UFC 31

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 31: Locked and Loaded
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファLLC
開催年月日 2001年5月4日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州アトランティックシティ
会場 トランプ・タージマハル・カジノ
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全8試合
イベント時系列
UFC 30: Battle on the Boardwalk UFC 31: Locked and Loaded UFC 32: Showdown in the Meadowlands

UFC 31: Locked and Loaded(ユーエフシー・サーティワン:ロックト・アンド・ローデッド)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」のPPV大会の一つ。2001年5月4日ニュージャージー州アトランティックシティのトランプ・タージマハル・カジノで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントのヘビー級タイトルマッチでは、ランディ・クートゥアペドロ・ヒーゾを破ってヘビー級王座を防衛し、階級改正後初となるウェルター級タイトルマッチでは、カーロス・ニュートンが王者パット・ミレティッチを撃破し、第2代ウェルター級王者となった。

ルール改正[編集]

本大会より階級区分が変更され、旧バンタム級は新ライト級(-155lbs)へ、旧ライト級は新ウェルター級(-170lbs)へ、旧ミドル級は新ライトヘビー級(-205lbs)へとそれぞれ移行し、新たに新ミドル級(-185lbs)が設置された。また、これ以降はスーパーヘビー級およびバンタム級以下の試合は行われなくなった。

これによりUFCの階級はライト級、ウェルター級、ミドル級、ライトヘビー級、ヘビー級の5階級体制となった。

試合結果[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
ペルーの旗 トニー・デスーザ vs. アメリカ合衆国の旗 スティーブ・バーガー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第2試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 BJペン vs. アメリカ合衆国の旗 ジョーイ・ギルバート ×
1R 4:57 TKO(レフェリーストップ)
第3試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・リンドランド vs. アメリカ合衆国の旗 ヒカルド・アルメイダ ×
3R 4:21 反則失格(顔面への蹴り上げ)
第4試合 ヘビー級 5分3R
オランダの旗 セーム・シュルト vs. アメリカ合衆国の旗 ピート・ウィリアムス ×
2R 1:28 TKO(レフェリーストップ:左フック)
第5試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ショーニー・カーター vs. アメリカ合衆国の旗 マット・セラ ×
3R 4:51 KO(バックハンドブロー)
第6試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チャック・リデル vs. アメリカ合衆国の旗 ケビン・ランデルマン ×
1R 1:18 KO(左フック→右ストレート)
第7試合 UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
カナダの旗 カーロス・ニュートン vs. アメリカ合衆国の旗 パット・ミレティッチ ×
3R 2:50 ブルドッグチョーク
※ニュートンが第2代UFC世界ウェルター級王者となった。
第8試合 メインイベント UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア vs. ブラジルの旗 ペドロ・ヒーゾ ×
5R終了 判定3-0
※クートゥアがヘビー級王座の初防衛に成功。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]