ステファン・レコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファン"ブリッツ"レコ
基本情報
本名 ステファン・レコ
通称 ブリッツ
欧州の稲妻
欧州最強の伊達男
K-1のトム・クルーズ
階級 ヘビー級K-1
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
誕生日 1974年6月3日(40歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
クレーフェルト
身長 187cm
体重 95~97kg(全盛期)
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

ステファン"ブリッツ"レコStefan "BLITZ" Leko、男性、1974年6月3日 - )は、ドイツクレーフェルト出身(現クロアチア国籍)のキックボクサーゴールデン・グローリー所属。ブリッツ(ドイツ語で稲妻の意)の異名を持つ。ブリッツヘアという独特のヘアスタイルがトレードマーク。

“稲妻”のニックネームの通り、鋭い右ストレートを最大の武器としており、高い技術と素早い打撃・フットワークを持つK-1屈指のスピードファイター。
ヘビー級としては小柄ながら体重差を苦にすることなく、スピードを活かしたテクニカルなファイトで活躍した。バックハンドブローやバックスピンキックなどの回転系の技も得意としている。

来歴[編集]

K-1時代[編集]

参戦初期から次世代を担う選手として期待され、モデルのような甘いマスクもあって「K-1のトム・クルーズ」とも呼ばれていた。ヘビー級トップクラスのスピードとテクニックを持ち味に、GP予選で優勝したりするなど、期待通りの活躍を見せてはいたが、トップファイターにはあと一歩及ばず、伸び悩んでいた。

しかし21世紀に入ってボクシング技術の向上を図り、所属ジムをマスターズジムからゴールデン・グローリーに移すなどした事が実を結んだのか実力を発揮し始め、ピーター・アーツレミー・ボンヤスキーアレクセイ・イグナショフマイク・ベルナルドフランシスコ・フィリォらK-1トップファイターから白星を挙げ、快進撃を続けた。

2000年10月9日、K-1 WORLD GP 2000 in FUKUOKAのトーナメント1回戦でアンドリュー・トムソンに右ローキックでKO勝ち。しかし右拳骨折のためマイク・ベルナルドとの準決勝を辞退した。

2000年12月10日、ジェロム・レ・バンナの欠場により、12月10日の決勝トーナメントに急遽参戦。1回戦でフランシスコ・フィリォと対戦し、判定負けを喫した。

2001年6月24日、K-1 SURVIVAL 2001 〜K-1 JAPAN GP 開幕戦〜のスーパーファイトでジェロム・レ・バンナと対戦。中盤までは互角の展開で進み、4Rにハイキックでダウンしたがすぐに立ち上がりバンナを攻め立て4・5Rは押し気味に試合を進めた。フラッシュダウンが響き判定負けとなったが、後半はレコが押していたため高い評価を得ることとなった。

2001年8月11日、K-1 WORLD GP 2001 in LAS VEGASのGP予選トーナメントにて、ジェフ・ルーファスを2RKO、セルゲイ・イバノビッチを2RKO、ピーター・アーツを3RKOと、3試合連続KO勝ちで優勝。特に決勝戦ではピーター・アーツから2度ダウンを奪い、最後は右ストレート一発でノックアウト勝ちを収めて優勝。K-1 WGP 2001のベスト8進出を決めると共にトップクラスであることを証明した。このアーツ戦はレコの試合前の煽りVTRで必ずと言っていいほど紹介され、レコ本人も生涯のベストバウトとしてこの試合を挙げている。

2001年12月8日、K-1 WORLD GP 2001 FINALの準々決勝でアーネスト・ホーストと対戦。2Rにレコがローキックを打った際にホーストのパンチがヒットしたため、レコが後ろに倒れすぐ何事も無く立つも審判にダウンと判断される。レコはダウンではないとアピールするが結果は覆らず。試合は最後まで互角の展開となったが、ダウンのポイント差により判定負けを喫した。

