セミー・シュルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セミー・シュルト
Sem-schilt.jpg
基本情報
本名 セミー・シュルト
通称 絶対王者
難攻不落の最凶王者
最凶巨神兵
巨大格闘ロボ
階級 スーパーヘビー級K-1
国籍 オランダの旗 オランダ
誕生日 1973年10月27日(41歳)
出身地 南ホラント州ロッテルダム
身長 212cm
体重 136kg
スタイル 空手
テンプレートを表示

セミー・シュルトSem SchiltSemmy Schilt、男性、1973年10月27日 - )は、オランダ空手家キックボクサー総合格闘家ロッテルダム出身。正道会館ゴールデン・グローリー所属。芦原会館空手六段。オランダ語ではセム・スヒルト英語ではセミー・シュルトと発音される。1994年の北斗旗オープントーナメント初参戦時、格闘技通信編集長の朝岡秀樹がオランダ語読みと英語読みを混同した「セーム・シュルト」と呼んだことから、その読み方がそのまま定着し、本人もSeimと名前を表記することがあった。2012年に本人が日本語カタカナ表記も「セミー・シュルト」を希望すると表明し、日本で彼が参戦する大会を開く主催者もその通りに表記するようになった[1]

北斗旗無差別級優勝2回、第9代無差別級キング・オブ・パンクラシストK-1 WORLD GP 2005、2006、2007、2009王者。初代K-1スーパーヘビー級王者、初代GLORY世界ヘビー級王者、GLORY GRAND SLAM ヘビー級世界トーナメント2012王者。

来歴[編集]

UFC参戦以前[編集]

着衣総合格闘技団体大道塾主催の北斗旗オープントーナメントには1994年から4年連続出場。1994年11月5日には品野圭司に一本負けで1回戦敗退。翌年の11月11日には準決勝まで進出するも、中山正和に敗退。3位となった。

1996年は組み技のトレーニングに集中的に取り組み、当時大道塾と関係の深かったパンクラスにも出場。山田学近藤有己柳澤龍志渋谷修身と試合をした。そして11月16日には北斗旗オープントーナメントで外国人初の優勝者となった。

1997年パンクラスで5試合をこなし、11月16日の北斗旗オープントーナメントでは他の選手を全く寄せ付けず優勝し2連覇を達成した。

1999年11月28日、無差別級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで王者近藤有己に挑戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収め王座を獲得した。その後、2度の防衛に成功した。同王座は2003年の階級再編に伴い返上した[2]

2001年[編集]

3月18日、2 Hot 2 Handleではアレクセイ・メドヴェーデフと対戦し、判定の結果、引き分け。

5月4日、UFC 31ではピート・ウィリアムスと対戦。2ラウンドTKO勝ち。

6月29日、UFC 32ではジョシュ・バーネットと対戦。1ラウンド一本負け。

2002年[編集]

4月21日、K-1初参戦となったK-1 BURNING 2002では武蔵と対戦し、僅差の判定勝ち。試合後、「タフなファイトでした。思った通りの試合運びじゃ無かったけど、とりあえず勝ててうれしい。」とコメントした。

6月23日、PRIDE.21ではエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、判定負け。

8月28日、Dynamite!ではアーネスト・ホーストとK-1ルールで対戦し、引き分け。

10月5日、K-1 WORLD GP 2002 開幕戦ではマイケル・マクドナルドと対戦し、判定勝ち。K-1 WORLD GP 2002 決勝戦への切符を手にした。

11月24日、PRIDE.23では当時のPRIDEヘビー級王者であったアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、1ラウンド一本負け。この試合に敗れ左肩を負傷したことを理由に12月7日のK-1 WORLD GP 2002 決勝戦を欠場した。

2003年[編集]

7月13日、K-1 WORLD GP 2003 in 福岡でレミー・ボンヤスキーと対戦し、判定勝ち。

12月31日、INOKI BOM-BA-YE 2003では無差別級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチでジョシュ・バーネットと再戦。腕ひしぎ十字固めで3ラウンド一本負け。

