UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann
イベント詳細
シリーズ UFC(UFC Fight Night)
主催 ズッファLLC
開催年月日 2009年4月1日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州ナッシュビル
会場 ソメット・センター
開始時刻 午後8時(ET / PT
午後7時(CT
試合数 全11試合
放送局 Spike TV
入場者数 10,267人
入場収益 626,077USドル
イベント時系列
UFC 96: Jackson vs. Jardine UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann UFC 97: Redemption

UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann(ユーエフシー・ファイトナイト:コンディット・ヴァーサス・カンプマン、別名UFC Fight Night 18)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2009年4月1日テネシー州ナッシュビルソメット・センターで開催された。

本大会はテネシー州初のUFC興行であり、大会サブタイトルの通り、メインイベントではカーロス・コンディットマルティン・カンプマンによるウェルター級マッチが行われた。

大会概要[編集]

WECの軽量級特化に伴うライトヘビー級ミドル級ウェルター級の選手のUFCへの移管を受けて、多くのWEC選手が参加する大会となった。

メインイベントのウェルター級マッチでは、カンプマンがコンディットを2-1の判定で下した。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アーロン・シンプソン vs. アメリカ合衆国の旗 ティム・マッケンジー ×
1R 1:40 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第2試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ロブ・キモンズ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョー・ヴェデポ ×
1R 1:54 ギロチンチョーク
第3試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ホルヘ・リベラ vs. アメリカ合衆国の旗 ニッセン・オスターネック ×
3R終了 判定2-1
第4試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティム・クレデュー vs. アメリカ合衆国の旗 ニック・カトーネ ×
2R 3:45 ギロチンチョーク
第5試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブロック・ラーソン vs. アメリカ合衆国の旗 ジェシー・サンダース ×
1R 2:01 チョークスリーパー
第6試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ヒカルド・アルメイダ vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ホーウィッチ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第7試合 キャッチウェイトバウト(158ポンド) 5分3R
ブラジルの旗 グレイゾン・チバウ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・スティーブンス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)

メインカード[編集]

第8試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 コール・ミラー vs. アメリカ合衆国の旗 ジュニー・ブラウニング ×
1R 1:58 ギロチンチョーク
第9試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 タイソン・グリフィン vs. ブラジルの旗 ハファエル・ドス・アンジョス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ライアン・ベイダー vs. アメリカ合衆国の旗 カーメロ・マレロ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 メインイベント ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マルティン・カンプマン vs. アメリカ合衆国の旗 カーロス・コンディット ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: タイソン・グリフィン vs. ハファエル・ドス・アンジョス
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: アーロン・シンプソン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ロブ・キモンズ
各選手にはボーナスとして30,000ドルが支給された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]