2001年12月8日、K-1 WORLD GP 2001 FINALにて、負傷したホーストの代わりに準決勝でマーク・ハントと対戦。1R早々にダウンを奪われると、2Rにも直前のホースト戦のような展開で再度ダウンを奪われ、判定負けを喫した。

2002年8月17日、K-1 WORLD GP 2002 in LAS VEGASのスーパーファイトでレミー・ボンヤスキーと対戦し、レミーを完封し判定勝利を収めた。

2002年10月5日、K-1 WORLD GP 2002 開幕戦でアレクセイ・イグナショフと対戦。判定勝利を収めGP FINALへと進出した。

2002年12月7日、K-1 WORLD GP 2002 FINALの決勝トーナメントの準々決勝でマーク・ハントと対戦。3Rにハントの左フックを受けてKOで敗れた。

2003年3月30日、K-1 WORLD GP 2003 in SAITAMAにてピーター・アーツと対戦し、3RTKO勝ち、

2003年5月2日、K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGASにて、グレート草津と対戦し、2RKO勝ち。

2003年5月30日、K-1 WORLD GP 2003 in BASELにて、マイク・ベルナルドと対戦し、3R判定勝ち。

2003年10月11日、K-1 WORLD GP 2003 開幕戦ではフランシスコ・フィリォに3R判定勝ち。4連勝となりトップファイター相手に連勝を重ねた。

この結果、K-1 WORLD GP 2003の決勝大会では決勝トーナメント出場メンバーがレコが勝利した選手ばかりとなっており、調子も含めてファンやマスコミにK-1 WGP 2003の優勝候補最有力と言われることとなった。しかし、開幕戦でファイト契約の切れたレコは、急に格安の金額で長期・複数試合契約を要求し始めたK-1の主催者側(FEG)との契約が合意に至らず、決勝大会の出場メンバーから外される事となった[1]。この話にはボクシングスターのフランソワ・ボタを決勝トーナメントに出したいK-1(FEG)の思惑により、丁度その際に契約更新を迎えたレコが狙われたというマスコミ関係者の話もあったが真実は分かっていない。K-1側はボタの出場発表会見で「(レコ欠場については)K-1側としては興行成立のため、毅然とした態度をとった」と声明を出したが[2]、一方でミルコ・クロコップの公式サイトのNEWS欄では「レコがK-1GP決勝戦から外された後、K-1の主催者たちは彼に謝罪した」という文章が掲載されたりするなど、この件はK-1側と他の人間の証言がなかなか一致しなかった。また、SRS-DXのサイトでK-1EPの谷川貞治が開幕戦の総括時に「このメンバーで爆発的に大会を盛り上げるのは至難の業。」「毎年、誰か必ずケガをするので、気が付いたらリザーバーのボタが優勝になってるかもしれない。リザーブマッチをどうするかが頭の使いどころですね」 」[3]とレコ欠場前から語っていたことにより、様々な議論や憶測を呼んだ。

2003年12月31日、INOKI BOM-BA-YE 2003に出場し、村上和成とキックボクシングルールで対戦し、右ハイキックで1RKO勝ち。試合後会見では「(本来ならK-1 WORLD GP 2003 決勝大会に予定通り出場し、優勝して)K-1王者としてこの試合をするつもりだった。」と語った。

PRIDE時代[編集]

2003年のK-1 WGP 2003 決勝大会直前に起きた、K-1を主催するFEGとの契約トラブルにより、K-1を離脱。 2004年に総合格闘技PRIDEと契約を結び、同年開催のPRIDEヘビー級GPに電撃参戦を果たした。

2004年4月25日、PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦の1回戦で小川直也と対戦。レコは総合格闘技デビュー戦。スタンドで左フックを受けダウンし肩固めによるタップアウト負けを喫した。この試合は腰と背中を痛めたまま強行出場していたことがレコ本人の口から語られている。試合後には腰(ヘルニア)の手術を受けることとなった。

