クリス・リーベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・リーベン
基本情報
本名 クリス・サイラス・レーベン
(Chris Cyrus Leben)[1]
通称 ザ・クリップラー (The Crippler)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1980年7月21日(33歳)[2]
出身地 オレゴン州ポートランド[2]
所属 チーム・クエスト
→Icon Fitness MMA
アライアンスMMA
身長 180cm
体重 84kg
リーチ 179cm
階級 ミドル級
スタイル ボクシングレスリング
テンプレートを表示

クリス・リーベンChris Leben、男性、1980年7月21日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家オレゴン州ポートランド出身。アライアンスMMA所属。元WEC世界ミドル級王者。クリス・レーベンとも表記される。

サウスポースタイルからの左フックを得意とする。全身をタトゥーで覆っており、背中には武士とともに「武士道」と日本語のタトゥーが彫られている。

来歴[編集]

総合格闘家となるまでは、塗装工・建設作業員として働いていた。

2004年1月16日、WEC 9のミドル級王者決定戦でマイク・スウィックに左フックでKO勝ちを収め、初代WEC世界ミドル級王者となった。その後、TUFシーズン1に参戦するため同王座を返上。

The Ultimate Fighter[編集]

2005年リアリティ番組The Ultimate Fighter」のシーズン1にミドル級選手として参加。シーズン中はランディ・クートゥア率いるチーム・クートゥアに所属。初日から泥酔してジェイソン・タッカーのベッドに放尿し、その後は相手チームのボビー・サウスワースジョシュ・コスチェックらとトラブルを起こし家のドアを破壊、果ては洗面所の鏡を殴って拳を大怪我するなど強烈なキャラクターを発揮し、批判とともに大きな人気を得た。

エリミネイションバウトでジョシュ・コスチェックに判定で敗れ、一度はシーズンを離脱するものの、その後ネイサン・クォーリーの負傷によるシーズン離脱に伴い、クォーリーからの指名によりチーム・クートゥアの欠員補充として復帰。ミドル級トーナメント準決勝でケニー・フロリアンにカットによるTKOで敗れるが、2005年4月9日に行われたフィナーレでは元チームメイトのジェイソン・タッカーと対戦し、TKO勝ちを収めた。

UFC[編集]

2006年6月28日、Ultimate Fight Night 5でUFC初参戦のアンデウソン・シウバと対戦し、膝蹴りでKO負け。

2007年ハワイ州オアフ島にある「Icon Fitness MMAジム」のコーチに就任し、ハワイを拠点とするようになった。

2007年5月26日、UFC 71カリブ・スターンズと対戦し、判定負け。敗れはしたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。9月19日のUFC Fight Night 11ではテリー・マーティンにKO勝ち。

2008年3月1日、UFC 82アレッシオ・サカラにTKO勝ちし、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2008年6月7日のUFC 85マイケル・ビスピンとの対戦が予定されていたが、4月30日にオレゴン州クラカマス郡で執行猶予中の飲酒運転で逮捕・拘留されたため、同大会を欠場した[3][4]。10月18日のUFC 89で復帰し、ビスピン戦を迎えたが、判定負け[5]。試合後の薬物検査でアナボリックステロイドの陽性反応が出たため、9か月間の出場停止処分を受けた[6]

出場停止処分中、ハワイ州・オアフ島に自身のジム「Ultimate Fight School」をオープンさせた。

2009年8月29日、10か月ぶりの復帰戦となったUFC 102でジェイク・ロショルトと対戦。自身の地元での開催であったが、肩固めで一本負けを喫した[7]

2010年6月19日、The Ultimate Fighter: Team Liddell vs. Team Ortiz Finaleアーロン・シンプソンを相手にTKO勝利を挙げ、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[8]。7月3日、UFC 116ではヴァンダレイ・シウバが負傷欠場したため、2週間の試合間隔で代役として出場し、秋山成勲と対戦。3R終了間際に三角絞めで一本勝ちを収め、大会のファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得した[9][10]

2011年1月1日、UFC 125ブライアン・スタンと対戦し、パウンドによるTKO負けを喫した[11]

2011年7月2日、UFC 132ヴァンダレイ・シウバと対戦し、クリンチアッパーの連打でダウンを奪いパウンドでTKO勝ちを収めた。

2011年11月5日、UFC 138マーク・ムニョスと対戦。レスリングエリートとさえ呼ばれるムニョスからテイクダウンを奪うなど善戦するも、カットによる出血を重く見たリーベン陣営のセコンドによりコーナーストップがかけられTKO負け。試合後に薬物検査の結果としてリーベンが処方鎮痛剤のオキシコドンとオキシモルフォンの反応が出た事が発表。一年間の出場停止処分を受けた[12]

