エア・カナダ・センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エア・カナダ・センター
"Air Canada Centre"
ACC on Bay St and CN Tower.JPG
施設情報
所在地 トロントオンタリオ州
起工 1997年3月12日
開場 1999年2月19日
所有者 メープルリーフ・スポーツ&エンタテーメント
運用者 メープルリーフ・スポーツ&エンタテーメント
建設費 2億6,500万カナダドル
設計者 HOK Sport
Brisbin Brook Beynon Architects (BBB Architects)
プロジェクトマネージャ Clarendon Projects Ltd.[1]
構造設計者 Sayers & Associates Limited[2]
使用チーム、大会
トロント・メープルリーフスNHL)(1999年-現在)
トロント・ラプターズNBA)(1999年-現在)
トロント・ロックNLL)(2001年-現在)
トロント・ファントムズAFL)(2001-2002年)
収容能力
バスケットボール - 19,800 人
アイスホッケー - 18,819 人
ラクロス - 18,819人
コンサート - 19,800 人
シアター - 5,200人

エア・カナダ・センター(英語:Air Canada Centre、略称:the ACC)はカナダトロントにある屋内競技場。

概要[編集]

1999年2月19日にこけら落とし。NHLトロント・メープルリーフスNBAトロント・ラプターズラクロスNLL)のトロント・ロックの本拠地として使用されている。カナダの屋内競技場としては最大のアリーナである。エア・カナダが20年契約で命名権を取得[3]

歴史[編集]

この建物は元々、1941年に建てられたトロント郵便集配ビル(チャールズ・ドルフィン設計)で、建設当初は戦時貯蔵庫として国防省に提供後、1946年にカナダ郵便公社に返還されたもの。アールデコ調の東側ファサードと南側外壁が残されている。この建物はオンタリオ史跡保護法で保護されている。

当時既に老朽化していたメープルリーフ・ガーデンズに変わるアリーナとして1997年3月から改装工事が開始され、バスケットボールのみならずホッケーに合わせて再設計され、大規模な改築が行われた。1999年2月に開場。

2008年にエア・カナダ・センター西側をメープルリーフ・スクエアと接続する改築を実施。メープルリーフ・スクエアはメープルリーフ・スポーツ&エンタテーメント、キャディラック・フェアビュー、ランテラ・デベロップメンツ社の共同所有で、ホテル、ショッピングモール、住宅棟などが含まれた複合建築で、2010年にオープンした。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.clarendonprojects.com/aircanadacentre.html
  2. ^ http://www.halcrow.com/Our-projects/Project-details/Air-Canada-Centre-Canada/
  3. ^ “Branding for dollars”. CBC News. (2007年2月15日). http://www.cbc.ca/news/background/marketing/ 

外部リンク[編集]