2004年12月31日、PRIDE 男祭り 2004 -SADAME-にて、美濃輪育久に開始27秒ヒールホールドで一本負け。

2005年2月20日、PRIDE.29 SURVIVAL|にて、PRIDEミドル級(-93㎏契約)で迎えた3戦目。中村和裕と対戦したが、コーナーでパウンドの連打によりTKO負け。レコは頭を抱えて中村のパウンドをほぼすべてガードしていたため、試合がストップされると同時にすぐに立ち上がって苦笑いをしたが、グラウンド状態で下になったままガードを固め続けて動かず横を向いてしまっていたため、ストップされても致し方ない部分もあった。 この結果、PRIDEでは3連敗を喫し、友人であるミルコ・クロコップにも「PRIDEでは生き残れないからK-1に戻った方がいい」と忠告を受けるなど、総合(PRIDE)ルールでは3戦で0勝3敗となってしまった。

キックボクシング・K-1復帰[編集]

2005年5月14日、ハンガリーのブダペストで行われたWKNフリースタイル世界スーパーヘビー級王者決定戦で、フローリアン・オグネイド(ドイツ)を3RTKOで下しスーパーヘビー級王者となった。立ち技復帰戦は白星スタート。

2005年6月12日、オランダの格闘技イベントIT'S SHOWTIMEにおいて久々のキックルールでバダ・ハリと対戦し1RKO勝ち。試合前からバダ・ハリの執拗な暴言や挑発を受けた。試合では、バダ・ハリの荒い反則攻撃(投げや過剰なプッシング連発など)を何度も受けるが、バックスピンキックをレバーに突き刺しバダ・ハリを悶絶させ1RKO勝ちを飾った。勝利直後、バダ・ハリの挑発・反則攻撃への不満からか、倒れているバダ・ハリを一喝した。しかしそれをバダ・ハリはレコがツバを吐いたと勘違いして再び遺恨が生まれた。これでレコはキックボクシング7連勝となった。

2005年11月19日、K-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦のリザーブファイトでK-1に復帰。6月に続き、バダ・ハリと再戦。2Rにバックスピンキックを顔面に受けてKO負け。試合後の会見でバダ・ハリは「前回のレコとの試合ではスピンキックを肝臓に受けて立てなくなったが、今回はそのお返しができたから凄く嬉しいよ。前回の試合で奴は俺をKOしたがその時、上からツバを吐きやがった。だが今回、俺はKOして倒れてるレコを気遣ったぞ。相手を思いやる気持ちは大事だからな。」と、自らの挑発・反則行為を気にすることなくレコを批判した。(※前回の試合の記述の通り、レコはツバを吐いていない。)レコは試合後、怪我をしていた膝の手術を受けた。

2006年4月29日、K-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGASで膝の手術からの復帰戦を行い、ルスラン・カラエフと対戦。序盤ダウンを奪われるが、後半は盛り返し、3R終了間際に得意の右ストレートをルスランに直撃させてダウンを奪い返した。ダメージのあるルスランを攻め立ててKO寸前まで追い詰めるが、勝利目前で試合終了のゴングが鳴りKO出来ず、僅差の判定負けを喫した。

2006年8月12日、K-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGAS IIで行われた世界最終予選に出場。1回戦ではスコット・ライティを左右のフックで3RKO。準決勝ではバックスピンキックでカーター・ウィリアムスを1RKO。決勝ではマイケル・マクドナルドを2RKOし、3試合すべてKO勝ちでラスベガストーナメント優勝を果たし、開幕戦への出場を決めた。

