UFC 79

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 79: Nemesis
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファLLC
開催年月日 2007年12月29日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全10試合
入場者数 11,075人
入場収益 4,994,000USドル
報酬総額 1,199,000USドル[1]
イベント時系列
The Ultimate Fighter: Team Hughes vs. Team Serra Finale UFC 79: Nemesis UFC 80: Rapid Fire

UFC 79: Nemesis(ユーエフシー・セブンティナイン:ネメシス)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」のPPV大会の一つ。2007年12月29日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントでは、現ウェルター級王者マット・セラと元ウェルター級王者マット・ヒューズとのウェルター級タイトルマッチが予定されていたが、セラの負傷欠場により中止となった[2]。替わって元ウェルター級王者ジョルジュ・サンピエールがヒューズとウェルター級暫定王者決定戦に勝利し、ウェルター級暫定王者となった。

本大会より元PRIDEミドル級王者ヴァンダレイ・シウバが7年ぶりにUFCに復帰参戦するも、チャック・リデルに判定負けを喫した。また、元PRIDE選手のソクジュリョート・マチダとのUFCデビュー戦に挑んだが、一本負けで黒星デビューとなった。

大会にはPRIDEライト級王者五味隆典が来場した。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 マーク・ボーチェック vs. アメリカ合衆国の旗 ダグ・エヴァンス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第2試合 ウェルター級 5分3R
ブラジルの旗 ホアン・"ジュカオン"・カルネイロ vs. ペルーの旗 トニー・デソーザ ×
2R 3:33 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第3試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ディーン・リスター vs. ブルガリアの旗 ヨルダン・ラデフ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第4試合 ライト級 5分3R
アルメニアの旗 マンヴェル・ガンブリャン vs. アメリカ合衆国の旗 ネイト・モーア ×
1R 1:31 アンクルホールド
第5試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェームス・アーヴィン vs. ブラジルの旗 ルイス・カーニ ×
1R 1:51 反則(グラウンド状態の相手の頭部への膝蹴り)

メインカード[編集]

第6試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リッチ・クレメンティ vs. アメリカ合衆国の旗 メルヴィン・ギラード ×
1R 4:40 チョークスリーパー
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 リョート・マチダ vs. カメルーンの旗 ソクジュ ×
2R 4:20 肩固め
第8試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エディ・サンチェス vs. オーストラリアの旗 ソア・パラレイ ×
3R 3:24 TKO(レフェリーストップ:目の負傷)
第9試合 セミファイナル ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チャック・リデル vs. ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
第10試合 メインイベント UFC世界ウェルター級暫定王者決定戦 5分5R
カナダの旗 ジョルジュ・サンピエール vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ヒューズ ×
2R 4:54 腕ひしぎ十字固め
※サンピエールがUFC世界ウェルター級暫定王者となる。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: チャック・リデル vs. ヴァンダレイ・シウバ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: エディ・サンチェス
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ジョルジュ・サンピエール
各選手にはボーナスとして50,000ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]