弘中邦佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
弘中 邦佳
基本情報
本名 弘中 邦佳
通称 逆輸入メジャーリーガー
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1976年6月17日(38歳)
出身地 山口県
所属 SSSアカデミー
アカデミア・アーザ
→マスタージャパン
身長 176cm
体重 70kg
階級 ウェルター級
ライト級
スタイル 柔道ブラジリアン柔術
テーマ曲 Perere (Ivete Sangalo)
テンプレートを表示

弘中 邦佳(ひろなか くによし、男性、1976年6月17日 - )は、日本総合格闘家山口県出身。マスタージャパン主宰。柔道弐段、ブラジリアン柔術黒帯。現修斗世界ウェルター級王者。元CAGE FORCEライト級王者。

自衛隊仕込みの足腰の強さと、柔道、柔術仕込みの極めの強さを持つ。総合格闘技のメジャーリーグUFCにレギュラー参戦したことから、DREAMでは「逆輸入メジャーリーガー」というキャッチコピーが付けられている。

来歴[編集]

10歳から柔道を始め、鹿屋体育大学卒業後は自衛隊に入隊し、社会人柔道で全国ベスト8の成績を残した[1]

2001年7月29日、第1回東日本アマチュア修斗選手権のミドル級トーナメントに出場。決勝で菊地昭に判定負けし、準優勝となった。同年9月24日、第8回全日本アマチュア修斗選手権のミドル級トーナメントに出場。またもや決勝で菊地に敗退し、準優勝となった[2]

2001年10月23日、プロ修斗デビュー。

2002年11月15日、修斗で徳岡靖之に判定勝ちし、ミドル級新人王を獲得した。

2002年12月4日、修斗でニック・ディアスと対戦し、判定勝ち。

2003年2月6日、修斗のメインイベントでジョン・レンケンと対戦予定であったが、レンケンが前日計量で76kg契約を4kgオーバーし、当日体調不良を原因に試合がキャンセルされた[3]

2004年11月28日、COPA reversal 2004で青木真也と柔術マッチで対戦し、跳びつき腕ひしぎ十字固めで一本負け。フィニッシュの腕ひしぎ十字固めで肘を脱臼した。

2005年11月6日、因縁の青木と修斗で再戦するも、青木に下からの三角絞めで固められ、青木の鉄槌で左眉付近をカットし、TKO負け。

2006年4月21日、Rumble on the Rockヘナート・ヴェリッシモと対戦し、パウンドでTKO勝ち。

2006年5月26日、グラップリング大会「LA SUB X」でジャン・ジャック・マチャドと対戦し、ポイント判定勝ち。日本人として初めてジャン・ジャック・マチャドから勝利を挙げた。

UFC[編集]

2006年10月14日、UFC初参戦となったUFC 64ジョン・フィッチと対戦し、判定負け[4]

2007年4月5日、UFC Fight Night: Stevenson vs. Guillardでフォレスト・ペッツと対戦し、3-0の判定によりUFC初勝利を挙げた[5]

2007年9月19日、UFC Fight Night: Thomas vs. Florianチアゴ・アウベスと対戦し、TKO負け[6]

2008年4月19日、UFC 83ジョナサン・グレと対戦し、TKO負け[7]。この試合はファイト・オブ・ザ・ナイトに選ばれた。2連敗となりUFCからリリースされた(UFC通算戦績1勝3敗)。

UFCリリース後[編集]

2008年7月21日、DREAM初参戦となったDREAM.5宮澤元樹と対戦し、ドクターストップでTKO勝ち。

2008年8月3日、和術慧舟會山口支部主催「グラップリングトーナメント2008 強者III」85kg以下級および無差別級に出場し、どちらも優勝を果たした。

2008年9月23日、DREAM.6で憧れの選手であったという桜井"マッハ"速人と対戦するも、判定負け。

2009年4月25日、CAGE FORCE 10のメインイベントでマーカス・ドナヒューとの対戦が決まっていたが、ドナヒューが規定体重をクリアできなかったため試合は中止となり、失格勝ちとなった[8]。ライト級への階級変更のため、17kgの減量を行っていた。