2006年9月30日、K-1 WGP 2006 開幕戦にてレイ・セフォーと対戦し、判定勝ち。

2006年12月2日、K-1 WGP 2006 準々決勝にてレミー・ボンヤスキーと対戦。1Rにレコのローキックがレミーの下腹部に入ってしまいレミーが悶絶。インターバル3分では回復できず、更に1分回復時間が与えられるが、回復状況が思わしくないため、次の試合を先に行い、その試合後にこの試合の続きが行われた。レコが警告を受け試合が再開。しかし、再びレコの放ったバックスピンキックがまたも偶然レミーの下腹部に当たってしまったため、レミーが再度倒れ込むというアクシデントが起こった。ここでレコにイエローカード(減点1)。試合再開後はダメージを負ったレミーを追い詰めて前に出たところにパンチを受けてダウンを奪われ判定負けを喫した。試合後、レミーは前述のダメージにより準決勝出場にドクターストップがかかり、代わりのレコも足を負傷しておりドクターストップがかかった。試合後のインタビューでレコは、「リスタートが2度もあったためモチベーションを保つのが大変だった」とコメントし、記者に敗因を聞かれた際には「試合の数日前までウイルス性の病気にかかっていて胃を壊していた。痛くて吐いたし、熱も出てたのでコンディションが良くなかったんだ。でもそれは理由にはならない。」とベストな状態でなかったことも明かした。

2007年3月10日、K-1クロアチア大会にて新星マゴメド・マゴメドフに僅差の判定負け。

2007年5月4日、K-1ルーマニア大会にてカタリン・モロサヌに判定勝ち。

2007年8月11日、K-1 WORLD GP 2007 IN LAS VEGASでマイティ・モーと対戦。モーに何もさせず完封し、判定勝ち。

2007年9月29日、K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16にてレミー・ボンヤスキーと3度目の対戦。1勝1敗で3戦目を迎える両者は、昨年のGPでの金的攻撃による遺恨のためか白熱した試合展開となった。1R中盤にレミーのローキックがレコの下腹部に入り、レコは去年の報復行為と思ったのか苦笑い後に怒りをあらわにした。1R終盤はレコが何度もボディへストレートを打ち込んでペースを掴み始めたが、前に出たレコの動きとレミーの右飛び膝蹴りが重なりダウンを奪われた。レコは立ち上がり、ファイティングポーズを取ってレミーに向かっていくが、そこでなぜかレフェリーが試合続行不可能と判断して両手を振って試合を止めてしまいレコはTKO負けとなった。映像ではレコがレミーに向かっていっている最中のストップであるため解説席の藤原紀香も「え?なんで、なんで??」と語る不可解なストップであった。レコ自身も納得がいかず、苦笑いしながらレフェリーに何度も抗議したが聞き入れられなかった。

2008年1月12日、セルビアで行われたLord Of Ringにてマイケル・アンドレードと対戦し2RKO勝ち。試合後、レコはマイクで「膝の手術のため最低7か月はリングから遠ざかる」と宣言した。

2008年8月9日、K-1 WORLD GP 2008 IN HAWAIIのリザーブファイトでジュニア・スアと対戦し、1RKO勝ち。

2008年12月20日、K-1 Fighting Network Prague 2008にてフレディ・ケマイヨと対戦し、延長1R判定負け。試合中に膝を痛めたため、試合後に再び膝の手術を行った。

2009年5月16日、IT'S SHOWTIMEでメルヴィン・マヌーフと対戦し、3Rまでマヌーフを完封して優勢に試合を進めていたが、3Rにレコがステップを踏んだ際に自ら足を痛めてしまいドクターストップ。不運なTKO負けとなった。試合後のドクターチェックでレコは膝を壊しており、改めて膝の手術を行うこととなった。

2009年10月17日、GLORY 11: A Decade of Fightsにて、膝の手術後の復帰戦を行うがアンダーソン・ブラドック・シルバに2RKO負け。

2010年9月12日、IT'S SHOWTIMEでヴォルカン・ダズガンと対戦し、判定勝利を収めた[4]

2010年10月16日、Ultimate GloryのKickboxing World Series1回戦でウェンデル・ロチェと対戦し、TKO負けを喫した[5]

2011年6月11日、自身の引退試合となるISKAフリースタイル世界スーパーヘビー級王座決定戦で盟友ジェロム・レ・バンナと対戦し、0-3の判定負け。試合後、バンナからは土下座で敬意を表された。しかし、数週間後に早くも引退を撤回して現役復帰。

