ステファン・ストルーフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファン・ストルーフェ
基本情報
本名 ステファン・ジェイミー・ストルーフェ
(Stefan Jaimy Struve)[1]
通称 スカイスクレイパー (Skyscraper)
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1988年2月18日(26歳)
出身地 北ホラント州ベーフェルウェイク
所属 チーム・シュライバー
身長 213cm
体重 118kg
リーチ 215cm
階級 ヘビー級
スタイル キックボクシングブラジリアン柔術
テンプレートを表示

ステファン・ストルーフェStefan Struve、男性、1988年2月18日)は、オランダ総合格闘家北ホラント州ベーフェルウェイク出身。チーム・シュライバー所属。ブラジリアン柔術茶帯。ステファン・シュトルーフステファン・ストルーブとも表記される。

7フィートに達する長身から、「スカイスクレイパー」(摩天楼)の異名を持つ。

来歴[編集]

兄の影響で14歳からボブ・シュライバーのジムでキックボクシングを始めた。中学を卒業してから2年間ドアマンを経験した後、17歳でプロ総合格闘家としてのキャリアをスタートさせた[2][3]

2005年3月19日、オランダでのプロデビュー戦で一本勝ちを収めた。

2008年8月29日、M-1 Challenge in KOREAの世界選抜 vs. チーム・ジャパンで桜木裕司と対戦し、三角絞めで一本勝ちを収めた。

UFC[編集]

2009年2月21日、UFC初参戦となったUFC 95ジュニオール・ドス・サントスと対戦。右フックでダウンを奪われ、パウンドでTKO負けを喫した[4]

2009年10月24日、UFC 104でチェイス・ゴームリーと対戦し、三角絞めで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した[5]

2009年12月12日、UFC 107にて負傷欠場したトッド・ダフィーの代打で急遽ポール・ブエンテロと対戦し、2-0で判定勝ちを収めた。試合後の勝利者インタビューでは急なオファーで戦ったが「引き分けだと思う」とコメントをしている[6]

2010年3月31日、UFC Fight Night: Florian vs. Gomiにて、ロイ・ネルソンと対戦し、右フックを受けダウンしたところににパウンドで追撃されTKO負けとなった[7]

2010年8月7日、UFC 117でクリスチャン・モアクラフトと対戦。1Rにモアクラフトの打撃を受け下唇をカットし大流血に追い込まれた。しかし、2Rにパンチ連打でダウンを奪うとパウンドで追撃しKO勝利。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得した[8]

2011年10月1日、 UFC Live: Cruz vs. Johnsonにてパトリック・バリーと対戦。バリーの打撃をステップで巧みにかわしながらスピーディな打撃の攻防戦を繰り広げ、2Rに入るとクリンチの状態からバリーにダースチョークを仕掛け、ギロチンチョークに切り替えながらバリーをそのままテイクダウンし、首を抜いたバリーにすかさず三角絞めを仕掛けて一本勝ちを収めた[9]

2012年2月15日、UFC on Fuel TV 1デイブ・ハーマンと対戦。2Rにマウントを取りパウンドを落とすと関節技も仕掛けていく。最後は対角線のコンビネーションを見せ、バランスを崩したハーマンにアッパーを打ち込みダウンを奪うと、倒れたハーマンにマウントパンチの連打でKO勝利した[10]

2012年5月26日、UFC 146でレイバー・ジョンソンと対戦。序盤にラッシュを仕掛けてくるジョンソンに組み付き、グラウンドへの引き込みからの腕ひしぎ十字固めで1R1分5秒で一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得した[11]

2012年9月29日、UFC on Fuel TV 5のメインイベントで総合9戦無敗のスタイプ・ミオシッチと対戦。ジャブやアッパーでダメージを負わせ、強烈な右ストレートを打ち込みミオシッチをぐらつかせる。距離を取ろうとしたミオシッチにアッパーの連打、最後は左フックでKO勝ちを収めた。この試合でシュトルーフは無敗のミオシッチに初黒星を付けさせ、UFC4連勝。さらにファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[12]

2013年3月3日、UFC on Fuel TV 8マーク・ハントと対戦。3Rに左フックを受けてTKO負けを喫した。この試合でシュトルーフは頬骨と右アゴを骨折し、試合から数日後に手術を行うこととなった[13]

