UFC 141

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 141: Lesnar vs. Overeem
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファLLC
開催年月日 2011年12月30日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
試合数 全10試合
入場者数 13,793[1]
入場収益 3,100,000USドル[1]
PPV購入数 800,000[2]
イベント時系列
UFC 140: Jones vs. Machida UFC 141: Lesnar vs. Overeem UFC 142: Aldo vs. Mendes

UFC 141: Lesnar vs. Overeem(ユーエフシー・ワンフォーティーワン:レスナー・バーサス・オーフレイム)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2011年12月30日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

DREAMStrikeforceK-1を制覇したアリスター・オーフレイムがUFCに初参戦。元UFC世界ヘビー級王者ブロック・レスナーとのドリームマッチが実現した。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード(Facebook)[編集]

第1試合 フェザー級 5分3R
× アルメニアの旗 マンヴェル・ガンブリャン vs. ブラジルの旗 ディエゴ・ヌネス
3R終了 判定3-0(29–28、29–28、29–28)
第2試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェイコブ・ヴォルクマン vs. メキシコの旗 エフレイン・エスクデロ ×
3R終了 判定3-0(29–28、29–28、29–28)
第3試合 ウェルター級 5分3R
韓国の旗 キム・ドンヒョン vs. カナダの旗 ショーン・ピアソン ×
3R終了 判定3-0(30–27、30–27、30–27)

プレリミナリィカード(FREE ON TV)[編集]

第4試合 ライト級 5分3R
× ナイジェリアの旗 アンソニー・ジョクアーニ vs. アメリカ合衆国の旗 ダニー・カスティーリョ
3R終了 判定2-1(29–28、28–29、29–28)
第5試合 フェザー級 5分3R
イギリスの旗 ロス・ピアソン vs. ブラジルの旗 ジュニオール・アスンソン ×
3R終了 判定3-0(29–28、29–28、30–27)

メインカード[編集]

第6試合 フェザー級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 ナム・ファン vs. アメリカ合衆国の旗 ジミー・ヘッテス
3R終了 判定3-0(30–25、30–25、30–26)
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
× ベラルーシの旗 ウラジミール・マティシェンコ vs. スウェーデンの旗 アレクサンダー・グスタフソン
1R 2:35 TKO(左ストレート→パウンド)
第8試合 ウェルター級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 ジョン・フィッチ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョニー・ヘンドリックス
1R 0:12 KO(左フック)
第9試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ネイサン・ディアス vs. アメリカ合衆国の旗 ドナルド・セラーニ ×
3R終了 判定3-0(30–27、30–27、29–28)
第10試合 メインイベント ヘビー級 5分5R
× アメリカ合衆国の旗 ブロック・レスナー vs. オランダの旗 アリスター・オーフレイム
1R 2:26 TKO(左ミドルキック→パウンド)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトネイサン・ディアス vs. ドナルド・セラーニ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトジョニー・ヘンドリックス
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
各選手にはボーナスとして75,000ドルが支給された[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b UFC 141 officially draws 13,793 attendance for $3.1 million live gate”. mmajunkie.com. 2013年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月11日閲覧。
  2. ^ http://mmapayout.com/blue-book/pay-per-view/
  3. ^ UFC 141 bonuses: Hendricks, Diaz and Cerrone get $75,000 awards MMAjunkie.com 2011年12月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]