2011年11月23日、試合5日前にSUPERKOMBATにてTsotne Rogava戦とエロール・ジマーマン戦の1日2試合を行ったにも関わらず、RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011 一回戦に出場し、上原誠と対戦。判定負けを喫した。

2012年3月17日、WKA World Championshipsにて、マリンコ・ネイマレビッチと対戦。右フックで2RKO勝ちを収めた。

ファイトスタイル[編集]

ブリッツの異名通り、稲妻の如く鋭い右ストレートが最大の武器。そのほかバックハンドブロー、バックスピンキックなどの即効性のある技をカウンター気味に繰り出し、KOの山を築いてきた。スピードもヘビー級の中ではトップクラスであり、パワーではなく手数とスピードを活かしたインファイトを得意とする。

欠点としてあまり打たれ強くないため、途中まで試合を優位に進めていながら不意に一発を貰ってしまいダウンやKO負けしてしまうこともある。

また、背中・腰・膝などを故障することが多く、持病のヘルニアを1997年頃から患っていたり[6]、膝だけでもキャリア終盤までに4度以上手術を行っており、大きな怪我をしてしまうことが多かった。結果的に万全の状態ではないまま戦い、本来の実力を出せないまま不本意な結果となった試合も度々もある。

戦績[編集]

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
104試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
69 38 29 0 1 1
33
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
マリンコ・ネイマレビッチ 2R KO(右フック) WKA World Championships 2012年3月17日
× 上原誠 3R 判定0-3 RISE85
【RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT 2011一回戦】
2011年11月23日
× エロール・ジマーマン 1R 0:58 KO SuperKombat: Fight Club, semi Finals 2011年11月17日
Tsotne Rogava 3R+延長R終了 判定2-1 SuperKombat: Fight Club, Quarter Finals 2011年11月17日
× Sebastien van Thielen 3R+延長R終了 判定0-3 SuperKombat World Grand Prix III, Semi Finals 2011年10月1日
× カタリン・モロサヌ 3R終了 判定0-3 SuperKombat World Grand Prix II 2011年7月16日
× ジェロム・レ・バンナ 5R終了 判定0-3 8ème Nuit des Sports de Combat
【ISKAフリースタイル世界スーパーヘビー級王座決定戦】
2011年6月11日
× フレディック・シニストラ TKO La Nuit du Kick-Boxing 2010 2010年11月27日
× ウェンデル・ロチェ 2R 1:44 TKO(棄権) Ultimate Glory 2010-2011 First Round
【Kickboxing World Series 1回戦】
2010年10月16日
ヴォルカン・ダズガン 3R終了 判定 It's Showtime 2010 Amsterdam II 2010年9月12日
ニコライ・ファリン 3R終了 判定 Cologne Fight Night 2010 2010年5月1日
Moussa Sissoko 3R TKO Kickboxing Superstar XIX 2010年3月20日
× カール・グリシンスキー 3R終了 判定 German King Cup
【スーパーファイト】
2009年11月15日
× アンダーソン"ブラドック"シルバ 2R KO GLORY 11: A Decade of Fights 2009年10月17日
ミルネス・イマモビッチ 2R TKO Collizion Bosnia 2009年7月3日
× メルヴィン・マヌーフ 3R TKO(左足の自傷) IT'S SHOWTIME 2009年5月16日
× ラウル・カティナス 1R KO(左フック) K-1 Croatia
【スーパーファイト】
2009年3月21日
× フレディ・ケマイヨ 延長R終了 判定0-3 K-1 Fighting Network Prague 2008
【スーパーファイト】
2008年12月20日
ダニエル・ソルティシアク 3R終了 判定 K-1 WORLD GP 2008 IN RIGA
【スーパーファイト】
2008年11月22日
ロドニー・ファベイラス 3R終了 判定 The Battle of Arhnem 2008年11月9日
ジュニア・スア 1R 2:36 KO(2ノックダウン:右膝蹴り) K-1 WORLD GP 2008 IN HAWAII
【USA GP リザーブファイト】
2008年8月9日
マイケル・アンドレード 2R KO(パンチ連打) Load Of Ring 2008年1月12日
