鈴川真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鈴川 真一
プロフィール
身長 190cm
体重 120kg
誕生日 1983年9月21日(30歳)
出身地 兵庫県川西市
所属 IGF
スポーツ歴 大相撲
トレーナー 宮戸優光
デビュー 2010年9月25日
IGF、対マーク・コールマン
テンプレートを表示
若麒麟真一 Sumo pictogram.svg
Wakakirin 08 Sep.jpg
基礎情報
四股名 若麒麟 真一
本名 鈴川 真一
愛称 スズ
生年月日 1983年9月21日(30歳)
出身 兵庫県川西市
身長 186cm
体重 137kg
BMI 39.6
所属部屋 押尾川部屋尾車部屋
得意技 突っ張り
成績
現在の番付 解雇
最高位 西前頭9枚目
生涯戦歴 279勝232敗22休(60場所)
幕内戦歴 20勝25敗(3場所)
優勝 幕下優勝2回
データ
初土俵 1999年3月場所
入幕 2007年11月場所
引退 2009年2月2日(解雇)
引退後 プロレス転向
趣味 買い物
備考
大麻所持で解雇された力士の一人
2010年4月28日現在

鈴川 真一(すずかわ しんいち、1983年9月21日 - )は、日本プロレスラー兵庫県川西市出身。プロレス興行IGFに参加。尾車部屋(入門時は押尾川部屋)に所属していた元大相撲力士若麒麟 真一(わかきりん しんいち)である。最高位は西前頭9枚目(2008年1月場所)。

来歴[編集]

大相撲時代[編集]

中学時代は半ば幽霊部員としてバレーボール部に所属し、何度も退部・復部を繰り返していた。中学卒業と同時に押尾川部屋に入門し、1999年3月場所に初土俵を踏んだ。相撲経験はなかったが立合いからの突っ張りが得意で、体重の増加とともに重みが増し着実に番付を上げて行った。幕下に定着するまでに時間が掛かったが定着してからは上位まで一気に番付を駆け上がり、2004年9月場所に十両に昇進するとともに四股名を本名の鈴川から師匠(元大関大麒麟)の四股名に因んで若麒麟と改めた。

十両に昇進した2004年9月場所でも終盤まで優勝争いに加わり、最終的には10勝5敗と地力の高さを見せた。しかし翌場所から2場所連続で7勝8敗と負け越した上、2005年1月場所千秋楽に右膝を故障してしまい3月場所を全休した結果、幕下に陥落した。

この故障のため、5月場所も全休し幕下西50枚目まで番付を落としたが9月場所に東幕下42枚目で7戦全勝で幕下優勝、11月場所も勝ち越し2006年1月場所に5場所ぶりに十両に復帰することが決まった。また、故障中の2005年4月に押尾川親方が押尾川部屋を閉めたため、若兎馬らと共に尾車部屋に移籍した。

十両には復帰したものの体重は新十両だった当時から10kg近く減少し、突っ張りの威力も落ちるなど故障の影響は大きく11月場所でも自ら攻めて勝った相撲はほとんど見られなかった。このため再十両の2006年1月場所も東十両14枚目で4勝11敗と大きく負け越してしまい、1場所で再び幕下に陥落。3月場所と5月場所でもともに2勝5敗と大きく負け越した。

しかし2006年7月場所から5場所連続で勝ち越し、調子を取り戻すと2007年5月場所では西幕下3枚目で全勝優勝。翌7月場所の十両復帰を決めた。この7月場所でも調子のよさを見せて10勝5敗と大きく勝ち越し、一気に自己最高位を更新して十両2枚目に昇進した。さらに幕内がかかった9月場所でも9勝6敗と勝ち越し、11月場所での新入幕を果たした。

幕内昇進場所となる2007年11月場所では幕内下位ながらも13日目まで優勝の可能性を残し最終的には10勝5敗と勝ち越し、2008年1月場所では前頭9枚目と幕内中位にまで昇進した。しかし、その2008年1月場所で4勝11敗と大きく負け越し、2008年3月場所では再び前頭15枚目と幕内下位となった。さらにこの場所でも6勝9敗と2場所連続で負け越し、翌2008年5月場所で十両に陥落した。その後、十両の上位から中位にいたが、十両東3枚目として迎えた2009年1月場所において9勝6敗の成績を挙げ、幕内再入幕も期待されていた。

