UFC 105

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 105: Couture vs. Vera
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファLLC
開催年月日 2009年11月14日
開催地 イギリスの旗 イギリス
マンチェスター
会場 MENアリーナ
開始時刻 午後8時(GMT
試合数 全11試合
放送局 Spike TV
イベント時系列
UFC 104: Machida vs. Shogun UFC 105: Couture vs. Vera UFC 106: Ortiz vs. Griffin 2

UFC 105: Couture vs. Vera(ユーエフシー・ワンオーファイブ:クートゥア・ヴァーサス・ヴェラ)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2009年11月14日イギリスマンチェスターマンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナで開催された。

大会サブタイトル「Couture vs. Vera」の通り、メインイベントではランディ・クートゥアブランドン・ヴェラによるライトヘビー級戦が行われた。

大会概要[編集]

メインイベントではクートゥアがヴェラを判定で破り、約2年振りとなる勝ち星を挙げた。

ペーター・ソボッタ対ダマルケス・ジョンソンのウェルター級戦は中止となり[1]、当初予定されていたアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラルイス・カーニのライトヘビー級戦は後発のUFC 106に延期された[2]

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
イギリスの旗 アンドレ・ウィナー vs. アメリカ合衆国の旗 ローランド・デルガド ×
1R 3:22 KO(右フック)
第2試合 ライトヘビー級 5分3R
スウェーデンの旗 アレクサンダー・グスタフソン vs. アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・ハマン ×
1R 0:41 KO(右ストレート→パウンド
第3試合 ライト級 5分3R
ドイツの旗 デニス・シヴァー vs. イギリスの旗 ポール・ケリー ×
2R 2:53 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第4試合 ウェルター級 5分3R
イギリスの旗 ニック・オシピチェック vs. アメリカ合衆国の旗 マット・リドル ×
3R 3:53 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第5試合 ライト級 5分3R
イギリスの旗 テリー・エティム vs. アメリカ合衆国の旗 シャノン・グジャーティ ×
2R 1:24 ギロチンチョーク
第6試合 ウェルター級 5分3R
イギリスの旗 ジョン・ハザウェイ vs. イギリスの旗 ポール・テイラー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)

メインカード[編集]

第7試合 ライト級 5分3R
イギリスの旗 ロス・ピアソン vs. アメリカ合衆国の旗 アーロン・ライリー ×
2R 4:34 TKO(ドクターストップ:額カット)
第8試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ブラウン vs. イギリスの旗 ジェームス・ウィルクス ×
3R 2:26 TKO(レフェリーストップ:バックマウントパンチ)
第9試合 ミドル級 5分3R
イギリスの旗 マイケル・ビスピン vs. カナダの旗 デニス・カーン ×
2R 4:24 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第10試合 ウェルター級 5分3R
イギリスの旗 ダン・ハーディー vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・スウィック ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第11試合 メインイベント ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア vs. アメリカ合衆国の旗 ブランドン・ヴェラ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト:マイケル・ビスピン vs. デニス・カーン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト:デニス・シヴァー
サブミッション・オブ・ザ・ナイト:テリー・エティム
各選手にはボーナスとして40,000ドルが支給された[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]