浜田雅功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浜田 雅功
本名 濵田 雅功 (読み同じ)
ニックネーム はまちゃん
生年月日 1963年5月11日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県尼崎市[1]大阪府大阪市浪速区生まれ)
血液型 A型
身長 165cm
方言 大阪弁
最終学歴 日生学園第二高等学校
出身 NSC大阪1期生
コンビ名 ダウンタウン
グループ名 H Jungle with t
相方 松本人志
芸風 漫才コントツッコミ
立ち位置
事務所 吉本興業東京本社
活動時期 1982年 -
同期 トミーズ
ハイヒール
現在の代表番組 ごぶごぶ
浜ちゃんが!
過去の代表番組 ジャンクSPORTS
人気者でいこう!
作品 曲「WOW WAR TONIGHT
曲「チキンライス
配偶者 小川菜摘
親族 ハマ・オカモト(長男)
受賞歴
1984年 ABCお笑い新人グランプリ

浜田 雅功(はまだ まさとし、1963年昭和38年)5月11日 - )は、日本お笑い芸人俳優エッセイスト作家アーティスト司会者声優であり、お笑いコンビ、ダウンタウンツッコミ担当である。

吉本興業所属。身長165cm。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

大阪市北区大国町で、父・憲五郎、母・信子の間に生まれる。父は大阪万博にてソ連館のペンキ塗りを請け負っていたペンキ屋に勤めていた。幼稚園へあがる頃に尼崎市へ移る。それまでは芦屋市で家族で暮らしていた。放送作家高須光聖とは幼稚園時代からの付き合い。小学校時代に松本と出会う。

1979年三重県にある当時全寮制の日生学園高等学校(現在は日生学園第一高等学校)に入学し、2年次に開校にともない移動した全寮制の日生学園第二高等学校を卒業。高校卒業後の目標は特になかったため、父親の提案で競艇選手の試験を受けたが落第している。

吉本入り[編集]

1982年、小学校から中学校時代の同級生である松本人志を誘って吉本興業入り。同社の若手タレント養成所「吉本総合芸能学院(NSC)」第1期生となる。当初は「松本・浜田」というコンビ名であったが、その後改名により「ひとしまさし」「てるお・はるお」「ライト兄弟」を経て、現在のコンビ名「ダウンタウン」になった。

4時ですよーだ』(毎日放送)で関西地区での人気を不動のものにする。ほどなくして上京、『夢で逢えたら』(フジテレビ)などで人気を博し、全国区タレントとして広く名を知られるようになる。1990年前後にはウッチャンナンチャンとんねるずB21スペシャルらと共に「お笑い第三世代」として一大ブームを巻き起こした。その後、お笑いのみの活動にとどまらず、俳優声優歌手活動も精力的に行っている。現在ではピンでの司会業が増えている。

芸風[編集]

先輩でも臆することなく容赦なしにドツいたり、タメ口をきいたり、呼び捨てにしたりしてツッコミを入れる。本人によると、「初対面でもタメ口が、仲良くなれるコツ」[2]

浜田自身は、テレビ番組を見て良い仕事をしていると感じた後輩ツッコミ芸人に、矢部浩之名倉潤蛍原徹三村マサカズ天野ひろゆきトシ後藤輝基の7名を挙げている[3]

相方の松本は著書やインタビューで「浜田がいなかったらダウンタウンはメジャーな存在にはなっていないだろう」という内容の発言を何度も語っている。『プロフェッショナル 仕事の流儀』では「僕があいつの弔辞を読むよりあいつが僕の弔辞を読むほうが絶対いい。だからあいつには僕より1日も多く長生きしてもらわんとね」と述べた。

松本曰く、浜田は努力家。短気で、非常識なファンには激昂することが多くある。そのくせビビリ。松本が内緒で浜田が入っているトイレのドアを思い切り蹴ったら、中から「えぇ~…?」という細い声が聞こえた。あがり症で生放送中にも関わらず緊張のあまりえずいてしまったことがある。しかし、子煩悩で教育熱心としても有名。「浜田刑務所」と呼ばれるほどしつけが厳しいが、よく家族連れで遊んでいるのが目撃されている。休日には子供にせがまれるでもなく、自ら率先して遊びに連れて行っている[4]

作品[編集]

シングル[編集]

H Jungle with t
1stシングル。HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP小室哲哉が出演した際に浜田がお願いし実現したユニット。間奏とアウトロで松本のセリフ参加。
異例のミリオンセラーとなり、その年の紅白歌合戦に初出場、乱入が噂された松本人志は間奏中にGEISHA GIRLSで飛び入りした。
  • WOW WAR TONIGHT REMIXED(1995年5月24日)
上記楽曲のリミックス盤。
2ndシングル。
3rdシングル。本人主演の日本テレビ系ドラマ『竜馬におまかせ!』主題歌。事実上ラストシングル。
これまでの小室哲哉がプロデュースしたアーティスト等出演によるチャリティーソング。ワンフレーズを歌唱。
浜田雅功
奥田民生プロデュースによるシングル。JR東日本のCMで使われた。
Music Videoやテレビ出演には奥田も参加。
朝日放送人気者でいこう!」で企画されたソロシングル。
  • ラブレター(2012年11月20日*[5]
浜田が特集されたカルチャー雑誌「Swtich」Vol.30 No.12(2012年12月号)の付録CDとしてリリース。翌月に配信リリースされた。
作詞は放送作家で同級生の高須光聖、作曲・プロデュースは奥田民生
楽器演奏はベース以外は全て奥田が演奏しているが、ベースは「人の息子」とクレジットされており、浜田の長男・ハマ・オカモトが演奏している。
浜田雅功と槇原敬之
作詞:松本人志、作曲・プロデュース・コーラスを槇原敬之が担当。小室同様、「HEY!HEY!HEY!」に槇原敬之がゲスト出演した際、浜田が曲作ってとお願いしたのがキッカケで作られた。