2008年11月場所では体重252kg(当時)の山本山を立ち合いの張り手1発で土俵に沈めるなど、非常に激しい相撲をとることで知られていた。

大麻取締法違反[編集]

2009年1月30日、乾燥大麻16グラムを所持していたとして大麻取締法違反(所持)の現行犯神奈川県警察逮捕された[1]。神奈川県警察が、別の大麻譲渡事件の捜査中にその事件の容疑者の勤務先である東京都港区六本木のCD販売店の事務所内を家宅捜索し、この際に居合わせた若麒麟が大麻を所持していたため、ヒップホップグループ「練マザファッカー」のリーダー・D.Oらとともに現行犯逮捕に至った。日本人力士が同法で逮捕されたのは初めてのことである[1]。若麒麟はかねてよりヒップホップに造詣が深くミュージシャンとの親交もあり、YOU THE ROCK★(2010年に大麻取締法違反で逮捕)のブログでもしばしば取り上げられていた。

なお、2008年8月19日に当時幕内力士だった若ノ鵬が大麻所持により逮捕されたことを受け、2008年9月2日に日本相撲協会が簡易キットによる抜き打ち尿検査を行った際には、1回目の検査結果は陰性であったものの、検査結果が不鮮明だったために2度再検査を受けることになり、最終的には陰性と判定されていた[1]。この際に、露鵬白露山は、検査に対して陽性を示したため解雇されている。

逮捕翌日の1月31日に師匠の尾車親方が若麒麟の弁護士を通じて、引退の意思を確認し、同日付で引退届を提出した。この引退届の扱いについて、日本相撲協会は一応受け取ったものの、扱いを保留とした[2]。そして、最終的には2月2日の理事会において若麒麟の解雇、及び師匠の尾車親方の二階級降格(委員→年寄)が決定された[3]

日本相撲協会の寄附行為によれば解雇の場合、退職金に当たる力士養老金の受給資格があったが、2月5日に尾車親方と若麒麟の父親を通じて謝罪の手紙と共に日本相撲協会に力士養老金受け取りの辞退を申し入れた[4]

その後、若麒麟は2月20日に大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された後、4月13日の初公判では起訴事実を認め、また尾車部屋でも大麻を使用したことを明らかにした[5]。これに対して横浜地裁は4月22日、懲役10か月、執行猶予3年の判決を下した[6]

プロレスへの転向[編集]

その後、本名の鈴川真一としてプロレスデビューすべくU.W.F.スネークピットジャパンにて修行を行っていた。アントニオ猪木の指示で2010年5月9日のIGF大阪大会にてデビューすることが発表されたが[7]、変更され9月25日のJCBホール大会「GENOME13」でデビュー[8]マーク・コールマンと対戦し、11分58秒試合放棄によるTKO勝ちとなった[9]

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜の第1試合でボブ・サップとIGF特別ルールで対戦する予定であったが、「サップの戦意喪失」による不戦勝となった[10][11]。この試合は鈴川が執行猶予中ということもあり、電波に乗せる事はできないため、テレビ放送では試合結果のみを伝えるダークマッチの予定であった。

2011年12月、2011年プロレス大賞新人賞を受賞。

ガチ相撲トーナメント[編集]

2011年9月25日放送の『クイズ☆タレント名鑑』の企画「USC 〜史上最大ガチ相撲トーナメント 2011 秋〜」に出場、番組では「贖罪のスモウレスラー」と紹介された。しかし準決勝で菊田早苗に破れ敗退。

2012年3月25日放送、「USC 〜史上最大ガチ相撲トーナメント 2012 春〜」では、一回戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルを破り、決勝では元小結・孝乃富士こと安田忠夫を破り優勝した、取組後には「今度はとやりたい」と語っている。

場所別成績[編集]

若麒麟真一 [12]

一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1999年
(平成11年)
x (番付外) 東 序ノ口 #30
4–3
 
