The Ultimate Fighter: Team Liddell vs. Team Ortiz Finale

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Ultimate Fighter:
Team Liddell vs. Team Ortiz Finale
イベント詳細
シリーズ UFC (TUF Finale)
主催 ズッファLLC
開催年月日 2010年6月19日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 ザ・パール
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全10試合
放送局 Spike TV
入場者数 1,708人[1]
入場収益 430,000USドル[1]
イベント時系列
UFC 115: Liddell vs. Franklin The Ultimate Fighter:
Team Liddell vs. Team Ortiz Finale
UFC 116: Lesnar vs. Carwin

The Ultimate Fighter: Team Liddell vs. Team Ortiz Finale(ジ・アルティメット・ファイター:チーム・リデル・バーサス・チーム・オーティス・フィナーレ、別名The Ultimate Fighter 11 Finale)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。本大会はリアリティ番組The Ultimate Fighterシーズン11のフィナーレとして、2010年6月19日ネバダ州ラスベガスザ・パールで開催された[2]

大会メインイベントではコート・マッギー対クリス・マックレーのTUFシーズン11決勝戦が行われた。

大会概要[編集]

シーズンからの敗者復活を果たした選手同士の対決となったメインイベントのTUFシーズン11決勝では、マッギーがマックレーに一本勝ちし、シーズン11を制した[3]

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トラヴィス・ブラウン vs. イギリスの旗 ジェームズ・マクスウィーニー ×
1R 4:32 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第2試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・カモージー vs. アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・ハマーツリー ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
第3試合 ミドル級 5分3R
ニュージーランドの旗 カイル・ノーク vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・ブライアント ×
2R 3:12 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第4試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブラッド・タヴァレス vs. アメリカ合衆国の旗 セス・バジンスキー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第5試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ガンダーソン vs. カナダの旗 マーク・ホルスト ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

メインカード[編集]

第6試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リッチ・アトニート vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイミー・イェーガー ×
2R 4:25 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第7試合 ライト級 5分3R
ドイツの旗 デニス・シヴァー vs. アメリカ合衆国の旗 スペンサー・フィッシャー ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、29-28)
第8試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・リーベン vs. アメリカ合衆国の旗 アーロン・シンプソン ×
2R 4:17 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第9試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ハミル vs. アメリカ合衆国の旗 キース・ジャーディン ×
3R終了 判定2-0(29-27、29-27、28-28)
第10試合 メインイベント TUF 11ミドル級トーナメント決勝 5分3R
アメリカ合衆国の旗 コート・マッギー vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・マックレー ×
2R 3:41 チョークスリーパー
マッギーがTUFシーズン11優勝を果たした。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト:マット・ハミル vs. キース・ジャーディン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト:クリス・リーベン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト:コート・マッギー
各選手にはボーナスとして25,000ドルが支給された[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]