2013年12月28日、UFC 168ユライア・ホールと対戦し、戦意喪失でTKO負け。4連敗となり引退を表明した[13]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
37 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
26 14 6 6 0 0 0
11 4 2 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ユライア・ホール 1R終了時 TKO(戦意喪失) UFC 168: Weidman vs. Silva 2 2013年12月28日
× アンドリュー・クレイグ 5分3R終了 判定1-2 UFC 162: Silva vs. Weidman 2013年7月7日
× デレク・ブランソン 5分3R終了 判定0-3 UFC 155: Dos Santos vs. Velasquez 2 2012年12月29日
× マーク・ムニョス 2R終了時 TKO(コーナーストップ) UFC 138: Leben vs. Munoz 2011年11月5日
ヴァンダレイ・シウバ 1R 0:27 TKO(左アッパー→パウンド) UFC 132: Cruz vs. Faber 2011年7月2日
× ブライアン・スタン 1R 3:37 TKO(パウンド) UFC 125: Resolution 2011年1月1日
秋山成勲 3R 4:40 三角絞め UFC 116: Lesnar vs. Carwin 2010年7月3日
アーロン・シンプソン 2R 4:17 TKO(左フック) The Ultimate Fighter: Team Liddell vs. Team Ortiz Finale 2010年6月19日
ジェイ・シウバ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Maynard vs. Diaz 2010年1月11日
× ジェイク・ロショルト 3R 1:20 肩固め UFC 102: Couture vs. Nogueira 2009年8月29日
× マイケル・ビスピン 5分3R終了 判定0-3 UFC 89: Bisping vs. Leben 2008年10月18日
アレッシオ・サカラ 1R 3:16 TKO(左フック→パウンド) UFC 82: Pride of a Champion 2008年3月1日
テリー・マーティン 3R 3:56 KO(左フック) UFC Fight Night 11 2007年9月19日
× カリブ・スターンズ 5分3R終了 判定0-3 UFC 71: Liddell vs. Jackson 2007年5月26日
× ジェイソン・マクドナルド 2R 4:03 変形フロントチョーク UFC 66: Liddell vs. Ortiz 2 2006年12月30日
ジョルジ・サンチアゴ 2R 0:35 KO(左フック) UFC Fight Night 6 2006年8月17日
× アンデウソン・シウバ 1R 0:49 TKO(膝蹴り) Ultimate Fight Night 5 2006年6月28日
ルイージ・フィオラヴァンティ 5分3R終了 判定3-0 Ultimate Fight Night 4 2006年4月6日
ホルヘ・リベラ 1R 1:44 TKO(右ショートフック) Ultimate Fight Night 3 2006年1月16日
エドウィン・デューイーズ 1R 3:26 腕ひしぎ十字固め Ultimate Fight Night 2 2005年10月3日
パトリック・コーテ 5分3R終了 判定2-1 Ultimate Fight Night 1 2005年8月6日
ジェイソン・タッカー 1R 1:35 TKO(パンチ) The Ultimate Fighter 1 Finale 2005年4月9日
ベンジー・ラダック 3R 3:43 TKO(顎の負傷) SportFight 4: Fight For Freedom 2004年6月26日
× ジョー・ドークセン 5分3R終了 判定0-3 Freestyle Fighting Championships 9 2004年5月14日
ジャスティン・デイビス 1R 1:54 KO(パンチ) SportFight 3: Dome 2004年4月17日
ボイド・バラード 1R 1:50 KO(パンチ) United Full Contact Federation - Night of Champions 2004年1月31日
マイク・スウィック 2R 0:45 KO(左フック) WEC 9: Cold Blooded
【WEC世界ミドル級王者決定戦】
2004年1月16日
ジェームス・ファンシアー 5分3R終了 判定3-0 Gladiator Challenge 20 2003年11月13日
ブライアン・スリーマン 1R 3:15 腕ひしぎ十字固め WEC 8: Halloween Fury 2 2003年10月17日
ボイド・バラード 1R 2:18 腕ひしぎ十字固め United Full Contact Federation - Night of Champions 2003年10月11日
ランドン・ショウォルター 5分3R終了 判定3-0 Quest Promotions: Second Coming 2003年8月23日
オットー・オルソン 1R 2:01 KO(パンチ) United Full Contact Federation - Battle in Seattle 2003年7月26日
パット・ヒーリー 5分3R終了 判定2-1 Full Contact Fighting Federation - Rumble at the Roseland 8 2003年6月7日
ジョン・ホール 2R終了時 TKO(タオル投入) Full Contact Fighting Federation - Rumble at the Roseland 6 2003年3月8日
ベン・バーチャー 1R 3:00 TKO FCFF - Rumble at the Roseland 5 2002年12月14日
ブライス・ハミルトン 1R 2:45 腕ひしぎ十字固め United Full Contact Federation - Fall Brawl 2002年11月9日
ジャスティン・テラースト 1R 2:30 腕ひしぎ十字固め FCFF - Rumble at the Roseland 4 2002年8月10日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
N/A
初代WEC世界ミドル級王者

2004年1月16日 - 不詳(返上)

空位
次タイトル獲得者
ジョー・リッグス