西 序二段 #161
2–5
 
東 序ノ口 #21
2–5
 
東 序ノ口 #30
5–2
 
2000年
(平成12年)
東 序二段 #122
3–4
 
西 序二段 #134
5–2
 
東 序二段 #79
1–6
 
西 序二段 #106
4–3
 
東 序二段 #79
4–3
 
西 序二段 #53
3–4
 
2001年
(平成13年)
東 序二段 #82
5–2
 
西 序二段 #39
5–2
 
東 序二段 #4
3–4
 
東 序二段 #18
6–1
 
東 三段目 #56
3–4
 
西 三段目 #78
5–2
 
2002年
(平成14年)
西 三段目 #46
4–3
 
西 三段目 #32
4–3
 
東 三段目 #20
5–2
 
西 幕下 #57
3–4
 
西 三段目 #14
5–2
 
東 幕下 #48
3–4
 
2003年
(平成15年)
西 三段目 #3
2–5
 
西 三段目 #29
5–2
 
西 三段目 #2
6–1
 
東 幕下 #29
3–4
 
西 幕下 #39
4–3
 
東 幕下 #31
5–2
 
2004年
(平成16年)
西 幕下 #18
4–3
 
東 幕下 #16
4–3
 
東 幕下 #12
5–2
 
東 幕下 #2
4–3
 
西 十両 #13
10–5
 
西 十両 #9
7–8
 
2005年
(平成17年)
東 十両 #10
7–8
 
東 十両 #11
0–0–15
 
東 幕下 #10
0–0–7
 
西 幕下 #50
4–3
 
東 幕下 #42
7–0
 
西 幕下 #3
4–3
 
2006年
(平成18年)
東 十両 #14
4–11
 
東 幕下 #6
2–5
 
東 幕下 #18
2–5
 
西 幕下 #32
5–2
 
東 幕下 #20
4–3
 
東 幕下 #13
4–3
 
2007年
(平成19年)
東 幕下 #9
4–3
 
西 幕下 #7
5–2
 
西 幕下 #3
7–0
 
西 十両 #9
10–5
 
西 十両 #2
9–6
 
西 前頭 #15
10–5
 
2008年
(平成20年)
西 前頭 #9
4–11
 
東 前頭 #15
6–9
 
東 十両 #1
7–8
 
東 十両 #2
7–8
 
東 十両 #4
6–9
 
西 十両 #6
9–6
 
2009年
(平成21年)
東 十両 #3
9–6
 

引退
––[13]
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

主な成績[編集]

大相撲[編集]

  • 通算成績:279勝232敗22休(60場所)
  • 幕内成績:20勝25敗(3場所)
  • 十両成績:85勝80敗15休(12場所)

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
2 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
2 1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ボブ・アームストロング 1R 2:00 KO(右フック) INOKI GENOME FIGHT 1 2014年4月5日
× ミルコ・クロコップ 1R 1:18 逆十字固め INOKI BOM-BA-YE 2012 2012年12月31日

各段優勝[編集]

  • 幕下優勝:2回(2005年9月場所、2007年5月場所)

改名歴[編集]

  • 鈴川 真一(すずかわ しんいち)1999年3月場所-2004年7月場所
  • 若麒麟 真一(わかきりん しんいち)2004年9月場所-2009年1月場所

脚注[編集]

  1. ^ a b c また大麻…若麒麟逮捕!協会再発防げず”. スポーツニッポン (2009年1月30日). 2010年3月28日閲覧。
  2. ^ 協会史上初の厳罰!!若麒麟を「除名」も”. スポーツニッポン (2009年2月1日). 2010年3月28日閲覧。
  3. ^ 若麒麟は「解雇」、尾車親方は2階級降格”. スポーツニッポン (2009年2月2日). 2010年3月28日閲覧。
  4. ^ 若麒麟が養老金辞退 理事長「当たり前」”. スポーツニッポン (2009年2月6日). 2010年3月28日閲覧。
  5. ^ 「尾車部屋でも大麻吸った」検察側、元若麒麟の初公判で”. 読売新聞. 2009年4月22日閲覧。
  6. ^ 元若麒麟被告に猶予付き判決 大麻事件”. MSN産経ニュース (2009年4月22日). 2010年3月28日閲覧。
  7. ^ IGF入り元若麒麟の鈴川5・9デビュー”. 日刊スポーツ (2010年4月29日). 2010年4月29日閲覧。
  8. ^ 相撲色みじんもなし、元若麒麟が公開練習
  9. ^ GENOME13 第6試合 スポーツナビ 2010年9月25日
  10. ^ DREAM公式サイトによる試合詳細
  11. ^ 【Dynamite!!】ボブ・サップがまたしても敵前逃亡!当日に試合をドタキャン 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月31日
  12. ^ Rikishi in Juryo and Makunouchi” (English). szumo.hu. 2007年10月30日閲覧。
  13. ^ 大麻取締法違反による逮捕を受けて初場所後の2月2日に解雇。西十両筆頭に掲載される予定だったが、若麒麟の名前が番付から削除されその地位は空欄となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]