2009年5月24日、ZST初参戦となったZST.20で小谷直之と対戦し、変形ネックロックで一本勝ち。

2009年9月、自らが代表を務めるジム「MMAスタジオ MASTER JAPAN」がオープン。

2009年9月12日、CAGE FORCEのライト級王座決定戦で児山佳宏と対戦し、左フックでKO勝ちを収め王座を獲得した。

2009年10月25日、1年1か月ぶりのDREAM参戦となったDREAM.12パーキーと対戦。1R終了時にパーキーが左目の視界不良を訴えタオルを投入し、TKO勝ちとなった。

2010年2月13日、初参戦となったシュートボクシングで黒木信一郎と対戦し、KO勝ちを収めた。

2010年3月22日、DREAM.13菊野克紀と対戦し、右フックでKO負け。

2010年10月3日、初参戦となったパンクラスのメインイベントで北岡悟と対戦し、フロントチョークで一本負けを喫した[9]

2010年11月21日、地元・山口県で開催されたDEMOLITION WEST II in YAMAGUCHIのメインイベントで西方清信と対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収めた[10]

2011年2月19日、2度目の参戦となったシュートボクシング「SHOOT BOXING 2011 act.1 -SB166-」で元プロボクシング日本ミドル級王者鈴木悟と対戦し、1Rに右フックで2度目のダウンを奪われたところでレフェリーストップによるTKO負けを喫した[11]

修斗復帰[編集]

2011年4月29日、5年半ぶりの参戦となった修斗中蔵隆志と対戦し、2-0の判定勝ち。試合後「今日は引退を掛けて戦った」と告白し号泣した。

2011年7月18日、修斗世界ウェルター級チャンピオン決定戦で朴光哲と対戦し、終始グラウンドでコントロールし3-0の判定勝ちを収め王座を獲得した。

2012年5月18日、修斗世界ウェルター級チャンピオンシップでジョヴァニ・ジニスと対戦し、パウンドでKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2012年12月24日、VTJ 1stでカーロ・プラターと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2013年9月29日、修斗世界ウェルター級チャンピオンシップで児山佳宏と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2013年11月16日、シュートボクシングボーウィー・ソーウドムソンと対戦し、右ストレートでKO勝ちを収めた。

