UFC 51

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 51: Super Saturday
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファLLC
開催年月日 2005年2月5日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全9試合
入場者数 11,072人
(チケット実売9,268人)[1]
入場収益 1,493,000USドル[1]
報酬総額 456,000USドル[2]
イベント時系列
UFC 50: The War of '04 UFC 51: Super Saturday The Ultimate Fighter 1 Finale

UFC 51: Super Saturday(ユーエフシー・フィフティワン:スーパー・サタデー)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」のPPV大会の一つ。2005年2月5日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

第2代UFC世界ミドル級王者ムリーロ・ブスタマンチの王座剥奪以来空位となっていたミドル級の王座決定戦、並びにヘビー級王者フランク・ミアの負傷による長期離脱に伴いヘビー級の暫定王座決定戦が行われた。また、メインイベントではティト・オーティズビクトー・ベウフォートによるライトヘビー級戦が行われた。

大会概要[編集]

第6試合の世界ミドル級王座決定戦では、エヴァン・タナーデビッド・テレルをTKOで下し、第3代世界ミドル級王者となった。また、第7試合のヘビー級暫定王座決定戦ではアンドレイ・アルロフスキーティム・シルビアアキレス腱固めで破り、ヘビー級暫定王者となった。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・ディアス vs. アメリカ合衆国の旗 ドリュー・フィケット ×
1R 4:40 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第2試合 ウェルター級 5分3R
アルメニアの旗 カロ・パリジャン vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・ライトル ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第3試合 ミドル級 5分3R
カナダの旗 デビッド・ロワゾー vs. アメリカ合衆国の旗 ギデオン・レイ ×
1R終了時 TKO(ドクターストップ:カット)
第4試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ポール・ブエンテロ vs. アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・エイラーズ ×
1R 3:34 KO(右ストレート)

メインカード[編集]

第5試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・カイル vs. アメリカ合衆国の旗 ジェームス・アーヴィン ×
1R 1:55 KO(右ストレート)
第6試合 UFC世界ミドル級王座決定戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 エヴァン・タナー vs. アメリカ合衆国の旗 デビッド・テレル ×
1R 4:35 TKO(レフェリーストップ:パウンド
タナーが第3代UFC世界ミドル級王者となる。
第7試合 UFC世界ヘビー級暫定王座決定戦 5分5R
ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー vs. アメリカ合衆国の旗 ティム・シルビア ×
1R 0:47 アキレス腱固め
アルロフスキーがUFC世界ヘビー級暫定王者となる。
第8試合 スウィングバウト ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ピート・セル vs. アメリカ合衆国の旗 フィル・バローニ ×
3R 4:19 フロントチョーク
第9試合 メインイベント ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティト・オーティズ vs. ブラジルの旗 ビクトー・ベウフォート ×
3R終了 判定2-1(29-28、29-28、28-29)

脚注[編集]

  1. ^ a b NEVADA'S TOP MMA GATES ネバダ州アスレチック・コミッション公式サイト 2008年5月28日閲覧
  2. ^ Mixed Martial Arts--- Full Breakdown of UFC 51 Fighter Salaries Ivan's Blog(MMAWEEKLYからのアーカイブ) 2005年4月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]