× レミー・ボンヤスキー 1R 2:50 KO(右跳び膝蹴り) K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16
【1回戦】
2007年9月29日
マイティ・モー 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2007 IN LAS VEGAS
【スーパーファイト】
2007年8月11日
カタリン・モロサヌ 3R終了 判定3-0 K-1 Romania 2007年5月4日
× マゴメド・マゴメドフ 延長R終了 判定0-3 K-1 Croatia 2007年3月10日
× レミー・ボンヤスキー 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2006 IN TOKYO 決勝戦
【準々決勝】
2006年12月2日
レイ・セフォー 3R+延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2006 IN OSAKA 開幕戦
【1回戦】
2006年9月30日
マイケル・マクドナルド 2R 2:28 TKO(戦意喪失) K-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGAS II
【世界最終予選 決勝】
2006年8月12日
カーター・ウィリアムス 1R 2:40 KO(右後ろ回し蹴り) K-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGAS II
【世界最終予選 準決勝】
2006年8月12日
スコット・ライティ 3R 0:58 TKO(左右のフック連打) K-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGAS II
【世界最終予選 1回戦】
2006年8月12日
× ルスラン・カラエフ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGAS
【スーパーファイト】
2006年4月29日
× バダ・ハリ 2R 1:30 KO(右後ろ回し蹴り) K-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦
【リザーブファイト】
2005年11月19日
バダ・ハリ 1R 1:44 KO(右後ろ回し蹴り) It's Showtime 2005年6月12日
フローリアン・オグネイド 3R TKO WKN 2005年5月14日
村上和成 1R 1:08 KO(右ハイキック) INOKI BOM-BA-YE 2003【立技ルール】 2003年12月31日
フランシスコ・フィリォ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2003 開幕戦 ALL STARS
【1回戦】
2003年10月11日
マイク・ベルナルド 5R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2003 in BASEL
【スーパーファイト】
2003年5月30日
グレート草津 2R 2:44 KO(3ノックダウン:右フック) K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGAS
【スーパーファイト】
2003年5月2日
ピーター・アーツ 3R 1:44 TKO(ドクターストップ:右脛裂傷) K-1 WORLD GP 2003 in SAITAMA 2003年3月30日
× マーク・ハント 3R 1:16 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2002 決勝戦
【準々決勝】
2002年12月7日
アレクセイ・イグナショフ 3R+延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2002 開幕戦
【1回戦】
2002年10月5日
レミー・ボンヤスキー 5R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2002 in LAS VEGAS
【スーパーファイト】
2002年8月17日
× アーネスト・ホースト 1R 1:48 KO(左フック) K-1 WORLD GP 2002 in PARIS 2002年5月25日
× マーク・ハント 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2001 決勝戦
【準決勝】
2001年12月8日
× アーネスト・ホースト 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2001 決勝戦
【準々決勝】
2001年12月8日
ピーター・アーツ 3R 2:05 KO(右ストレート) K-1 WORLD GP 2001 in LAS VEGAS
【GP予選トーナメント 決勝】
2001年8月11日
セルゲイ・イバノビッチ 2R終了時 TKO(左足甲負傷) K-1 WORLD GP 2001 in LAS VEGAS
【GP予選トーナメント 準決勝】
2001年8月11日