2004年[編集]

4月25日、PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦ガン・マッギーと対戦。1ラウンド一本勝ち。

5月20日、IT'S SHOWTIMEにてアレクセイ・イグナショフと対戦し、終始パンチの連打で圧倒されて1ラウンドKO負け。これが打撃系格闘技における初敗北である。

6月20日、PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUNDセルゲイ・ハリトーノフと対戦。マウントパンチ鉄槌打ちの連打を受け血まみれになり1ラウンドTKO負け。なお、あまりに凄惨な試合内容からか、地上波放送でのこの試合はダイジェストのみの放送となった。この試合を最後にPRIDEから撤退した。

11月6日、TITANSにてヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤと対戦。先制のダウンを奪われるが、逆転して2ラウンドKO勝ち。

2005年[編集]

同年、正道会館に移籍しK-1に本格参戦する。5月27日、K-1 WORLD GP 2005 IN PARISのEUROPE GPで3試合をいずれもKOもしくはTKO勝利で優勝し、グランプリ出場を決める。

9月23日、K-1 WORLD GP 2005 IN OSAKA 開幕戦ではグラウベ・フェイトーザに判定勝ち。

11月19日、K-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦では身体をそれまでになく絞って臨み、準々決勝のレイ・セフォー戦では3ラウンドにダウンを奪っての判定勝ちを収め、準決勝のレミー・ボンヤスキー戦、決勝のグラウベ・フェイトーザ戦ではそれぞれ1ラウンドKO勝利し優勝。総合格闘家としてはK-1史上初、空手家としてはアンディ・フグに次ぐK-1史上2人目の王者となった。また、谷川貞治は「K-1史上最強のチャンピオンが出てきた感じ」と実力を絶賛した。

12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!ではアーネスト・ホーストと再戦。2ラウンドTKO勝ち。

2006年[編集]

3月5日、K-1 WORLD GP 2006 IN AUCKLANDではピーター・アーツと対戦。やや消極的なファイトとクリンチの反則[3]もあり、0-2の判定負け。これがK-1における初敗北である。

4月29日、K-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGASでは武蔵と再戦し、判定勝ち。

6月3日、K-1 WORLD GP 2006 IN SEOULではチェ・ホンマンと対戦。試合は明らかにシュルトが優勢だったにもかかわらず、地元判定によって判定負けを喫した。

8月5日、HERO'Sキム・ミンスと対戦。三角絞めで1ラウンド一本勝ち。

9月30日、K-1 WORLD GP 2006 IN OSAKA 開幕戦ではビヨン・ブレギーに1ラウンドKO勝ち。

12月2日、K-1 WORLD GP 2006 IN TOKYO 決勝戦では準々決勝のジェロム・レ・バンナ戦、準決勝のアーネスト・ホースト戦、決勝のアーツ戦の全てで判定勝利を収め、史上4人目となるグランプリ連覇を達成した。

2007年[編集]

3月4日、K-1 WORLD GP 2007 IN YOKOHAMAでは初代K-1スーパーヘビー級王者決定戦でレイ・セフォーと対戦。1ラウンド終盤にセフォーの左フックでK-1初のダウンを喫するも、2ラウンド開始早々にカウンターの左ジャブ一撃でセフォーを失神させKO勝ち。

6月23日、K-1 WORLD GP 2007 IN AMSTERDAMにおいて、K-1スーパーヘビー級タイトルマッチでマイティ・モーと対戦、勢いにのっているモーに対し、距離を取って決定打を許さず、前蹴りでダウン寸前に追い込み完封し3-0の判定勝ち。初防衛を果たした。

9月29日、K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16でポール・スロウィンスキーと対戦し、1ラウンドの左膝蹴りでKO勝ち。

