UFC 140

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 140: Jones vs. Machida
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファLLC
開催年月日 2011年12月10日
開催地 カナダの旗 カナダ
トロント
会場 エア・カナダ・センター
試合数 全12試合
入場者数 18,303[1]
入場収益 3,900,000USドル[1]
イベント時系列
The Ultimate Fighter 14 Finale UFC 140: Jones vs. Machida UFC 141: Lesnar vs. Overeem

UFC 140: Jones vs. Machida(ユーエフシー・ワンフォーティー:ジョーンズ・バーサス・マチダ)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2011年12月10日カナダトロントエア・カナダ・センターで開催された。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード(Facebook)[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
× カナダの旗 ミッチ・クラーク vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・チョリッシュ ○
2R 4:36 TKO(パウンド)
第2試合 ウェルター級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 リッチ・アトニート vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイク・ヘクト ○
2R 1:10 TKO(肘打ち→パウンド)
第3試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 マーク・ボーチェック vs. アメリカ合衆国の旗 ニック・レンツ ×
3R終了 判定3-0(30–27、30–27、30–27)

プレリミナリィカード (ION TV)[編集]

第4試合 バンタム級 5分3R
ハイチの旗 イーブス・ジャボウィン vs. アメリカ合衆国の旗 ワレル・ワトソン ×
3R終了 判定2-1(28–29、29–28、30–27)
第5試合 ライト級 5分3R
× カナダの旗 ジョン・マクデッシ vs. アメリカ合衆国の旗 デニス・ホールマン
1R 2:58 リアネイキドチョーク
第6試合 ミドル級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・ハマン vs. キプロスの旗 コンスタンティノス・フィリッポウ
1R 3:11 KO(スタンドパンチ連打)
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
× ポーランドの旗 クシシュトフ・ソシンスキー vs. クロアチアの旗 イゴール・ポクライェク
1R 0:35 KO(スタンドパンチ連打)

メインカード[編集]

第8試合 ウェザー級 5分3R
× カナダの旗 マーク・ホーミニック vs. 韓国の旗 ジョン・チャンソン
1R 0:07 KO(右ストレート→パウンド)
第9試合 ウェルター級 5分3R
× カナダの旗 クロード・パトリック vs. アメリカ合衆国の旗 ブライアン・エバーソール
3R終了 判定2-1(29–28、28–29、29–28)
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 ティト・オーティズ vs. ブラジルの旗 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
1R 3:15 TKO(パウンド)
第11試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フランク・ミア vs. ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ ×
1R 3:38 キムラロック
第12試合 メインイベント UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ジョーンズ vs. ブラジルの旗 リョート・マチダ ×
2R 4:26 ギロチンチョーク
※ジョーンズが2度目の防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトジョン・ジョーンズ vs. リョート・マチダ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトジョン・チャンソン
サブミッション・オブ・ザ・ナイトフランク・ミア
各選手にはボーナスとして75,000ドルが支給された[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]