー」とも呼ばれる(彼の奇行については後述)。プロレスラーを標榜するように総合格闘技の実戦でも、ドロップキックパイルドライバーキーロック、デスバレーボム、スパインバスターを繰り出している。
  • PRIDEに参戦するようになって以降、アップテンポな入場曲(Sunbeam "One Minute in Heaven")と、曲のリズムに合わせたテンションを上げるための仕草が名物となっている。
  • トップロープからリングインした後「ヨーソロー!」と叫ぶ。この言葉は長渕剛の曲「Captain of the Ship」から拝借したらしい。
  • 試合中に大声を出す癖がある。それはラウンド間のインターバル中であっても例外ではなく、セコンドと「キン肉マン!」「俺がプロレスラーだ!」などの掛け声をあげながら気合を入れる。
  • 試合に勝利した後は観客席に向かって「オイ!オイ!」と腕を突き上げながら掛け声を出す「S.R.F.8回」(スタンディング・リアル・フィスト8回)というパフォーマンスで人気を博している。ただし8回ではないことも多々ある。2005年の大晦日では試合には敗退したが、このパフォーマンスを控え室への帰り際に行った。
  • 打ちっぱなしのゴルフや壁当てのボール投げなど一風変わったトレーニングを行う。
  • 手ぶらで山篭りを敢行し遭難しかけ、持っていた携帯電話の明かりを頼りに下山した。
  • ミレニアム・コーナーというオリジナル必殺技を持つ。ハーフガードの状態で上になり、そこからパウンドを落としつつ相手を脚力でコーナーに押し込んでいく技である。初公開はPRIDE 武士道 -其の参-で行われたハイアン・グレイシー戦。
  • 専門学校時代、パンクした自転車で富山県から実家のある岐阜県まで帰省した逸話がある。
  • 女子アマチュアボクシング選手箕輪綾子は、同じ格闘家であり同姓である彼に強い親近感を抱いており、公式ブログ等でミノワマンというニックネームを使用している。なお、二人の間に血縁関係はない。
  • マーベラスエンターテイメントより発売されたPlayStation®3/Xbox 360®対応ソフト『NO MORE HEROS〜英雄達の楽園〜』の"宣伝部長"に選ばれた事がある[3]

キン肉マンの影響[編集]

キン肉マンへの強い憧れを常々公言している。「奇行」とも取れる彼の数々の言動からは、キン肉マンの影響が見て取れる。

  • インタビュー中に突然キン肉マンの話を始める。
  • キン肉スグルと同じ赤いパンツがトレードマーク。
  • 勝利後に謎のポーズをとる。
  • 試合前に河原・砂浜・山奥・富士山などで謎の特訓を行う。
  • 趣味を聞かれ「修行」と答える。
  • 砂浜で特訓中、上空を通った旅客機を突然追いかける。本人いわく「目の前の海がなければ勝てていた」とのこと。
  • 「超人になりたい」「『マン』を付けると強そうだから」と、リングネームをミノワマンに改名する。

ヘブン[編集]