アルバム[編集]

VHSビデオ[編集]

※全て未DVD化

  • MUSIC
    • H Jungle with t were born in 3.15,1995 (1995年5月24日) PV&ドキュメント。
    • GOING GOING HOME (1995年9月21日) PV&ドキュメント。
  • ゴルフ
    • 浜田雅功 勝つためのゴルフ (1995年) ゴルフレッスンビデオ第1弾。全1巻。
    • 浜田雅功のシングルGOLF Vol.1~6 (1997年) ゴルフレッスンビデオ第2弾。全6巻。
    • ゴルフ者でいこう! 1~6 (1999年) ゴルフレッスンビデオ第3弾。全6巻

DVD[編集]

  • 浜田雅功×横田真一のゴルフ新理論~あなたのスウィングは間違っていた!? ~ (2013年4月3日)
浜田がプロゴルファーの横田真一に学びながら、自分に一番合ったスイングを見つけるためのゴルフ教則DVD。トッププロの片山晋呉伊沢利光深堀圭一郎丸山茂樹が友情出演しているほか、ライセンス井本貴史どりあんずサカイスト酒井将芳ラフ・コントロール森木俊介チーモンチョーチュウ菊地浩輔も出演している。 

出演作品[編集]

浜田雅功個人での出演番組・作品を記載。ダウンタウンとしての出演番組・作品はダウンタウン出演の項目を参照。

バラエティ番組[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

  • ごぶごぶ(2007年 - 、毎日放送) - 月2回の放送、2012年4月3日から毎週火曜23:50 - 24:55に放送
  • 浜ちゃんが!(2008年 -、 読売テレビ
  • プレバト!! (2012年 -、毎日放送) - 2012年8月9日にスパモク!!枠内で「王様のチョイス! 〜使える芸能人は誰だ!?〜(TBSとの共同制作)」としてパイロット版が放送され、同年10月よりレギュラー放送が決定した。

単発番組[編集]

  • ジャンクSPORTS(2000年 - 、フジテレビ)- レギュラー放送(2000年 - 2010年)終了後、2011-2012年は秋の改編期特番として放送
  • 芸能人格付けチェック(2005年 - 、朝日放送) - 正月に放送
  • 超人気芸人ガチで大ゲンカ祭(2011年 -、毎日放送) - 元々はレギュラー放送されていた『イチハチ』(2009-2011年)での人気企画を2011年から年末特番として放送
  • 神がかりハプニング!プラチナ映像アワード (2013年 -、TBS)

過去[編集]

レギュラー番組[編集]
単発・特番[編集]
  • 夢見るタマゴ!熱血浜田塾(2002年 - 2004年・2006年 - 、NHK
  • ハンサム3(2005年、毎日放送
  • 世界の浜田プロジェクト(2005年、テレビ朝日)
  • THE CHAIR(2005年、TBS)
  • お年玉争奪!浜田雅功が堺正章と大新年会スペシャルin沖縄(2007年1月2日、読売テレビ)
  • 浜田雅功の新春太っ腹!スーパースターにお年玉あげちゃおうSP(2007年1月3日、関西テレビ
  • 浜田スーパー親子塾(2007年、テレビ東京)
  • 浜田警察24時 (2007年・2008年、読売テレビ)
  • 浜ちゃんの大新年会!キム兄の絶品料理争奪戦スペシャル(2008年1月2日、読売テレビ)
  • ダヴィンチの夢〜浜田未来科学研究所〜(2008年5月5日、NHK総合)
  • 浜田雅功が堺正章と!究極の食材で作る絶品料理食べまくりSP(2009年1月2日、読売テレビ)
  • U-15美少女限定!私たちは天使だ!教えて浜ちゃん芸能界で当てて親孝行するぞSP!! (2009年1月9日、毎日放送)
  • バラエティーニュース キミハ・ブレイク 「夢のシゴトにつく条件」(2009年5月19日、TBS)
  • 自分ギリギリやで!!祝!ダウンタウンの浜田雅功が初登場!テレビじゃ語らない超ギリギリ生トーク連発の2時間SP!(2009年7月30日、ニコニコ生放送
  • 冬だ!Xmasだ!コメントだ!不安だらけの13時間ぶっ通し生放送内 「自分ギリギリやで!!」 (2009年12月18日、ニコニコ生放送)
  • 涙のツボ〜私はこれで必ず泣いてしまいます〜(2010年7月2日、朝日放送)
  • 浜田探検部(2010年4月2日、日本テレビ)
  • あの有名番組で流れた TBSのニュース速報 今夜すべて大公開SP(2010年12月21日、TBS)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

海外アニメ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

関連書籍[編集]

  • おかえりっ! 浜田雅功ファミリーのできるまで(1996年、扶桑社ISBN 4594019420
    • 妻であるタレントの小川菜摘によるエッセイ。
  • HAMASHOの本(1999年、ワニブックス)ISBN 4847013050
    浜田と笑福亭笑瓶が出演した番組「HAMASHO」をまとめたもの。
  • エッ!そうくるかぁー(笑) 浜田家式お約束(2000年、扶桑社)ISBN 4594028888
    • 小川菜摘のエッセイ集第2弾。浜田があとがきを寄せている。

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式プロフィールより
  2. ^ 浜田雅功『読め!』光文社、1995年。
  3. ^ 雑誌「SWITCH」2012年12月号
  4. ^ INLIFE 男の履歴書 浜田雅功
  5. ^ 雑誌「SWITCH」2012年12月号(Vol.30 No.12)の付録

外部リンク[編集]