2014年3月30日、PANCRASE 257でISAOと対戦し、3RTKO負け。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
32 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
23 7 7 8 1 0 0
9 6 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ISAO 3R 3:58 TKO(サッカーボールキック) パンクラス PANCRASE 257 2014年3月30日
児山佳宏 4R 3:42 腕ひしぎ十字固め 修斗 2013年第4戦
【修斗世界ウェルター級チャンピオンシップ】
2013年9月29日
カーロ・プラター 5分3R終了 判定3-0 VTJ 1st 2012年12月24日
ジョヴァニ・ジニス 1R 4:05 KO(パウンド) 修斗
【修斗世界ウェルター級チャンピオンシップ】
2012年5月18日
朴光哲 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTOR'S LEGACY 03
【修斗世界ウェルター級チャンピオン決定戦】
2011年7月18日
中蔵隆志 5分3R終了 判定2-0 修斗 修斗伝承2011 2011年4月29日
西方清信 1R 1:52 チョークスリーパー DEMOLITION WEST II in YAMAGUCHI 2010年11月21日
× 北岡悟 2R 4:22 フロントチョーク パンクラス PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年10月3日
× 菊野克紀 1R 1:26 KO(右フック) DREAM.13 2010年3月22日
パーキー 1R終了時 TKO(タオル投入:左目負傷) DREAM.12 2009年10月25日
児山佳宏 1R 4:27 KO(左フック) CAGE FORCE
【CAGE FORCEライト級王座決定戦】
2009年9月12日
永田克彦 1R 3:41 TKO(パウンド) CAGE FORCE 2009年6月27日
小谷直之 2R 1:43 変形ネックロック ZST.20 2009年5月24日
マーカス・ドナヒュー 失格 CAGE FORCE 10 2009年4月25日
× 桜井"マッハ"速人 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 2008年9月23日
宮澤元樹 1R 8:57 TKO(ドクターストップ) DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦 2008年7月21日
× ジョナサン・グレ 2R 2:07 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 83: Serra vs. St-Pierre 2 2008年4月19日
× チアゴ・アウベス 2R 4:04 TKO(膝蹴り) UFC Fight Night: Thomas vs. Florian 2007年9月19日
フォレスト・ペッツ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Stevenson vs. Guillard 2007年4月5日
× ジョン・フィッチ 5分3R終了 判定0-3 UFC 64: Unstoppable 2006年10月14日
ヘナート・ヴェリッシモ 2R 3:03 TKO(パウンド) Rumble on the Rock 9 2006年4月21日
ライアン・シュルツ 2R 1:40 腕ひしぎ十字固め MARS in 有明 2006年2月4日
和田拓也 1R 4:29 三角絞め D.O.G IV 2005年12月11日
× 青木真也 1R 2:10 TKO(左眉カット) 修斗 2005年11月6日
ラミュナス・コマス 5分2R終了 判定 Shooto Lithuania: Bushido 2004年11月20日
マーク・モレノ 1R 2:50 ネッククランク SuperBrawl 29 2003年5月9日
ニック・ディアス 5分3R終了 判定2-1 修斗 2002年12月4日
徳岡靖之 5分2R終了 判定3-0 修斗
【新人王トーナメント ミドル級 決勝】
2002年11月15日
楠勇次 2R 3:47 TKO(左眼負傷) 修斗 SHOOTO GIG EAST 10
【新人王トーナメント ミドル級 準決勝】
2002年8月27日
× 原弘文 1R 4:34 TKO(パンチ) 修斗 SHOOTO GIG EAST 09 2002年5月28日
中山徹 1R 3:10 三角絞め 修斗 TREASURE HUNT 02 2002年3月13日
大河内貴之 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG EAST 2001-06 2001年10月23日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× マルコス・ソウザ ポイント4-10 大阪夏の陣 '06 2006年6月4日
ジャン・ジャック・マチャド ポイント3-0 LA SUB X 2006年5月26日
時任拓磨 8分終了 ポイント Ground Impact 05 2004年9月19日
杉江"アマゾン"大輔 8分終了 ポイント5-0 Ground Impact 03 2004年3月7日
和田拓也 5分2R終了 判定40-40 The CONTENDERS 8 INFINITY 2003年5月25日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 菊地昭 3分2R終了 判定41-44 第8回全日本アマチュア修斗選手権
【ミドル級 決勝】
2001年9月24日
岡田廣明 4分1R終了 判定22-19 第8回全日本アマチュア修斗選手権
【ミドル級 準決勝】
2001年9月24日
カール・タイラー 4分1R終了 判定27-13 第8回全日本アマチュア修斗選手権
【ミドル級 2回戦】
2001年9月24日
ティモシー・ジャマティー 3:48 ヒールホールド 第8回全日本アマチュア修斗選手権
【ミドル級 1回戦】
2001年9月24日

柔術[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 青木真也 3:17 跳びつき腕ひしぎ十字固め COPA reversal 2004 〜FESTA DO JIU-JITSU〜 2004年11月28日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ボーウィー・ソーウドムソン 2R 2:14 KO(右ストレート) SHOOT BOXING GROUND ZERO TOKYO 2013 2013年11月16日
× 鈴木悟 1R 1:55 TKO(右フック) SHOOT BOXING 2011 act.1 -SB166- 2011年2月19日
黒木信一郎 2R 2:24 KO(3ダウン:パンチ連打) SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 開幕戦 維新-ISHIN- 其の壱 2010年2月13日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
廣田瑞人
第3代CAGE FORCEライト級王者

2009年9月12日 - 現在

次王者
N/A
前王者
ヴィラミー・シケリム
第11代修斗世界ウェルター級王者

2011年7月18日 - 現在

次王者
N/A