12月8日、K-1 WORLD GP 2007 FINAL準々決勝ではグラウベ・フェイトーザと対戦し、中盤にグラウベの必殺技であるブラジリアンキックを顔面に浴びてグラつく場面こそあったものの、それ以外では攻め続けて判定勝ち。準決勝ではジェロム・レ・バンナから2ラウンドTKO勝ち、決勝ではピーター・アーツから1ラウンドTKO勝利し、史上初となるK-1 WORLD GP3連覇を果たした。試合後、「来年はまだ誰も成し遂げていない4連覇を達成したい」とコメントした。

2008年[編集]

1月12日、オーストリアで行われたLord of the Ringでギュールミノ・ナドルと対戦。パウンドで1ラウンドKO勝ち。

4月13日、K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMAで行われたK-1スーパーヘビー級タイトルマッチでマーク・ハントと対戦し、1ラウンド終盤に右バックスピンキックでKO勝ち。2度目の防衛を果たした。

6月29日、K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKAで行われたK-1スーパーヘビー級タイトルマッチでジェロム・レ・バンナと対戦し、2-0の判定勝ち。3度目の防衛を果たした。

9月27日、K-1 WORLD GP 2008 IN SEOUL FINAL16ピーター・アーツに0-2の判定負け。しかし試合後のインタビューで、「判定には納得しているか?」との質問にシュルトは「判定について言うことはありません。」と前置きしたものの「アーツ選手もたくさんクリンチをしていた。今日の試合ではレフェリーも観客もアーツ選手を応援していたんじゃないかと思います」と不満を洩らした。さらにK-1 WORLD GP 2008 FINALのリザーバー候補については「ぜひリザーバーの権利を与えてほしい。私は誰が相手でも勝ち抜く自信がある」と自信をのぞかせた[4]ものの、同大会のリザーバーからシュルトは外された。この件について谷川貞治は「シュルト選手と話し合って総合格闘技に行くことを決めました。リザーブマッチで王座に返り咲くという手もあったんですが、彼にはDREAMの王者になってK-1と両方の王者になること、エメリヤーエンコ・ヒョードルと闘いたいという願いがあるみたいですね。次の目標ができてホッとしてますよ」とコメントしていた[5]。しかし、シュルト本人は決勝大会直前のインタビューにてリザーバーから外されたことについて聞かれると、「彼らは、トーナメントから僕を排除したのに加えて、リザーブ権すら与えてくれないなんて…まったく理解できないよ!僕はK-1から追い出されたと感じている!」と怒りのコメントを残し、さらに開幕戦でのアーツ戦の判定についても「僕にとっても謎だらけだよ!僕はピーター・アーツには負けなかった。あのジャッジ陣には敗北ってことになるのかな。でももし、あれで百歩譲っても、せいぜい延長戦突入でしょ?」と語っている。しかし、それでも「それでも貴方は、まだK-1が好きですか?」という質問に対して、「うん、そういう思いはまだ今も残っているよ。ファンの人たちは僕にとって素晴らしい存在だし、このスポーツそのものも、僕にとって非常にしっくりくるスポーツだ。一人の人間と一人の人間が殴り合い、蹴り合ってファイトする。分かっているだろ?これは本来、すごく分かりやすく、公平で、嘘偽りの無いものなんだよ。…そこに変な損得感情が入り込まない限りはね」と語り、K-1への複雑な想いを吐露している[6]

12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜マイティ・モーとDREAMルールで対戦し、三角絞めで1ラウンド一本勝ちを収めた。

2009年[編集]

3月28日、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAにてヘスディ・カラケスと対戦。2ラウンドにダウンを奪い判定勝ち。

5月16日、IT'S SHOWTIMEの初代IT'S SHOWTIME世界ヘビー級王者決定戦でバダ・ハリと対戦。序盤からパンチの激しい打ち合いとなりシュルトがダウン。立ち上がった後もハリのラッシュに押され2度目のダウンを喫してレフェリーがストップを宣告し1ラウンド45秒KO負けとなった。

9月26日、K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16で新星ダニエル・ギタから2度のダウンを奪い判定勝利。

