DREAM.16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DREAM.16
イベント詳細
シリーズ DREAM
主催 FEGCBC
開催年月日 2010年9月25日
開催地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市
会場 日本ガイシホール
開始時刻 15:00
試合数 全10試合
放送局 スカイパーフェクTV!
TBS(地上波)
イベント時系列
DREAM.15 DREAM.16 DREAM JAPAN GP 2011バンタム級日本トーナメント

DREAM.16(ドリーム・シックスティーン)は、日本総合格闘技イベントDREAM」の大会の一つ。

2010年9月25日愛知県名古屋市日本ガイシホールで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントではDREAMライトヘビー級王座決定戦が行なわれ、ゲガール・ムサシ水野竜也裸絞めで一本勝ちを収め、ライトヘビー級王座を獲得。ミドル級王座に続き、2階級制覇に成功した。

セミファイナルでは、ジェイソン・"メイヘム"・ミラー桜庭和志肩固めでタップアウト勝ち。桜庭は生涯初のタップアウト負けとなった[1]

大会3日前の9月22日に石井慧の参戦が発表され[2]ミノワマンと対戦。3-0の判定勝ちを収め、日本での初勝利となった。

石井参戦に当たって、ミノワマンとの対戦が予定されていた[3]ジェームス・トンプソンは、DREAM初参戦となった川口雄介との対戦に変更され、1-2の判定負けとなった。

出場予定であった山本"KID"徳郁は欠場となった[3]

試合結果[編集]

第1試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 川口雄介 vs. イギリスの旗 ジェームス・トンプソン ×
2R終了 判定2-1
第2試合 フェザー級(65kg契約)ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 石田光洋 vs. 日本の旗 西浦"ウィッキー"聡生 ×
2R終了 判定2-1
第3試合 フェザー級(65kg契約)ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 宮田和幸 vs. 日本の旗 リオン武 ×
2R終了 判定3-0
第4試合 フェザー級(63kg契約)ワンマッチ 1R10分、2R5分
ノルウェーの旗 ヨアキム・ハンセン vs. 日本の旗 所英男 ×
1R 2:48 三角絞め
第5試合 フェザー級(65kg契約)ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 小見川道大 vs. アメリカ合衆国の旗 コール・エスコベド ×
1R 2:30 アームバー
第6試合 フェザー級(64kg契約)ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 高谷裕之 vs. アメリカ合衆国の旗 チェイス・ビービ ×
1R 1:45 KO(左フック→パウンド)
第7試合 無差別級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 石井慧 vs. 日本の旗 ミノワマン ×
2R終了 判定3-0
第8試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 青木真也 vs. ブラジルの旗 マーカス・アウレリオ ×
2R終了 判定3-0
第9試合 セミファイナル ミドル級ワンマッチ 1R10分、2R5分
アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・"メイヘム"・ミラー vs. 日本の旗 桜庭和志 ×
1R 2:09 肩固め
第10試合 メインイベント DREAMライトヘビー級王座決定戦 1R10分、2R5分
アルメニアの旗 ゲガール・ムサシ vs. 日本の旗 水野竜也 ×
1R 6:10 裸絞め
※ムサシがライトヘビー級王座を獲得。

脚注[編集]

  1. ^ 【DREAM】石井慧が国内初勝利、桜庭和志は生涯初の一本負け! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月25日
  2. ^ 【DREAM】9・25石井慧が緊急参戦!国内2戦目の相手はミノワマン 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月22日
  3. ^ a b KID欠場…谷川氏「あきらめました」 スポーツナビ 2010年9月23日

外部リンク[編集]