世界キックボクシング協会 (WKA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界キックボクシング協会
英語: World Kickboxing and Karate Association
WKAの使用するロゴの1つ
略称 WKA
設立年 1976年10月
本部 ドイツの旗ドイツ(本部)
イングランドの旗イングランド(事務所)
位置 ドイツの旗バーデン=ヴュルテンベルク州カールスルーエ(本部)
イングランドの旗バーミンガムアーディントン(事務所)
貢献地域・分野 全世界
公用語 英語
ドイツ語
会長 ドイツの旗Klaus Nonnemacher
ウェブサイト http://www.wkaworld.com/
WKAはプロ空手協会(PKA)から分裂する形で設立された
テンプレートを表示

世界キックボクシング協会(The World Kickboxing and Karate Association[1] / WKA)はキックボクシングの世界王座認定団体の一つ。1976年にアメリカのプロ空手協会から分離独立した。かつての団体名は「世界空手協会」("World Karate Association / WKA")。全米プロ空手を主に管轄していた。本部はドイツカールスルーエ(Nördliche-Uferstr. 4-6 76189 Karlsruhe Germany)に、事務所はイングランドバーミンガム(James Court 63 Gravelly Lane B23 6LX Birmingham England)にある。現会長はドイツ人のKlaus Nonnemacher。

なお野口修が創設した世界キックボクシング協会 (WKBA) とは別の団体である。

プロ、アマそして男女両方のランキングを作成している。男子18階級、女子5階級。ただし、vacant(空位)の欄が目立ち、ランキングの更新も非常に遅い。世界王座はキックボクシング(Kick Boxing)、フルコンタクト(Full Contact)、ムエタイ(Thai Boxing)の3種類がある。また世界王座の他にインターコンチネンタル王座や地域王座の認定もおこなっている。

プロ以外にもアマチュア競技の大会の開催や普及にも積極的に力を注いでおり、アマチュアの世界選手権も開催している。

歴史[編集]

設立[編集]

世界キックボクシング協会は、1976年10月に世界空手協会としてハワード・ハンソンとアーノルド・ユキーデベニー・ユキーデの兄)によって創設された。ハンソンは小林流空手の有段者で、マイク・ストーンの弟子だった。

1983年9月23日、ロブ・カーマンジョン・モンカイヨの持つWKA世界王座に挑戦。ローキックで3RKO勝ちし初のヨーロッパ系キックボクサーのWKA世界王者が誕生した。

ハンソンが1991年にWKAをカナダのデール・フロイドに売却したのを機に、北米におけるWKAの活動は衰退していくことになった。1994年にポール・イングラムがWKAを掌握しイギリスに本部を設置したことで、同年1月にオランダのフレッド・ロイヤースやフランスのジャン=ポール・ミレーといったヨーロッパ系の重役が辞任した。

GAISF加入問題[編集]

2007年11月24日に、WKA会長のポール・イングラムが、WAKOGAISF公認のキックボクシング団体に選ばれたことについて問題があったとWKAのウェブサイト上で主張した。競技としてのキックボクシングは2006年4月7日に韓国ソウルでGAISFに承認され、その競技管轄団体にはWKA、WAKO、IAKSAの3団体が申請し、最終的にWAKOが承認された。しかし、イングラムによれば、選考日前日にWKAに知らせずIAKSAがWAKOに加わったことは公正を欠き、民主的でないという。IAKSAはWAKOから派生した団体だったことと、IASKAがGAISF加入の申請書も申請料3000スイスフランも用意していなかったことから、WAKOとIAKSAがWKAを出し抜いたと主張している[2]

ルール[編集]

WKAはキックボクシングと空手のみならず、様々なスタイルの格闘技の競技を行っているため、競技が細分化されている。ここでは各競技の簡単な概要を記述し、詳細はWKA公式ルールブックを参照することをお勧めする。

キッズやジュニア部門に当てはまる年少の競技者でも行える競技も行われている。

ポイント制競技[編集]

空手組手競技[編集]

セミコンタクト(Semi Contact)[編集]

ライトコンタクト(Light Contact)[編集]

WKAは空手の団体でもある為、空手の競技の一つである形競技から発展した演舞競技がある。様々なスタイルに細分化されている。

演舞競技[編集]

ハードスタイル[編集]

韓国スタイル[編集]

空手形[編集]

スタイル・ソフトフォーム[編集]

フリースタイル[編集]

ミュージカル・ウェポンズ[編集]

ウェポン・ノーミュージック[編集]

ベテラン伝統派[編集]

エクストリーム・フォームス[編集]

伝統派団体形[編集]

フリースタイル自由形[編集]

日本ではWKAは基本的にキックボクシングの団体として知られているため、日本人にとってもなじみのある競技である。

リング競技[編集]

フルコンタクト(Full Contact)[編集]

キックボクシング(Kick Boxing)[編集]

ムエタイ(Thai boxing)[編集]

オリジナルWKAキックボクシング(Original WKA Kickboxing)[編集]

階級[編集]

アマチュア[編集]

アマチュアでは、「フルコンタクト」・「キックボクシング」・「ムエタイ」・「K-1」といった、直接打撃制の競技に関しては下記の体重別階級制度がとられている。なお、下記の階級表は「アダルト」部門(18歳以上35歳未満)のものである。他に「キッズ」・「ジュニア」・「ベテラン」と3つの年齢で区別された部門がある。そして、それぞれの部門によって階級制が異なる。

男子アダルト 女子アダルト
全8階級。
階級名称 体重
キログラム/kg)
ヘビー級 90.0kg以上
クルーザー級 90.0kg
ライトヘビー級 85.0kg
ミドル級 80.0kg
ライトミドル級 75.0kg
ウェルター級 70.0kg
ライト級 65.0kg
スーパーフェザー級 59.0kg
フェザー級 60.0kg以下
全5階級
階級名称 体重
キログラム/kg)
ヘビー級 65.0kg以上
ライトヘビー級 65.0kg
ミドル級 60.0kg
ウェルター級 55.0kg
ライト級 50.0kg以下

プロ[編集]

男子 女子
全18階級。
階級名称 体重
キログラム/kg)
体重
ポンド/lbs)
スーパーヘビー級 95kg以上 210lbs以上
ヘビー級 95.0kg 209lbs
スーパークルーザー級 90.0kg 198.0lbs
クルーザー級 86.0kg 189.2lbs
スーパーライトヘビー級 83.0kg 182.6lbs
ライトヘビー級 79.0kg 173.0lbs
スーパーミドル級 76.0kg 167.2lbs
ミドル級 72.5kg 159.5lbs
スーパーウェルター級 70.0kg 154.0lbs
ウェルター級 67.0kg 147.4lbs
スーパーライト級 63.5kg 139.7lbs
ライト級 61.0kg 134.2lbs
スーパーフェザー級 59.0kg 129.8lbs
フェザー級 57.0kg 125.4lbs
スーパーバンタム級 55.5kg 122.1lbs
バンタム級 53.5kg 117.7lbs
スーパーフライ級 52.0kg 114.4lbs
フライ級 50.5kg以下 111.1lbc以下
全5階級
階級名称 体重
キログラム/kg)
体重
ポンド/lbs)
ヘビー級 65.0kg以上 lbs以上
ライトヘビー級 65.0kg lbs
ミドル級 60.0kg lbs
ウェルター級 55.0kg lbs
ライト級 50.0kg以下 lbc以下


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WKA公式ルールブック2010年度(アマチュア)の第1章において「WKA stands for the World Kickboxing and Karate Association with its seat in Germany.」と書かれているため。
  2. ^ GAISF Recognition

出典[編集]

外部リンク[編集]