12月5日、K-1 WORLD GP 2009 FINALでは準々決勝のジェロム・レ・バンナ戦、準決勝のレミー・ボンヤスキー戦、決勝のバダ・ハリ戦の全てで1ラウンドKO勝利を収め、1998年にピーター・アーツが達成して以来、K-1史上2度目となる決勝大会での全試合1ラウンドKO勝利を達成し、アーネスト・ホーストと並ぶ史上最多の4度目の王座を獲得。さらに今大会での全試合時間の合計は5分43秒であり、アーツが1998年に記録した決勝大会の最短制覇記録(6分43秒)も更新した。

2010年[編集]

4月3日、K-1 WORLD GP 2010 IN YOKOHAMAで行われたK-1スーパーヘビー級タイトルマッチでエロール・ジマーマンと対戦し、判定勝ち。4度目の王座防衛に成功した。

10月2日、K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16IT'S SHOWTIME世界ヘビー級王者ヘスディ・カラケスと戦い、カラケスのローキックを受け足が紫色に腫れ上がりながらも2-1の判定勝ちを収めた[7]。しかし、1ラウンド終了時にシュルトのセコンドがリングドクターとレフェリーの許可を得ずにシュルトの負傷した右スネにテーピングを巻いたことがK-1ルールに違反しており、「このテーピングが無ければシュルトは試合を続行できずにTKO負けになっていた可能性があり、またドクターとレフェリーの許可なくテーピングをしたことに対するシュルトへの減点が行われなかった」と指摘され、さらに「2ラウンド終了時のジャッジの採点は一人がドロー、一人が1ポイント差でシュルトがリードだったが、3ラウンドは明らかにカラケスが優勢だったので判定は1-1のドローになるべきなのに不当な判定が下された」「シュルトは反則負けで失格にすべき」との抗議文がIT'S SHOWTIME責任者サイモン・ルッツとブラック・ラベル・ファイティング責任者レモン・ダールダーから提出されたものの[8]、裁定に変更はなかった[9]

12月11日、K-1 WORLD GP 2010 FINALでは、準々決勝でK-1ヘビー級王者の京太郎と対戦し、アグレッシブな攻めを見せ判定勝ちを収めた。準決勝ではピーター・アーツと5度目の対戦をし、1ラウンドはやや優勢に試合を進めたものの、3ラウンドはアーツのローキックとパンチに苦しみ減点1を取られ0-2の判定負けを喫した。なお、これがK-1のトーナメント戦における初黒星となった。

2012年[編集]

2011年はK-1を主催するFEGが深刻な財政難に陥り、選手・関係者へのファイトマネー未払いが続出して大会が開催できなくなったこともあり、シュルトは一年間を休養に充てた。

2012年GLORYと契約。3月23日、United Glory 15にてブリース・ギドンと対戦し、ギドンのパンチやハイキックなどを浴びて苦戦を強いられるが、猛攻を仕掛けて判定勝ち。試合後、リング上のインタビューで「ギドンは本当に凄くタフだった」と相手を称えた。

5月26日、GLORY 1にて初代GLORY世界ヘビー級王座決定戦でエロール・ジマーマンに3RKO勝ちを収めて同王座を獲得した。

12月31日、DREAM.18 & GLORY 4にてGLORY GRAND SLAM ヘビー級世界トーナメント2012に出場し、1回戦でブリース・ギドンと再戦し、2RKO勝ち。準々決勝でリコ・ヴァーホーベンに2R判定勝ち。準決勝でグーカン・サキに2R判定勝ち。決勝でダニエル・ギタに左ハイキックで1RKO勝ちを収めて優勝した[10]

現役引退[編集]

2013年6月、心臓病によって現役を引退することが発表された[11]。シュルトは現在デビット・キリアをはじめとする後進の指導をしている。

2013年12月21日、有明コロシアムで開催されるGLORY 13 TOKYOにて、アーツ、ボンヤスキーと共にシュルトの引退式が行われることになった。シュルトの引退試合は心臓病の回復次第で行われる[12]

