PRIDE 武士道 -其の四-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PRIDE 武士道 -其の四-
イベント詳細
シリーズ PRIDE武士道
主催 DSE
開催年月日 2004年7月19日
開催地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市
会場 名古屋レインボーホール
試合数 全11試合
イベント時系列
PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND PRIDE 武士道 -其の四- PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦

PRIDE 武士道 -其の四-(プライド ぶしどう そのよん)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」(PRIDE武士道)の大会の一つ。2004年7月19日愛知県名古屋市名古屋レインボーホールで開催された。

大会概要[編集]

ブラジリアン・トップチーム(BTT)との対抗戦が行われ、BTTが2対1で勝利。

メインは中村和裕アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラというミドル級の戦い、プロレスリング・ノア所属のプロレスラー杉浦貴が大巨人ジャイアント・シルバと対戦し、ミルコ・クロコップも4連続参戦するなど、非常にバラエティーに富んだ内容となる。

ジャイアント・シルバが敗戦後、こん棒のようなものを振り回して暴れる。その後、花道で対戦相手の杉浦貴に「そういうのはプロレスだけにしておきなさい」と一喝された。

試合結果[編集]

武士道挑戦試合 5分2R
日本の旗 佐々木恭介 vs 日本の旗 光岡エイジ ×
2R終了 ドロー
武士道挑戦試合 5分2R
ブラジルの旗 ルイス・ブスカペ vs 日本の旗 阿部裕幸 ×
1R 2:52 肩固め
第1試合 1R10分、2R5分
日本の旗 三島☆ド根性ノ助 vs ブラジルの旗 マーカス・アウレリオ ×
2R終了 判定2-1
第2試合 1R10分、2R5分
ロシアの旗 アマール・スロエフ vs アメリカ合衆国の旗 ディーン・リスター ×
2R終了 判定2-1
第3試合 1R10分、2R5分
日本の旗 桜井"マッハ"速人 vs アメリカ合衆国の旗 ファンキー・ブラディ・フィンク ×
1R 4:08 フロントチョーク
第4試合 1R10分、2R5分
日本の旗 美濃輪育久 vs 日本の旗 山本喧一 ×
1R 3:23 TKO(マウントパンチ
第5試合 1R10分、2R5分
日本の旗 杉浦貴 vs ブラジルの旗 ジャイアント・シルバ ×
1R 2:35 TKO(サッカーボールキック
第6試合 武士道スペシャルマッチ 1R10分、2R5分
クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ vs 日本の旗 大山峻護 ×
1R 1:00 KO(左アッパー)
第7試合 日本VSブラジリアン・トップチーム 3対3対抗戦 先鋒戦 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 パウロ・フィリォ vs 日本の旗 小路晃 ×
2R終了 判定2-1
第8試合 日本VSブラジリアン・トップチーム 3対3対抗戦 中堅戦 1R10分、2R5分
日本の旗 五味隆典 vs ブラジルの旗 ファビオ・メロ ×
1R 8:07 TKO(パウンド
第9試合 日本VSブラジリアン・トップチーム 3対3対抗戦 大将戦 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs 日本の旗 中村和裕 ×
2R終了 判定2-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]