川口雄介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川口 雄介
基本情報
本名 川口 雄介
通称 クラッシャー川口
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1980年8月14日(34歳)
出身地 秋田県秋田市
所属 BLUE DOG GYM
身長 184cm
体重 115kg
階級 メガトン級 (DEEP)
スタイル 柔道
テンプレートを表示

川口 雄介(かわぐち ゆうすけ、男性、1980年8月14日 - )は、日本総合格闘家秋田県秋田市出身。BLUE DOG GYM所属。元DEEPメガトン級王者。ベンチプレス200kg 国内ヘビー級最強と呼び声高い。

来歴[編集]

秋田経済法科大学附属高校では柔道でインターハイ・国体に出場し、国体では5位入賞となった。順天堂大学では1999年の全日本ジュニア柔道体重別選手権大会・男子100kg級3位となった[1]横田一則は順天堂大学柔道部の2年先輩にあたる。

テレビ朝日のバラエティ番組「銭形金太郎」に極貧格闘家として出演し、貧乏自慢で優勝した[2]

2007年4月、DEEP 29 IMPACTでプロ総合格闘技デビュー。以来DEEPを主戦場として活躍。

2008年に行われた第1回メガトンGPに出場。トーナメントを勝ち上がり初代メガトン級王座を獲得した[3]

2009年4月29日、M-1チャレンジのロブ・ブロートン戦でプロ初の敗北。

2009年10月10日、DEEPメガトン級タイトルマッチで誠吾と対戦し、タオル投入によるTKO勝ちで初防衛に成功した[4]

2009年12月19日、DEEP初のケージ大会となったDEEP CAGE IMPACT 2009ロキュー・マルチネスと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[5]

2010年5月7日、KSW 13でマリウス・プジアノフスキと対戦し、0-3の判定負けを喫した[6]

2010年8月1日、Club DEEP 八王子 IIで竹村光一と初挑戦となったキックボクシングルールで対戦し、TKO勝ちを収めた[7]

2010年9月11日、新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS VIII」でオスダミロフ・ティムールと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2010年9月25日、DREAM初参戦となったDREAM.16ジェームス・トンプソンと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた[8]。開催前日に参戦が発表されるほどの緊急参戦となった[9]

2011年1月8日、DEEPマカオ大会「DEEP MEYHEM IN MACAO」のDEEPメガトン級タイトルマッチで田澤和久と対戦予定であったが[10]、ケガにより王座を返上した[11]

2012年5月26日IGF(猪木ゲノムフェデレーション)に初参戦

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
15 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 6 0 6 0 0 0
3 1 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ピーター・グラハム 1R TKO(肘打ち) Xtreme MMA 3 2010年11月5日
ジェームス・トンプソン 2R(10分/5分)終了 判定2-1 DREAM.16 2010年9月25日
× マリウス・プジアノフスキ 5分2R終了 判定0-3 KSW 13: Kumite 2010年5月7日
ロキュー・マルチネス 5分3R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2009 第1部 2009年12月19日
誠吾 3R 1:27 TKO(タオル投入:右ローキック) DEEP 44 IMPACT
【DEEPメガトン級タイトルマッチ】
2009年10月10日
シリオ・ティエラ 5分2R終了 判定3-0 M-1 Challenge Netherlands 2日目 2009年8月16日
× ロブ・ブロートン 5分2R終了 判定0-3 M-1チャレンジ14 JAPAN 2009年4月29日
星龍 5分2R終了 判定2-0 DEEP 38 IMPACT 2008年8月2日
井上俊介 5分3R終了 判定2-1 club DEEP TOKYO 〜メガトンGP2008 FINAL〜
【DEEPメガトンGP 決勝】
2008年8月2日
小阪俊二 1R 0:45 TKO(タオル投入:パウンド) club DEEP TOKYO 〜メガトンGP2008 FINAL〜
【DEEPメガトンGP 準決勝】
2008年8月2日
馬場口洋一 1R 0:16 TKO(パウンド) club DEEP TOKYO 〜メガトンGP2008 SEMIFINAL〜
【DEEPメガトンGP 2回戦】
2008年5月24日
高原信好 1R 0:40 TKO(パウンド) club DEEP TOKYO 〜メガトンGP2008 OPENING ROUND〜
【DEEPメガトンGP 1回戦】
2008年3月29日
水口清吾 1R 2:07 TKO(レフェリーストップ) DEEP 32 IMPACT 2007年10月9日
IRO関 1R 1:06 TKO(スタンドパンチ連打) DEEP 31 IMPACT 2007年8月5日
フジヤマ 5分2R終了 判定2-0 DEEP 29 IMPACT 2007年4月13日

プロキックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× オスダミロフ・ティムール 3R終了 判定0-3 新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS VIII」 2010年9月11日
竹村光一 1R 1:05 TKO Club DEEP 八王子 II 2010年8月1日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会(男子) eJudo
  2. ^ 「銭形金太郎」優勝者が参戦 BoutReview 2007年4月12日
  3. ^ 【clubDEEP】まさにメガトン級のド迫力!川口雄介が肉弾戦制して初代チャンピオンに 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年8月2日
  4. ^ 【DEEP】メガトンファイトのド迫力に場内興奮!MIKUはWINDYを圧倒して12連勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年10月10日
  5. ^ 【DEEP】今成正和が珍しい複合関節技で一本勝ち!川口はグアムからの刺客を降す 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年12月19日
  6. ^ 【KSW】川口雄介&桜井隆多参戦のポーランド『KSW13』試合結果 格闘王国 2010年5月8日
  7. ^ 【ClubDEEP】地元・八王子のGozoはメインで辛勝!メガトン王者・川口はTKO勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月1日
  8. ^ 【DREAM】石井慧が国内初勝利、桜庭和志は生涯初の一本負け!(3) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月25日
  9. ^ 【DREAM】9・25川口雄介VSジェームス・トンプソンが追加!石井VSミノワマンは第7試合に 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月24日
  10. ^ 【DEEP】1・8初の海外進出、マカオ大会が決定!桜井隆多や石岡沙織ら出場 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月30日
  11. ^ 【DEEP】1・8川口雄介が王座返上、マカオで桜木裕司VS田澤和久の王座決定戦 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
2008年創設
初代DEEPメガトン級王者

2008年8月2日 - 2010年12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
田澤和久