人物・エピソード[編集]

  • K-1参戦当初はシュルトの手があまりにも大きすぎて規定のグローブに入らず、大きめのグローブをつけて試合をしていた。その巨大な拳をもらった相手はおしなべて「レンガのように固く、痛い」とコメントしており、レンガパンチと呼ばれることもあった。
  • 爬虫類好き。かつてフジテレビで放送されたK-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦の選手紹介VTRで、自宅で飼っているボアコンストリクター(3匹)を公開し、素手で抱き抱えたまま「Are you hungry?(お腹空いたかい?)」と嬉しそうに戯れていた。その他にも色々な動物を飼っているようである。
  • 非常に真面目な性格で、記者の質問に対しても丁寧に返答することで知られている。また、記者が、シュルトの人気が低いことを揶揄して失礼な質問をしてきた時であっても全く怒ることなく対応している。
  • K-1 WORLD GP 2002 開幕戦ではテレビ解説を務めた石井和義に相手の顔面を押さえつけるファイトぶりを反則に等しい行為として批判された。ピーター・アーツにも「シュルトのファイトはエキサイティングではなく、つまらない」と酷評されている[13]
  • ホースト、レミー、バンナなどの強豪ファイターに大きく勝ち越しているが、アーツをやや苦手にしている(2勝3敗)。なお、アーツにはK-1での初黒星を喫しておりさらに開幕戦、トーナメントでの初黒星もいずれもアーツに敗れている。

戦績[編集]

