マーカス・アウレリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーカス・アウレリオ
基本情報
本名 マルクス・アウレリオ・マルチンス
(Marcus Aurelio Martins)
通称 マキシマス (Maximus)
時空の達人
柔術マエストロ
柔術蟻地獄
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1973年8月18日(40歳)
出身地 セアラー州フォルタレザ
所属 アメリカン・トップチーム
→エリート・ミックスド・ファイターズ
身長 178cm
体重 70kg
階級 ライト級
スタイル ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

マーカス・アウレリオMarcus Aurelio、男性、1973年8月18日 - )は、ブラジル総合格闘家柔術家セアラー州フォルタレザ出身。エリート・ミックスド・ファイターズ所属。ブラジリアン柔術黒帯。

徹底した寝技重視のスタイルで試合の流れを掴む。その柔術センスから「柔術マエストロ」の異名を持つ。PRIDEでは、「小さなノゲイラ」、「時空の達人」のニックネームで呼ばれた。

ZST参戦時にはマーカス・アウレリロと表記されていた。

来歴[編集]

1995年、柔術大会においてホイラー・グレイシーに勝利する。総合格闘家としては2002年6月にデビュー。

2003年11月23日、ZST GP 開幕戦に出場。1回戦でタクミと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2004年1月11日、ZST GP 決勝大会において、準々決勝では今成正和に判定勝ち、準決勝ではレミギウス・モリカビュチス三角絞めで一本勝ち、決勝戦ではリッチ・クレメンティにTKOで勝利し、優勝。初代ZST GP王者になる。

2004年5月5日、ZST 5ではメインで小谷直之と対戦。両選手とも額をカットするなど激しい展開となった試合は、2R3分34秒に小谷の出血によりレフェリーストップ。試合後、PRIDE参戦を表明。この試合で事実上アウレリオはZSTを離れることになった。

2004年7月19日、PRIDE 武士道 -其の四-にてPRIDEに初参戦し、三島☆ド根性ノ助に判定負けを喫するも、その後は中村大介、中尾受太郎らに連勝する。

2006年4月2日、PRIDE 武士道 -其の拾-にて、PRIDE武士道の初代ライト級チャンピオン五味隆典から肩固めで一本勝ち(ノンタイトル戦であったため、王座移動なし)。同年11月5日、PRIDE 武士道 -其の十三-にて、五味隆典とライト級タイトルマッチで再戦したが、判定で敗れる。

2007年8月25日のUFC 74でUFC初参戦。クレイ・グイダと対戦し1-2の判定で敗れ、黒星デビューとなった。その後ルーク・コーディロライアン・ロバーツ相手に連勝するものの、タイソン・グリフィンエルメス・フランカには連敗を喫し、UFCから契約を解除された。

2009年8月29日、UFC復帰戦となったUFC 102エヴァン・ダナムと対戦し、1-2の判定負けを喫した[1]

2010年9月10日、Shine Fightsで行なわれた8人参加のライト級ワンナイトトーナメントに出場予定であったが、負傷を理由に欠場した[2]

2010年9月25日、DREAM.16青木真也と対戦し、0-3の判定負けを喫した[3]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
32 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
22 4 15 3 0 0 0
10 0 0 10 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ギャレット・グロス 1R 4:56 アームバー Warrior Fight 2012年11月29日
× ライル・ビアボーム 5分3R終了 判定0-3 ShoFight 20 2012年6月16日
マット・マクグラス 1R 3:38 アームバー JEG - MMA Live 1 2011年5月19日
× 青木真也 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.16 2010年9月25日
ニコ・プハッカ 2R 2:40 チョークスリーパー Fight Festival 27 2010年3月13日
ダニエル・アスペ 2R 2:37 チョークスリーパー Noche de Combat 1: Peru vs. American Top Team 2009年10月17日
× エヴァン・ダナム 5分3R終了 判定1-2 UFC 102: Couture vs. Nogueira 2009年8月29日
ジョーイ・ゴルシンスキー 1R 3:45 チョークスリーパー 5150 Combat: Rumble at the Rally 2009年6月27日
クリス・リゴーリ 2R 0:23 KO(パンチ) World Cagefighting Alliance: Pure Combat 2009年2月6日
× エルメス・フランカ 5分3R終了 判定0-3 UFC 90: Silva vs. Cote 2008年10月25日
× タイソン・グリフィン 5分3R終了 判定0-3 UFC 86: Jackson vs. Griffin 2008年7月5日
ライアン・ロバーツ 1R 0:16 腕ひしぎ十字固め UFC Fight Night 13 2008年4月2日
ルーク・コーディロ 1R 4:29 TKO(パウンド) UFC 78: Validation 2007年11月17日
× クレイ・グイダ 5分3R終了 判定1-2 UFC 74: Respect 2007年8月25日
× 五味隆典 2R(10分/5分)終了 判定1-2 PRIDE 武士道 -其の十三-
【PRIDEライト級タイトルマッチ】
2006年11月5日
× 石田光洋 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の十一- 2006年6月4日
五味隆典 1R 4:34 肩固め PRIDE 武士道 -其の拾- 2006年4月2日
中尾受太郎 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の八- 2005年7月17日
中村大介 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の六- 2005年4月3日
× 三島☆ド根性ノ助 2R(10分/5分)終了 判定1-2 PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
小谷直之 2R 3:34 TKO(カット) ZST 5 2004年5月5日
リッチ・クレメンティ 1R 0:40 ギブアップ ZST GP 決勝大会
【決勝】
2004年1月11日
レミギウス・モリカビュチス 1R 1:48 三角絞め ZST GP 決勝大会
【準決勝】
2004年1月11日
今成正和 5分2R終了 判定2-1 ZST GP 決勝大会
【準々決勝】
2004年1月11日
タクミ 1R 3:06 腕ひしぎ十字固め ZST GP 開幕戦
【1回戦】
2003年11月23日
ジェームス・ダン 1R TKO(タオル投入) Mass Destruction 12 2003年8月16日
× アントニオ・マッキー 5分2R終了 判定1-2 KOTC 27: Aftermath 2003年8月10日
ダーレル・スミス 1R 2:35 三角絞め HOOKnSHOOT: Absolute Fighting Championships 3 2003年5月24日
デイビッド・ガードナー 3R 4:13 腕ひしぎ十字固め USMMA 3: Ring of Fury 2003年5月3日
ジャスティン・ウィスニエフスキー 1R 1:14 腕ひしぎ十字固め HOOKnSHOOT: Absolute Fighting Championships 2 2003年3月28日
スコット・ジョンソン 1R 腕ひしぎ十字固め XFA 5: Redemption 2003年1月25日
ウォルター・マッコール 2R 2:45 三角絞め WEFC 1: Bring It On 2002年6月29日

獲得タイトル[編集]

  • ブラジリアン柔術ブラジル選手権(ブラジレイロ)黒帯レーヴィ級 2位(1998年)
  • ZST GP 優勝(2004年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]