2013年8月に心臓病を患っている事を発表[14]。長期戦線離脱を余儀なくされた。

2014年7月6日、ラズベガスで開催されたUFC 175において、マット・ミトリオンとの対戦直前に控室で突然意識を失った。その後の経過は非常に順調であったが大事を取り、試合中止が決定した。[15]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
31 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
25 7 16 1 1 0 0
6 5 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× マーク・ハント 3R 1:44 TKO(左フック) UFC on Fuel TV 8 2013年3月3日
スタイプ・ミオシッチ 2R 3:50 TKO(スタンドパンチ連打) UFC on Fuel TV 5 2012年9月29日
レイバー・ジョンソン 1R 1:05 腕ひしぎ十字固め UFC 146: Dos Santos vs. Mir 2012年5月26日
デイブ・ハーマン 2R 3:52 TKO(マウントパンチ) UFC on Fuel TV 1 2012年2月15日
パトリック・バリー 2R 3:22 三角絞め UFC Live: Cruz vs. Johnson 2011年10月1日
× トラヴィス・ブラウン 1R 4:11 KO(右スーパーマンパンチ) UFC 130: Rampage vs. Hamill 2011年5月28日
ショーン・マッコークル 1R 3:55 TKO(マウントパンチ) UFC 124: St-Pierre vs. Koscheck 2 2010年12月11日
クリスチャン・モアクラフト 2R 0:22 KO(パウンド) UFC 117: Silva vs. Sonnen 2010年8月7日
× ロイ・ネルソン 1R 0:39 TKO(右フック→パウンド) UFC Fight Night: Florian vs. Gomi 2010年3月31日
ポール・ブエンテロ 5分3R終了 判定2-0 UFC 107: Penn vs. Sanchez 2009年12月12日
チェイス・ゴームリー 1R 4:04 三角絞め UFC 104: Machida vs. Shogun 2009年10月24日
デニス・ストイニッチ 2R 2:37 チョークスリーパー UFC 99: The Comeback 2009年6月13日
× ジュニオール・ドス・サントス 1R 0:54 TKO(右フック→パウンド) UFC 95: Sanchez vs. Stevenson 2009年2月21日
マリオ・ネート 2R 3:19 チョークスリーパー Cage Gladiators 10: Clash of the Titans 2008年11月29日
ラルフ・ヴォニンク 1R 腕ひしぎ十字固め KOE: Tough Is Not Enough 2008年10月5日
桜木裕司 1R 2:30 三角絞め M-1 Challenge in KOREA
【世界選抜 vs. チーム・ジャパン +93kg級戦】
2008年8月29日
コリン・ロビンソン 1R 三角絞め Cage Gladiators 8 2008年7月27日
ラルフ・ヴォニンク 1R チョークスリーパー Beast of the East 2008年1月26日
× クリスチャン・"トントン"・ムプンボ 1R 2:05 ダースチョーク Star of Peresvit
【無差別級トーナメント 準決勝】
2007年12月7日
セルゲイ・ダニッシュ 2R 2:20 TKO(タオル投入) Star of Peresvit
【無差別級トーナメント 1回戦】
2007年12月7日
トメク・スミコウスキー 1R チョーク Tempel: Mix Fight Gala VI 2007年11月25日
トム・ブラックレッジ 1R 2:14 三角絞め Cage Gladiators 5 2007年11月4日
デニス・コムキン 1R チョークスリーパー Siberian Challenge 1 2007年10月14日
マルコ・シンチッチ 1R 三角絞め Combined Forces: The Real Deal 2007年5月5日
アッテ・バックマン 1R 3:54 三角絞め Fight Festival 21 2007年3月17日
フローリアン・ミュラー 2R 1:38 TKO Outsider Cup 6 2006年12月16日
マーカス・サルサ 1R 3:01 三角絞め World Extreme Fighting: Orleans Arena 2006年6月10日
ムラット・ボウレクバ 反則 Staredown City 2006年2月5日
エミール・スマイロビッチ 1R KO MMA - Event 2005年9月17日
× ロムアルツ・ガークリス 1R TKO Mixfight Gala 2005年4月16日
ジョン・デ・ワイルド 1R 腕ひしぎ十字固め Gentlemen Fight Night 2005年3月19日

キックボクシング[編集]

  • 4戦4勝0敗(3KO)

獲得タイトル[編集]

  • Cage Gladiators世界ヘビー級王座

ファイト・オブ・ザ・ナイト(1度受賞) ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(1度受賞) サブミッション・オブ・ザ・ナイト(2度受賞)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]