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
44試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
43 20 23 0 1 0
6 2 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ダニエル・ギタ 1R TKO(左ハイキック) DREAM.18 & GLORY 4
【GLORY GRAND SLAM ヘビー級世界トーナメント2012 決勝】
2012年12月31日
グーカン・サキ 2R 判定 DREAM.18 & GLORY 4
【GLORY GRAND SLAM ヘビー級世界トーナメント2012 準決勝】
2012年12月31日
リコ・ヴァーホーベン 2R 判定 DREAM.18 & GLORY 4
【GLORY GRAND SLAM ヘビー級世界トーナメント2012 準々決勝】
2012年12月31日
ブリース・ギドン 2R 0:55 TKO DREAM.18 & GLORY 4
【GLORY GRAND SLAM ヘビー級世界トーナメント2012 1回戦】
2012年12月31日
エロール・ジマーマン 3R 2:00 TKO GLORY 1 STOCKHOLM LightWeight - First 16
【初代GLORY世界ヘビー王者決定戦】
2012年5月26日
ブリース・ギドン 3R終了 判定3-0 United Glory 15 2012年03月23日
× ピーター・アーツ 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2010 FINAL
【WORLD GP 準決勝】
2010年12月11日
京太郎 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2010 FINAL
【WORLD GP 準々決勝】
2010年12月11日
ヘスディ・カラケス 3R終了 判定2-1 K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16
【WORLD GP 1回戦】
2010年10月2日
エロール・ジマーマン 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2010 IN YOKOHAMA
【K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2010年4月3日
バダ・ハリ 1R 1:48 KO(3ノックダウン:左ミドルキック) K-1 WORLD GP 2009 FINAL
【WORLD GP 決勝】
2009年12月5日
レミー・ボンヤスキー 1R 2:28 KO(2ノックダウン:右ストレート) K-1 WORLD GP 2009 FINAL
【WORLD GP 準決勝】
2009年12月5日
ジェロム・レ・バンナ 1R 1:27 KO(2ノックダウン:左前蹴り) K-1 WORLD GP 2009 FINAL
【WORLD GP 準々決勝】
2009年12月5日
アレクセイ・イグナショフ 3R終了 判定3-0 GLORY 11: A Decade of Fights 2009年10月17日
ダニエル・ギタ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16
【WORLD GP 1回戦】
2009年9月26日
× バダ・ハリ 1R 0:45 KO(右ストレート) IT'S SHOWTIME
【初代IT'S SHOWTIME世界ヘビー級王者決定戦】
2009年5月16日
ヘスディ・カラケス 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMA 2009年3月28日
× ピーター・アーツ 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2008 IN SEOUL FINAL16
【WORLD GP 1回戦】
2008年9月27日
ジェロム・レ・バンナ 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKA
【K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2008年6月29日
マーク・ハント 1R 3:06 KO(右バックスピンキック) K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA
【K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2008年4月13日
ピーター・アーツ 1R 1:49 KO(左ストレート) K-1 WORLD GP 2007 FINAL
【WORLD GP 決勝】
2007年12月8日
ジェロム・レ・バンナ 2R 1:02 TKO(タオル投入:右足負傷) K-1 WORLD GP 2007 FINAL
【WORLD GP 準決勝】
2007年12月8日
グラウベ・フェイトーザ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2007 FINAL
【WORLD GP 準々決勝】
2007年12月8日
ポール・スロウィンスキー 1R 2:26 KO(左膝蹴り) K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16
【WORLD GP 1回戦】
2007年9月29日
マイティ・モー 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2007 IN AMSTERDAM
【K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2007年6月23日
レイ・セフォー 2R 0:26 KO(左ストレート) K-1 WORLD GP 2007 IN YOKOHAMA
【初代K-1スーパーヘビー級王者決定戦】
2007年3月4日
ピーター・グラハム 5R終了 判定3-0 K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! 2006年12月31日
ピーター・アーツ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2006 IN TOKYO 決勝戦
【WORLD GP 決勝】
2006年12月2日
アーネスト・ホースト 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2006 IN TOKYO 決勝戦
【WORLD GP 準決勝】
2006年12月2日
ジェロム・レ・バンナ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2006 IN TOKYO 決勝戦
【WORLD GP 準々決勝】
2006年12月2日
ビヨン・ブレギー 1R 2:21 KO(3ノックダウン:左ストレート) K-1 WORLD GP 2006 IN OSAKA 開幕戦
【WORLD GP 1回戦】
2006年9月30日
× チェ・ホンマン 3R終了 判定1-2 K-1 WORLD GP 2006 IN SEOUL
【スーパーファイト】
2006年6月3日
ロイド・ヴァン・ダム 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2006 IN AMSTERDAM
【スーパーファイト】
2006年5月13日
武蔵 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2006 IN LAS VEGAS
【スーパーファイト】
2006年4月29日
× ピーター・アーツ 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2006 IN AUCKLAND
【スーパーファイト】
2006年3月5日
アーネスト・ホースト 2R 0:41 TKO(ドクターストップ:左膝蹴り) K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!! 2005年12月31日
グラウベ・フェイトーザ 1R 0:48 KO(左膝蹴り) K-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦
【WORLD GP 決勝】
2005年11月19日
レミー・ボンヤスキー 1R 2:08 KO(2ノックダウン:左膝蹴り) K-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦
【WORLD GP 準決勝】
2005年11月19日
レイ・セフォー 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦
【WORLD GP 準々決勝】
2005年11月19日
グラウベ・フェイトーザ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2005 IN OSAKA 開幕戦
【WORLD GP 1回戦】
2005年9月23日
ナオフォール“アイアン・レッグ” 2R 2:32 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2005 IN PARIS
【EUROPE GP 決勝】
2005年5月27日
フレディ・ケマイヨ 3R 1:19 TKO(レフェリーストップ:右ハイキック) K-1 WORLD GP 2005 IN PARIS
【EUROPE GP 準決勝】
2005年5月27日
ピーター・ボンドラチェック 2R 2:42 TKO(レフェリーストップ) K-1 WORLD GP 2005 IN PARIS
【EUROPE GP 1回戦】
2005年5月27日
モンターニャ・シウバ 1R 1:22 KO(右ローキック) K-1 WORLD GP 2005 IN SEOUL
【スーパーファイト】
2005年3月19日
ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤ 2R 0:58 KO(左ストレート) 児童福祉チャリティ TITANS 1st 2004年チャンピオンシリーズ 〜新日本キックボクシング&K-1ファイターズ参戦〜 2004年11月6日
× アレクセイ・イグナショフ 1R 1:20 KO(左膝蹴り) IT'S SHOW TIME
【K-1ルール】
2004年5月20日
レミー・ボンヤスキー 5R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2003 in 福岡 2003年7月13日
マイケル・マクドナルド 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2002 開幕戦
【WORLD GP 1回戦】
2002年10月5日
アーネスト・ホースト 5R終了 判定0-0 Dynamite! SUMMER NIGHT FEVER in 国立 2002年8月28日
武蔵 5R終了 判定2-1 K-1 BURNING 2002 〜広島初上陸〜 2002年4月21日

