UFC 74

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 74: Respect
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファLLC
開催年月日 2007年8月25日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全9試合
入場者数 11,118人
PPV購入数 485,000件[1]
イベント時系列
UFC 73: Stacked UFC 74: Respect UFC 75: Champion vs. Champion

UFC 74: Respect(ユーエフシー・セブンティフォー:リスペクト)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」のPPV大会の一つ。2007年8月25日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

大会メインイベントではUFC世界ヘビー級王者ランディ・クートゥアと挑戦者ガブリエル・ゴンザーガによるUFC世界ヘビー級タイトルマッチが行われた。

大会概要[編集]

メインイベントであるランディ・クートゥアガブリエル・ゴンザーガのUFC世界ヘビー級タイトルマッチでは、クートゥアがゴンザーガをTKOで降し、44歳にして王座防衛に成功した。セミファイナルでは王座陥落後の復帰戦となるジョルジュ・サンピエールジョシュ・コスチェックを判定で破った。

第4試合のレナート・ババルデビッド・ヒース戦では、ババルが問題行動によって罰金およびUFCからの追放という処分を受けることとなった。また、今大会でUFC初参戦となったマーカス・アウレリオは、クレイ・グイダに僅差の判定で敗れ、黒星デビューとなった。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クレイ・グイダ vs. ブラジルの旗 マーカス・アウレリオ ×
3R終了 判定2-1(30-27、30-27、28-29)
第2試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 ターレス・レイチ vs. アメリカ合衆国の旗 ライアン・ジェンセン ×
1R 3:47 腕ひしぎ十字固め
レイチはトラヴィス・ルターに代わっての出場。
第3試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フランク・ミア vs. オランダの旗 アントニー・ハードンク ×
1R 1:17 チキンウィングアームロック
第4試合 ライトヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 レナート・ババル vs. アメリカ合衆国の旗 デビッド・ヒース ×
3R 3:30 アナコンダチョーク
ヒースがタップした後もババルが絞めを解かなかったため、試合後ババルにはネバダ州アスレチック・コミッションより25,000ドルの罰金が課せられた(これは当該試合の勝利者賞の額に相当)。また、ババルにはUFCとの契約更新がない旨も併せて通知された[2]

メインカード[編集]

第5試合 ミドル級 5分3R
カナダの旗 パトリック・コーテ vs. アメリカ合衆国の旗 ケンドール・グローブ ×
1R 4:45 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第6試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョー・スティーブンソン vs. アメリカ合衆国の旗 カート・ペレグリーノ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第7試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ロジャー・ウエルタ vs. アメリカ合衆国の旗 アルバート・クレイン ×
3R 1:50 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第8試合 セミファイナル ウェルター級 5分3R
カナダの旗 ジョルジュ・サンピエール vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・コスチェック ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第9試合 メインイベント UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア vs. ブラジルの旗 ガブリエル・ゴンザーガ ×
3R 1:37 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
クートゥアがヘビー級王座の初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: ランディ・クートゥア vs. ガブリエル・ゴンザーガ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: パトリック・コーテ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ターレス・レイチ
各選手にはボーナスとして40,000ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]