DREAM.6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦
イベント詳細
シリーズ DREAM
主催 FEGTBS
開催年月日 2008年9月23日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全12試合
放送局 スカイパーフェクTV!PPV
TBS(地上波)
入場者数 20,929人
イベント時系列
DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦 DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦

DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦(ドリーム・シックス ミドルきゅうグランプリにせんはち けっしょうせん)は、日本総合格闘技イベント「DREAM」の大会の一つ。2008年9月23日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。

本大会では、ミドル級(84kg以下)グランプリのトーナメント準決勝、および決勝が行われた。

大会概要[編集]

ミドル級グランプリ[編集]

ミドル級グランプリ準決勝では、ゲガール・ムサシホナウド・ジャカレイが決勝進出を決め、決勝ではムサシがジャカレイに失神KO勝ちし、初代DREAMミドル級王者となった。

第9試合に勝利した秋山成勲が試合後のリングで大晦日の吉田秀彦との対戦をアピールした。直後の第10試合に勝利した青木真也は試合後のリングで秋山との対戦をアピールした。

試合結果[編集]

第1試合 ミドル級グランプリリザーブマッチ 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 アンドリュース・ナカハラ vs. 韓国の旗 ユン・ドンシク ×
2R 0:30 TKO(パウンド
ナカハラがリザーブ権を獲得。
第2試合 ミドル級グランプリ準決勝 1R10分、2R5分
オランダの旗 ゲガール・ムサシ vs. オランダの旗 メルヴィン・マヌーフ ×
1R 1:28 三角絞め
ムサシがミドル級グランプリ決勝へ進出。
第3試合 ミドル級グランプリ準決勝 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 ホナウド・ジャカレイ vs. クロアチアの旗 ゼルグ"弁慶"ガレシック ×
1R 1:27 腕ひしぎ十字固め
ジャカレイがミドル級グランプリ決勝へ進出。
第4試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 中村K太郎 vs. ブラジルの旗 アドリアーノ・マルチンス ×
2R終了 判定2-1
第5試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2R5分
ロシアの旗 セルゲイ・ハリトーノフ vs. アメリカ合衆国の旗 ジミー・アンブリッツ ×
1R 2:15 KO(パンチによるタップアウト)
第6試合 フェザー級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 山本篤 vs. 日本の旗 所英男 ×
2R終了 判定3-0
第7試合 ミドル級ワンマッチ(契約体重フリー) 1R10分、2R5分
日本の旗 船木誠勝 vs. 日本の旗 ミノワマン ×
1R 0:52 踵固め
第8試合 ウェルター級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 桜井"マッハ"速人 vs. 日本の旗 弘中邦佳 ×
2R終了 判定3-0
第9試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 秋山成勲 vs. 日本の旗 外岡真徳 ×
1R 6:26 腕ひしぎ十字固め
第10試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 青木真也 vs. アメリカ合衆国の旗 トッド・ムーア ×
1R 1:10 裸絞め
第11試合 セミファイナル ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2R5分
- オランダの旗 アリスター・オーフレイム vs. クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ -
1R 6:09 ノーコンテスト(アリスターのローブローによりミルコにドクターストップ)
第12試合 メインイベント ミドル級グランプリ決勝 1R10分、2R5分
オランダの旗 ゲガール・ムサシ vs. ブラジルの旗 ホナウド・ジャカレイ ×
1R 2:15 KO(下からの蹴り上げ)
ムサシがミドル級グランプリ優勝とともに、初代DREAMミドル級王者となる。

外部リンク[編集]