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
41 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
26 14 10 2 0 1 0
14 2 6 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
マイティ・モー 1R 5:31 三角絞め Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日
ナンドール・ゲルミーノ 1R 2:45 TKO(パウンド) Lord of the Ring: Schilt vs. Guelmino 2008年1月12日
キム・ミンス 1R 4:46 三角絞め HERO'S 2006 2006年8月5日
× セルゲイ・ハリトーノフ 1R 9:19 TKO(マウントパンチ) PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND
【ヘビー級GP 2回戦】
2004年6月20日
ガン・マッギー 1R 5:02 腕ひしぎ十字固め PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦
【ヘビー級GP 1回戦】
2004年4月25日
× ジョシュ・バーネット 3R 4:48 腕ひしぎ十字固め INOKI BOM-BA-YE 2003
【無差別級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2003年12月31日
× アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 1R 6:36 三角絞め PRIDE.23 2002年11月24日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 3R終了 判定0-3 PRIDE.21 2002年6月23日
高山善廣 1R 3:09 KO(左ストレート→パウンド) PRIDE.18 2001年12月23日
佐竹雅昭 1R 2:18 TKO(スタンドパンチ連打) PRIDE.17 2001年11月3日
小路晃 1R 8:19 KO(スタンドの打撃) PRIDE.16 2001年9月24日
× ジョシュ・バーネット 1R 4:21 腕ひしぎ十字固め UFC 32: Showdown in the Meadowlands 2001年6月29日
ピート・ウィリアムス 2R 1:28 TKO(スタンドの打撃) UFC 31: Locked and Loaded 2001年5月4日
アレクセイ・メドヴェーデフ 10分2R終了 判定ドロー 2 Hot 2 Handle 2: Simply The Best 2001年3月18日
ボブ・シュライバー 2R 1:00 チョークスリーパー It's Showtime: Exclusive 2000年10月22日
渋谷修身 8:55 TKO(パウンド) PANCRASE 2000 TRANS TOUR
【無差別級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2000年9月24日
山本宜久 1R 2:54 KO(パンチ) Rings Holland: Di Capo Di Tutti Capi 2000年6月4日
高橋義生 7:30 TKO(パウンド) PANCRASE 2000 TRANS TOUR
【無差別級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2000年4月30日
近藤有己 2:28 チョークスリーパー PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【無差別級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
1999年11月28日
美濃輪育久 15分終了 判定3-0 PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年9月18日
稲垣克臣 8:23 KO(膝蹴り) PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年9月4日
渋谷修身 12:06 チョークスリーパー PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年7月6日
× ギルバート・アイブル 2R 4:58 KO Rings Holland: The Kings of the Magic Ring 1999年6月20日
× 近藤有己 20分終了 判定(ポイント0-1) PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR
【無差別級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
1999年4月18日
伊藤崇史 1:45 肩固め PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年3月9日
船木誠勝 7:13 KO(ボディブロー) PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年9月14日
ガイ・メッツァー 13:15 KO PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年6月21日
高橋義生 5:44 TKO(レフェリーストップ) PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年5月12日
ジェイソン・ゴドシー 1:47 TKO(ドクターストップ:カット) PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年4月26日
× 船木誠勝 15分終了 判定(ポイント0-1) PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年3月18日
× 長谷川悟史 3:56 足首固め PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年2月6日
鈴木みのる 9:52 KO(膝蹴り) PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年1月16日
× 近藤有己 20分終了 判定(ポイント0-1) PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年6月30日
冨宅飛駈 8:59 スリーパーホールド PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年5月24日
高橋義生 7:00 TKO(レフェリーストップ) PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年3月22日
× 船木誠勝 5:47 アンクルホールド PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年2月22日
× ガイ・メッツァー 20分終了 判定(ポイント0-2) PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年1月17日
渋谷修身 10分終了 判定2-0 PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年12月15日
× 柳澤龍志 0:51 アンクルホールド PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年10月8日
× 近藤有己 10分終了 判定1-2 PANCRASE TOUR 1996 TRUTH
【ネオブラッド・トーナメント 1回戦】
1996年7月22日
山田学 5:44 スリーパーホールド PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年5月16日