  • 2005年以降は終わりなき「ヘブン」の追求を公言している。本人の弁では、ヘブンには「スーパーヘブン」「ウルトラヘブン」と更なる超越の領域が存在するとのこと。なお、桜庭戦では「スーパーヘブン」に到達できたらしい。
  • 試合前に「今回のテーマ」と称して不思議なコメントを残す。(「春風」「Go to summer」「追い風ダッシュ」「-爆風-20代最後の挑戦」「スプリングヘブン」等)
  • 「ヘブンに到達するまでの特訓」をフジテレビジャンクSPORTSで明かした際、司会の浜田雅功から「お前はアホか」と呆れられていた。
  • 2006年11月16日、美濃輪は関東学院大学・金沢八景キャンパスで講演会を行い、「リアル」「新型」「最先端」「超人」「遺伝子完全体超」「脳内外革命」、そして「ヘブン」についての講演を行った。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
103 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
59 9 41 9 0 8 0
36 13 7 16 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× パク・ジョンギョ 1R 4:42 KO(左ストレート) ROAD FC 15 2014年5月31日
ヨーラン・ウルフ 1R 2:26 裏アキレス腱固め INOKI GENOME FIGHT 1 2014年4月5日
澤田敦士 1R 3:47 TKO(サッカーボールキック) IGF INOKI BOM-BA-YE 2013 2013年12月31日
入江秀忠 5分2R終了 判定1-0 キングダムエルガイツ東京大会 〜KINGDOM SPIRIT2013〜
【DEEP初代ヘビー級王者決定戦査定試合】
2013年11月24日
キム・フン 1R KO(右フック) ROAD FC 13 2013年10月12日
× ソン・ヘソク 3R 0:55 TKO(スタンドパンチ連打) ROAD FC 11 2013年4月13日
ボア・ブラトブズ 1R 3:18 ヒールホールド INOKI BOM-BA-YE 2012 2012年12月31日
ユク・ジンス 1R 4:59 キムラロック ROAD FC 9: Beatdown 2012年9月15日
× アレキサンダー・シュレメンコ 1R 2:20 TKO(膝蹴り) Super Fight League 2 2012年4月7日
土屋茂樹 1R 1:16 アームロック GLADIATOR 30 2012年3月11日
× ケンドール・グローブ 5分3R終了 判定0-3 ProElite: Grove vs. Minowa 2012年1月21日
デブ・クマル・ギミレ 1R 1:20 腕ひしぎ十字固め GLADIATOR 27 2011年12月18日
ユ・ヨンウ 1R 2:55 アームロック GLADIATOR 25 2011年10月30日
バル・ハーン 1R 4:39 袈裟固め DREAM.17 2011年9月24日
ジェイル・ゴメス 1R 0:49 フロントチョーク GLADIATOR 22 2011年8月14日
カルロス・トヨタ 5分3R終了 判定3-0 HEAT 18 2011年6月5日
× 泉浩 3R 2:50 TKO(パウンド) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜 2010年12月31日
キム・チャンヒ 1R 2:07 アームロック DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜 2010年10月24日
× 石井慧 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.16 2010年9月25日
イマニー・リー 1R 4:16 裸絞め DREAM.14 2010年5月29日
ジミー・アンブリッツ 2R 2:42 足首固め DREAM.13 2010年3月22日
ソクジュ 3R 3:29 KO(左フック) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜
【スーパーハルクトーナメント 決勝】
2009年12月31日
チェ・ホンマン 2R 1:27 踵固め DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦
【スーパーハルクトーナメント 準決勝】
2009年10月6日
ボブ・サップ 1R 1:15 アキレス腱固め DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【スーパーハルクトーナメント 1回戦】
2009年5月26日
× 柴田勝頼 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.8 ウェルター級グランプリ2009 開幕戦 2009年4月5日
エロール・ジマーマン 1R 1:01 足首固め Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日
× 船木誠勝 1R 0:52 踵固め DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 2008年9月23日
ドン・フライ 1R 3:56 膝十字固め 日韓親善国際格闘技大会 GLADIATOR 2008年8月16日
× 金泰泳 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2008年4月29日
イ・グァンボム 1R 1:25 膝十字固め DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦 2008年3月15日
× ズール 3R 2:13 TKO(タオル投入) K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!! 2007年12月31日
× キム・ミンス 1R 3:46 TKO(スタンドパンチ連打) HERO'S KOREA 2007 2007年10月28日
ケビン・ケーシー 2R 0:42 TKO(右フック→パウンド) HERO'S 2007 〜ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦〜 2007年9月17日
チェ・スンヒョン 1R 1:41 アームロック HEAT 4 〜MEGA BATTLE HEAT from Nagoya〜 2007年8月11日
ホ・ミンソク 1R終了時 TKO(タオル投入) CMAフェスティバル2 美濃輪育久デビュー10周年記念大会 2007年7月23日
× 田村潔司 1R 1:18 KO(サッカーボールキック) PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU- 2006年12月31日
マイク・バートン 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の十三- 2006年11月5日
バタービーン 1R 4:25 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の十二- 2006年8月26日
バク・ヒョンガップ 1R 0:17 アキレス腱固め CMAフェスティバル 日本対韓国 全面対抗戦 2006年5月24日
× ミルコ・クロコップ 1R 1:10 TKO(パウンド) PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦
【無差別級GP 1回戦】
2006年5月5日
ジャイアント・シルバ 1R 2:23 TKO(グラウンドの膝蹴り) PRIDE 武士道 -其の拾- 2006年4月2日
デイブ・レゲノ 1R 2:21 アキレス腱固め Cage Rage 15: Adrenalin Rush 2006年2月4日
× 桜庭和志 1R 9:39 チキンウィングアームロック PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI- 2005年12月31日
× ムリーロ・ブスタマンチ 1R 9:51 TKO(サッカーボールキック) PRIDE 武士道 -其の九-
【ウェルター級トーナメント 準決勝】
2005年9月25日
フィル・バローニ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の九-
【ウェルター級トーナメント 1回戦】
2005年9月25日
キモ 1R 3:11 アキレス腱固め PRIDE 武士道 -其の八- 2005年7月17日
× フィル・バローニ 2R 2:04 TKO(踏みつけ) PRIDE 武士道 -其の七- 2005年5月22日
ギルバート・アイブル 1R 1:15 アンクルホールド PRIDE 武士道 -其の六- 2005年4月3日
ステファン・レコ 1R 0:27 ヒールホールド PRIDE 男祭り 2004 -SADAME- 2004年12月31日
上山龍紀 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 -其の伍- 2004年10月14日
山本喧一 1R 3:23 TKO(マウントパンチ) PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
エデュアルド・チュラコフ 1R 2:29 チョークスリーパー Gladiator Fighting Championship 2004 2004年6月26日
× ハイアン・グレイシー 2R(10分/5分)終了 判定1-2 PRIDE 武士道 -其の参- 2004年5月23日
× ヴァンダレイ・シウバ 1R 1:09 KO(パウンド) PRIDE 武士道 -其の弐- 2004年2月15日
× クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン 2R 1:05 TKO(グラウンドの膝蹴り) PRIDE 男祭り 2003 2003年12月31日
シウマウ・ホドリゴ 2R 3:01 膝十字固め Brazil Super Fight
【BSFミドル級チャンピオンシップ】
2003年9月19日
× ヒカルド・アルメイダ 5分3R終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年2月16日
佐々木有生 5分3R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年11月30日
× 田村潔司 5分3R終了 判定0-3 DEEP2001 6th IMPACT in ARIAKE COLOSSEUM 2002年9月7日
× 佐藤光芳 5分3R終了 判定0-2 パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年5月28日
百瀬善規 5分2R終了 判定0-1 パンクラス PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年3月25日
大久保一樹 1R 3:38 腕ひしぎ十字固め DEEP2001 3rd IMPACT X'mas in DIFFER ARIAKE 2001年12月23日
柴田寛 1R 2:28 TKO(ドクターストップ:額カット) パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年12月1日
× 菊田早苗 2R 4:30 TKO(ドクターストップ:額カット) パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR
【ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
2001年9月30日
秋山賢治 3R 2:52 フロントチョーク パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年7月29日
佐々木有生 3R 0:25 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年5月13日
× パウロ・フィリォ 5分3R終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年3月31日
ヒカルド・リボーリオ 5分3R終了 時間切れ DEEP2001 2001年1月8日
イズマイロフ・マゴメド 1:31 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年12月4日
× KEI山宮 10分+延長3分終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR
【ライトヘビー級ランキングトーナメント 決勝】
2000年9月24日
ブライアン・ガサウェイ 5:00 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR
【ライトヘビー級ランキングトーナメント 準決勝】
2000年9月24日
トニー・ロス 1:32 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR
【ライトヘビー級ランキングトーナメント Bブロック準決勝】
2000年7月23日
小島正也 1:43 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR
【ライトヘビー級ランキングトーナメント Bブロック1回戦】
2000年7月23日
ジョー・スリック 3R 2:02 TKO(レフェリーストップ:カット) UFC 25: Ultimate Japan 3 2000年4月14日
マッシブ・イチ 1:21 チョークスリーパー パンクラス PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年2月27日
クリス・ライトル 15分終了 時間切れ パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【パンクラチオンマッチ】
1999年12月18日
エイドリアン・セラーノ 11:38 ヒールホールド パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【パンクラチオンマッチ】
1999年10月25日
× セーム・シュルト 15分終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年9月18日
豊永稔 2:57 チョークスリーパー パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 決勝】
1999年8月1日
渡辺大介 4:28 三角絞め パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 準決勝】
1999年8月1日
高瀬大樹 7:59 三角絞め パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 1回戦】
1999年8月1日
× ジェイソン・デルーシア 10分終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年6月11日
渋谷修身 10分+延長3分終了 判定0-0 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年5月23日
山崎進 15分終了 時間切れ 大道塾「格闘空手 DREAM1999 THE WARS 5」
【パンクラチオンルール】
1999年4月8日
窪田幸生 10分終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年3月9日
石井大輔 10分終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年2月11日
渡辺大介 3:18 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年1月19日
長谷川悟史 2:43 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年11月29日
石井大輔 10分終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年10月26日
トラヴィス・フルトン 10分+延長3分終了 判定0-0 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年10月4日
× エヴァン・タナー 4:05 肩固め パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 1回戦】
1998年7月7日
窪田幸生 10分+延長3分終了 判定1-1 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年6月21日
エイドリアン・セラーノ 10分終了 判定(ポイント差) パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年6月2日
× 長谷川悟史 10分+延長3分終了 判定0-2 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年4月26日
× 長谷川悟史 延長R 1:10 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年1月16日
× ジェイソン・デルーシア 3:47 チョークスリーパー パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年12月20日
× 渋谷修身 10分終了 判定(ポイント差) パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年11月16日
× 伊藤崇文 6:34 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年10月29日
窪田幸生 10分+延長3分終了 判定1-0 パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年9月6日
× 近藤有己 5:13 アンクルホールド パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年8月9日
× 長谷川悟史 10分+延長3分終了 判定0-3 パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 準決勝】
1997年7月20日
ヘイガー・チン 2:24 膝十字固め パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 1回戦】
1997年7月20日
× 立石祐三 3分2R終了 判定 トーナメント・オブ・J '96
【1回戦】
1996年3月30日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ボビー・オロゴン 5分1R終了 ドロー GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK 2011年10月15日

獲得タイトル[編集]

  • パンクラス 第5回ネオブラッド・トーナメント 優勝(1999年)
  • BSFミドル級王座(2003年)
  • DREAM スーパーハルクトーナメント 〜世界超人選手権〜 優勝(2009年)

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]