ゼルグ・ガレシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼルグ・"弁慶"・ガレシック
基本情報
本名 ゼルグ・ガレシッチ[1]
(Zelg Galesić)
通称 弁慶
クロアチアの妖刀
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 1979年2月16日(35歳)
出身地 プーラ
所属 チーム・トロージャン
ロンドン・シュートファイターズ
身長 188cm
体重 84kg
リーチ 183cm
階級 ミドル級ライトヘビー級
スタイル テコンドーキックボクシング空手
テーマ曲 Crowling (リンキン・パーク
テンプレートを表示

ゼルグ・"弁慶"・ガレシックZelg "Benkei" Galesić、男性、1979年2月16日 - )は、クロアチア総合格闘家プーラ出身。ロンドン・シュートファイターズ所属。テコンドー黒帯。

テコンドーの元王者であり、多彩な蹴り技を生かして変則的な打撃で攻めるストライカータイプの選手である。親日家として知られ、日本では「弁慶」のニックネームで呼ばれる。

来歴[編集]

10歳でテコンドーを始め、ITFテコンドーのヨーロッパ王者に3度、世界王者に2度、ITFフルコンタクトテコンドーの世界王者に2度なった。

2006年12月9日、Cage Rage 19でマーク・ウィアーと対戦し、開始50秒でパウンドでKO勝ちし、第2代Cage Rage英国ミドル級王者となった。

2007年4月8日、PRIDE初参戦となったPRIDE.34瀧本誠と対戦し、チキンウィングアームロックで一本負け。

2007年9月17日、HERO'Sに初参戦。ユン・ドンシクと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け。

2007年10月28日、HERO'S KOREA 2007金泰泳と対戦。試合序盤に放ったハイキックで金の右目をカットし、ドクターストップによるTKO勝ち。

2008年4月29日、DREAM.2のミドル級トーナメント1回戦でマゴメド・スルタンアクメドフと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。6月15日、DREAM.4の2回戦で金泰泳と再戦し、右肘脱臼によるTKO勝ち。9月23日、DREAM.6の準決勝でホナウド・ジャカレイに腕ひしぎ十字固めで一本負け。

2009年10月25日、DREAM初のケージ開催となったDREAM.12桜庭和志と対戦し、膝十字固めで一本負けを喫した。この試合から所属がロンドン・シュートファイターズとなった。

2011年9月17日、Bellator FC初参戦となったBellator 50のミドル級トーナメント1回戦でアレキサンダー・シュレメンコと対戦し、スタンドのギロチンチョークで一本負けを喫した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 9 2 0 0 0 0
7 1 6 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× アッティラ・ベグ 1R 1:00 リアネイキドチョーク Bellator 71
【ライトヘビー級トーナメント 1回戦】
2012年6月22日
ダグ・マーシャル 1R 0:34 KO(跳び膝蹴り) Super Fight League 3 2012年5月6日
× アレキサンダー・シュレメンコ 1R 1:55 ギロチンチョーク Bellator 50
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2011年9月17日
リー・チャドウィック 1R 2:40 KO(パンチ) OMMAC 9: Enemies 2011年3月5日
× 桜庭和志 1R 1:40 膝十字固め DREAM.12 2009年10月25日
× ホナウド・ジャカレイ 1R 1:27 腕ひしぎ十字固め DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦
【ミドル級トーナメント 準決勝】
2008年9月23日
金泰泳 1R 1:05 TKO(右肘脱臼) DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd Round
【ミドル級トーナメント 2回戦】
2008年6月15日
マゴメド・スルタンアクメドフ 1R 1:14 腕ひしぎ十字固め DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2008年4月29日
金泰泳 1R 0:36 TKO(ドクターストップ) HERO'S KOREA 2007 2007年10月28日
× ユン・ドンシク 1R 1:29 腕ひしぎ十字固め HERO'S 2007 〜ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦〜 2007年9月17日
× 瀧本誠 1R 5:40 チキンウィングアームロック PRIDE.34 2007年4月8日
マーク・ウィアー 1R 0:50 KO(パウンド) Cage Rage 19: Fearless
【Cage Rage英国ミドル級タイトルマッチ】
2006年12月9日
ジェームス・ニコル 1R 2:02 TKO(パウンド) Cage Rage 18: Battleground 2006年9月30日
カーティス・スタウト 1R 1:10 腕ひしぎ十字固め Cage Rage 17: Ultimate Challenge 2006年7月1日
マイケル・ホームズ 1R 1:41 TKO(パウンド) Cage Rage 15: Adrenalin Rush 2006年2月4日
ジョン・フレミング 1R KO(パンチ連打) Urban Destruction 2 2005年7月30日
× ポール・テイラー 3R 1:42 TKO(パンチ連打) Urban Destruction 1 2005年4月10日
ジム・ベントリー 1R 1:16 KO(パンチ) Ultimate Combat 11: Wrath of the Beast 2004年9月12日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ガレシック」は英語読みであり、クロアチア語読みでは「ガレシッチ」が近い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マーク・ウィアー
第2代Cage Rage英国ミドル級王者

2006年12月9日 - 2007年8月

次王者
マット・エウィン