獲得タイトル[編集]

  • オランダUSA大山空手オープントーナメント優勝(1994年)
  • 全欧芦原空手オープントーナメント優勝(1994年)
  • 全英極真空手オープントーナメント優勝(1994年)
  • モスクワフルコンタクト空手オープントーナメント優勝(1994年)
  • オランダ極真武道会大会優勝(1995年)
  • オープントーナメント北斗旗空手道無差別選手権大会優勝 優勝(1996年)
  • オープントーナメント北斗旗空手道無差別選手権大会優勝 優勝(1997年)
  • 第9代無差別級キング・オブ・パンクラシスト
  • K-1 WORLD GP 2005 IN PARIS EUROPE GP 優勝
  • K-1 WORLD GP 2005 優勝
  • K-1 WORLD GP 2006 優勝
  • K-1 WORLD GP 2007 優勝
  • 初代K-1スーパーヘビー級(100kg以上)王座
  • K-1 WORLD GP 2009 優勝
  • 初代GLORY世界ヘビー級王座
  • GLORY GRAND SLAM ヘビー級世界トーナメント 2012 優勝

出演映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新日本キックの松本哉朗&江幡睦が参戦:12.31 埼玉 BoutReview 2012年12月17日
  2. ^ [パンクラス] 無差別級ランキング、全面更新で再始動。シュルトは王座返上 BoutReview 2003年8月1日
  3. ^ ルールの変更による。今回に限らず以前もシュルトが得意とする首相撲からの膝の連打についてルール変更された過去がある。
  4. ^ K-1 WORLD GP 2008 IN SEOUL FINAL16 試合後のコメント スポーツナビ 2008年9月27日
  5. ^ リザーブマッチにホンマン登場!! K-1 WORLD GP追加カード!! kamipro.com 2008年11月11日
  6. ^ mixfight.nl 2008年12月5日
  7. ^ K-1 WORLD GP 2010 FINAL16 第10試合 スポーツナビ 2010年10月2日
  8. ^ 【IT’S SHOWTIME通信 from オランダ】 セミー・シュルトへの抗議文 J SPORTS コラム 2010年10月12日
  9. ^ シュルトvsカラケス戦に関する見解 K-1公式サイト 2010年12月13日
  10. ^ 【GLORY】ヘビー級トーナメントはシュルトの圧勝劇! eFight 2012年12月31日
  11. ^ K-1王者シュルトが心臓病で引退 日刊スポーツ 2013年6月28日
  12. ^ アーツ、シュルト、ボンヤスキーが引退戦。谷川貞治氏がゲストプロデューサーに: boutreview 2013年10月31日
  13. ^ 「K-1のためにオレは闘う」アーツ一世一代の大勝負 K-1公式サイト 2008年9月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
N/A
初代K-1スーパーヘビー級王者

2007年3月4日 - 現在

次王者
N/A
前王者
近藤有己
第9代パンクラス無差別級王者

1999年11月28日 - 2003年7月(返上)

空位
次タイトル獲得者
ジョシュ・バーネット