UFC 117

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 117: Silva vs. Sonnen
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファLLC
開催年月日 2010年8月7日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州オークランド
会場 オラクル・アリーナ
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全11試合
入場者数 12,971人
入場収益 1,560,000USドル
イベント時系列
UFC on Versus: Jones vs. Matyushenko UFC 117: Silva vs. Sonnen UFC 118: Edgar vs. Penn 2

UFC 117: Silva vs. Sonnen(ユーエフシー・ワンセブンティーン・シウバ・バーサス・ソネン)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2010年8月7日カリフォルニア州オークランドオラクル・アリーナで開催された[1]

大会サブタイトル「Silva vs. Sonnen」の通り、メインイベントではアンデウソン・シウバチェール・ソネンによるUFC世界ミドル級タイトルマッチが行われた[2]

大会概要[編集]

メインイベントのミドル級タイトルマッチでは、挑戦者のソネンが試合を優勢に進める中、王者シウバが最終ラウンド後半に腕ひしぎ三角固めで一本勝ちを収め、7度目の王座防衛に成功するとともに、UFC12連勝を達成した[3]

第10試合のジョン・フィッチチアゴ・アウベスのウェルター級戦は、アウベスが171.5ポンドで計量を0.5ポンドオーバーし、再計量でも体重を171ポンドまで減量することができなかったため、171.5ポンドのキャッチウェイトバウトに変更された[4]

当初、スタニスラブ・ネドコフのUFCデビュー戦が予定されていたが、負傷により替わってフィル・デイヴィスが出場した[5]

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デニス・ホールマン vs. アメリカ合衆国の旗 ベン・ソーンダース ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、29-28)
第2試合 ヘビー級 5分3R
オランダの旗 ステファン・ストルーフェ vs. アメリカ合衆国の旗 クリスチャン・モアクラフト ×
2R 0:22 KO(パウンド
第3試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティム・ボッシュ vs. アメリカ合衆国の旗 トッド・ブラウン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第4試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョニー・ヘンドリックス vs. アメリカ合衆国の旗 チャーリー・ブレネマン ×
2R 0:40 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第5試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フィル・デイヴィス vs. アメリカ合衆国の旗 ロドニー・ウォーラス ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-27、30-27)
第6試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リック・ストーリー vs. アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ヘイズレット ×
2R 1:15 TKO(レフェリーストップ:パウンド

メインカード[編集]

第7試合 ヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 ジュニオール・ドス・サントス vs. アメリカ合衆国の旗 ロイ・ネルソン ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-27、30-27)
第8試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ヒューズ vs. アメリカ合衆国の旗 ヒカルド・アルメイダ ×
1R 3:15 変形ギロチンチョーク
第9試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クレイ・グイダ vs. ブラジルの旗 ハファエル・ドス・アンジョス ×
3R 1:51 ギブアップ(顎の骨折)
第10試合 キャッチウェイトバウト(171.5ポンド) 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・フィッチ vs. ブラジルの旗 チアゴ・アウベス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 メインイベント UFC世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 アンデウソン・シウバ vs. アメリカ合衆国の旗 チェール・ソネン ×
5R 3:10 腕ひしぎ三角固め
シウバが7度目のミドル級王座防衛に成功した。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト:アンデウソン・シウバ vs. チェール・ソネン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト:ステファン・ストルーフェ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト:アンデウソン・シウバ、マット・ヒューズ
各選手にはボーナスとして60,000ドルが支給された[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]