ジェフ・ルーファス 2R 2:34 TKO(2ノックダウン:右アッパー) K-1 WORLD GP 2001 in LAS VEGAS
【GP予選トーナメント 1回戦】
2001年8月11日
× ジェロム・レ・バンナ 5R終了 判定0-3 K-1 SURVIVAL 2001 〜K-1 JAPAN GP 開幕戦〜
【スーパーファイト】
2001年6月24日
マーク・デ・ウィット ノーコンテスト(マーク脛負傷) K-1 WORLD GP 2001 世界地区予選 ドイツ大会
【スーパーファイト】
2001年5月20日
× ユルゲン・クルト 2R 2:19 KO(3ノックダウン:右フック) K-1 GLADIATORS 2001 〜新世紀 一撃伝説の幕開け〜 2001年3月17日
アレクセイ・イグナショフ 5R 反則 K-1 WORLD GP 2001 世界地区予選 オランダ大会
【スーパーファイト】
2001年2月4日
× フランシスコ・フィリォ 3R+再延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2000 決勝戦
【準々決勝】
2000年12月10日
アンドリュー・トムソン 2R 1:50 KO(右ローキック) K-1 WORLD GP 2000 in FUKUOKA
【GP予選トーナメント 1回戦】
2000年10月9日
リッキー・ニッケルソン 判定3-0 K-1 FIGHT NIGHT 2000 2000年6月3日
ジャビット・バイラミ 3R終了 判定2-0 K-1 THE MILLENNIUM 2000年4月23日
ハリー・ホーフト 1R 2:37 KO(右後ろ回し蹴り) K-1 GRAND PRIX '99 決勝戦
【スーパーファイト】
1999年12月5日
× サム・グレコ 3R 2:35 負傷判定0-2 K-1 GRAND PRIX '99 開幕戦
【1回戦】
1999年10月3日
サミール・ベナゾーズ 1R 2:45 KO(右ローキック) K-1 DREAM '99 〜グランプリへの道〜
【GP予選トーナメント 決勝】
1999年7月18日
シリル・アビディ 3R終了 判定3-0 K-1 DREAM '99 〜グランプリへの道〜
【GP予選トーナメント 準決勝】
1999年7月18日
フィリップ・ゴミス 1R 2:56 KO(右ストレート) K-1 DREAM '99 〜グランプリへの道〜
【GP予選トーナメント 1回戦】
1999年7月18日
× アンディ・フグ 5R終了 判定0-3 K-1 FIGHT NIGHT '99
【WKA世界ムエタイスーパーヘビー級タイトルマッチ】
1999年6月5日
× レイ・セフォー 5R終了 判定0-3 K-1 GRAND PRIX '98 開幕戦
【1回戦】
1998年9月27日
ニコラス・ペタス 2R 1:09 TKO(右ストレート) K-1 DREAM '98 1998年7月18日
ロブ・ファン・エスドンク 3R 1:57 KO(右フック) K-1 FIGHT NIGHT '98
【EUROPEAN GP 決勝】
1998年6月6日
レイ・ホフマン 2R 2:07 KO(右フック) K-1 FIGHT NIGHT '98
【EUROPEAN GP 準決勝】
1998年6月6日
ピーター・マエストロビッチ 3R+延長R終了 判定 K-1 FIGHT NIGHT '98
【EUROPEAN GP 1回戦】
1998年6月6日
× アーネスト・ホースト 2R 0:34 KO(右ストレート) K-1 GRAND PRIX '97 開幕戦
【1回戦】
1997年9月7日
サダウ・ゲッソンリット 3R終了 判定3-0 K-1 BRAVES '97 1997年4月29日

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
3 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
3 1 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 中村和裕 1R 0:55 TKO(パウンド) PRIDE.29 SURVIVAL 2005年2月20日
× 美濃輪育久 1R 0:27 ヒールホールド PRIDE 男祭り 2004 -SADAME- 2004年12月31日
× 小川直也 1R 1:34 肩固め PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦
【ヘビー級GP 1回戦】
2004年4月25日

獲得タイトル[編集]

  • IKBFフルコンタクト世界王座
  • IKBFキックボクシング世界王座
  • ISKAムエタイ世界ヘビー級王座
  • WMTA世界王座
  • WKNフリースタイル世界スーパーヘビー級王座
  • K-1 ヨーロッパグランプリ 優勝
  • K-1 DREAM '99 優勝
  • K-1 WORLD GP 2001 in LAS VEGAS 優勝
  • K-1 WORLD GP 2006 in LAS VEGAS II 世界最終予選 優勝
  • WKA キックボクシング 世界スーパーヘビー級王座

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]