UFC 143

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 143: Diaz vs. Condit
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファLLC
開催年月日 2012年2月4日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全11試合
入場者数 9,015[1]
入場収益 $2,400,000[1]
PPV購入数 400,000[2]
イベント時系列
UFC on FOX 2: Evans vs. Davis UFC 143: Diaz vs. Condit UFC on Fuel TV 1: Sanchez vs. Ellenberger

UFC 143: Diaz vs. Condit(ユーエフシー・ワンフォーティースリー:ディアス・バーサス・コンディット)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2012年2月4日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード(facebook)[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 ダン・スティットジン vs. アメリカ合衆国の旗 スティーブン・トンプソン
1R 4:13 KO(右ハイキック)
第2試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 ハファエル・ナタル vs. オランダの旗 マイケル・カイパー ×
3R終了 判定3-0(30–27、30–27、29–30)

プレリミナリィカード(FX)[編集]

第3試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・リドル vs. アメリカ合衆国の旗 ヘンリー・マルチネス ×
3R終了 判定2-1(28–29、29–28、29–28)
第4試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ブラウン vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・コープ ×
2R 1:19 TKO(左フック→パウンド)
第5試合 バンタム級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 アレックス・カセレス vs. アメリカ合衆国の旗 エドウィン・フィゲロア
3R終了 判定2-1(28–27、27–28、28–27)
第6試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ポイエー vs. アメリカ合衆国の旗 マックス・ホロウェイ ×
1R 3:23 腕ひしぎ十字固め

メインカード[編集]

第7試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エド・ハーマン vs. アメリカ合衆国の旗 クリフォード・スタークス ×
2R 1:43 リアネイキドチョーク
第8試合 バンタム級 5分3R
ブラジルの旗 ヘナン・バラオン vs. アメリカ合衆国の旗 スコット・ヨルゲンセン ×
3R終了 判定3-0(30–27、30–27、30–27)
第9試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・コスチェック vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・ピアース ×
3R終了 判定2-1(28–29、29–28、29–28)
第10試合 ヘビー級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 ロイ・ネルソン vs. ブラジルの旗 ファブリシオ・ヴェウドゥム
3R終了 判定3-0(30–27、30–27、30–27)
第11試合 メインイベント UFC世界ウェルター級暫定王座決定戦 5分5R
× アメリカ合衆国の旗 ニック・ディアス vs. アメリカ合衆国の旗 カーロス・コンディット
5R終了 判定3-0(48–47、49–46、49–46)
※コンディットが王座獲得。

各賞[編集]

各選手にはボーナスとして65,000ドルが支給された[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b UFC 143 officially draws 9,015 attendance for $2.4 million live gate”. mmajunkie.com. 2012年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月13日閲覧。
  2. ^ UFC 143 PPV buy rates”. mmapayout.com. 2012年2月8日閲覧。
  3. ^ UFC 143 bonuses: Thompson, Poirier, Werdum and Nelson earn $65K awards MMAjunkie.com 2012年2月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]