マイク・ポルクロペック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ポルクロペック
マイク・ポルクロペックの画像
プロフィール
リングネーム マイク・バートン
バート・ガン
ボーディシャス・バート
ブレット・コルト
本名 マイク・ポルクロペック
ニックネーム ゴールデン・レフト
身長 193cm
体重 120kg
誕生日 1965年12月27日(48歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州オースティン
トレーナー Caesar Barraza
ブラックジャック・マリガン
デビュー 1991年
テンプレートを表示

マイク・ポルクロペックMike Polchlopek1965年12月27日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラー総合格闘家テキサス州オースティン出身。バート・ガンBart Gunn)、マイク・バートンMike Barton)などのリングネームで知られる。

来歴[編集]

1991年ブレット・コルトBrett Colt)のリングネームでデビュー。フロリダ州のインディー団体IWFで師匠のブラックジャック・マリガン同様のカウボーイギミックで売り出され、キップ・ウィンチェスターことモンティ・ソップとのタッグチームロング・ライダーズで人気を獲得した。

1993年にソップと共にWWF(現・WWE)と契約。WWF入りに伴いリングネームおよびチーム名を変更し、ソップはビリー・ガン、自身はバート・ガンと名乗る。兄弟ギミックも与えられ、スモーキン・ガンズとしてタッグ戦線で活動した。

1996年にスモーキン・ガンズを解散。ボブ・ホーリーとのニュー・ミッドナイト・エクスプレスを経て1998年にはWWF主催の格闘技トーナメント"WWF Brawl for All" で優勝するなど活躍したが、1999年1月に解雇された。

前述のトーナメントでスティーブ・ウィリアムスを「ゴールデンレフト」で破った実績を評価され、解雇前の1998年11月から全日本プロレスに登場し、ジョニー・エースとのコンビで世界タッグ王座を獲得した。その後は主にジム・スティールとタッグを組み、IWGPタッグ王座に挑戦するなどの活躍を見せる。2002年にはチャンピオン・カーニバル天龍源一郎を倒すものの武藤敬司に敗れ惜しくも準優勝。

全日本プロレスを退団したあとは新日本プロレスへ移籍した。またTNAにも2003年まで所属していた。その後、パートナーであったスティールの怪我などもあり、しばらく表舞台から離れ総合格闘技向けの練習を重ね、2006年無我ワールド・プロレスリングへの参戦で久々の登場を果たした。

2006年6月17日、Rumble on the Rock Beatdownのメインイベントでウェズリー"キャベージ"コレイラと対戦し、TKO勝ち。同年11月5日にはPRIDEに出場。「PRIDE 武士道 -其の十三-」で美濃輪育久と対戦し、判定負けを喫した。

得意技[編集]

※バートン・ディザスターはかつて、ラストライドやバートンバスターという名称で使用していた

獲得タイトル[編集]

全日本プロレス
WWF
インディー

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
2 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
1 1 0 0 0 0 0
1 0 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 美濃輪育久 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の十三- 2006年11月5日
ウェズリー"キャベージ"コレイラ 1R 1:46 TKO(カット) Rumble on the Rock: Beatdown 2006年6月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]