ダン・ハーディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・ハーディー
Dan Hardy 2009.jpg
基本情報
本名 ダニエル・マーク・ハーディー
(Daniel Mark Hardy)[1]
通称 ジ・アウトロー (The Outlaw)
国籍 イギリスの旗 イギリス
生年月日 1982年5月17日(31歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ノッティンガム
所属 チーム・ラフハウス
身長 183cm
体重 77kg
リーチ 188cm
階級 ウェルター級
スタイル テコンドーブラジリアン柔術
テーマ曲 England Belongs to Me
(Cock Sparrer)
テンプレートを表示

ダン・ハーディーDan Hardy、男性、1982年5月17日 - )は、イギリス総合格闘家イングランドノッティンガム出身。チーム・ラフハウス所属。テコンドー黒帯。

スタンドでの攻防を得意とし、オーソドックスサウスポーを使い分ける。エディ・ブラボーの弟子であり、三角絞めなどの関節技に対する防御力も高い。日本の金網興行CAGE FORCEのウェルター級トーナメントでは、日本人選手から勝利を挙げトーナメントの中心人物になった。

来歴[編集]

2002年から総合格闘技の練習を始め、テコンドー黒帯とブラジリアン柔術紫帯を持つ[2]

2004年6月6日、Extreme Brawlでプロ総合格闘技デビューするも、一本負けに終わる。9月には母国イギリスのケージ・ウォーリアーズFC(CWFC)初出場を果たした。

2005年4月8日、CWFCにてアンディ・ウォーカーに1R TKO勝ち。5月21日にはデビッド・バロンと対戦し三角絞めによる一本負け。6月18日、UK Stormに出場しステュワート・バールズをKOで破りUK Stormウェルター級王者となった。10月1日のディエゴ・ゴンザレス戦は最後はノーコンテストとなるが、試合内容は常にバックを取られ劣勢を強いられ負けにも等しい内容であった。11月26日、マット・ソープとのCWFCウェルター級(-73kg級)タイトルマッチが行われ、2-1の判定勝ちを収めた。

2006年3月25日、CWFCで前回決着のつかなかった宿敵ディエゴ・ゴンザレスとのタイトルマッチが組まれる。試合は序盤からゴンザレスの突進力に苦戦するも、2R以降から打撃で反撃し、3R開始直後に左ハイキックをヒットさせカットによるTKO勝利で王座防衛に成功した。6月18日には2H2HでのDEEP出場権を賭けた4人トーナメントにてデビッド・バロンと再戦するも、判定負けを喫した。

CAGE FORCE[編集]

2007年5月27日、CAGE FORCE EX -eastern bound-にて開催されたCAGE FORCEウェルター級王座決定トーナメントにCWFC代表として初来日し、パンクラスの現役王者石毛大蔵と対戦。1Rに左フックでダウンを奪うと、その後もスタンド、寝技共に石毛をし3-0の判定で勝利[3]。9月8日、CAGE FORCE 04の準決勝にて門馬秀貴と対戦。門馬の三角絞めを凌ぎ、パウンドでTKO勝ち[4]。12月1日、CAGE FORCE 05での決勝では吉田善行と対戦し、金的攻撃により反則負けとなった[5]。試合後、裁定に対し不満を表明した[6]

UFC[編集]

2008年にはUFCと契約を果たし、10月18日に地元大会のUFC 89で初参戦。郷野聡寛に2-1で判定勝利を収めた。

2009年11月14日、地元イギリスで開催されたUFC 105マイク・スウィックと対戦し、3-0の判定勝ち[7]。UFC4連勝となった。

2010年3月27日、UFC 111でUFC世界ウェルター級王者ジョルジュ・サンピエールに挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得に失敗した[8]

2010年10月16日、地元・イングランドで開催されたUFC 120カーロス・コンディットと対戦し、左フックでKO負けを喫した[9]

2011年8月14日、UFC Live: Hardy vs. Lytleクリス・ライトルと対戦し、3ラウンド終盤にギロチンチョークで一本負け。UFC4連敗となった。

2012年5月26日、UFC 146ドゥエイン・ラドウィックと対戦し、左フックでダウンを奪い肘打ちの連打でKO勝ち。2年半振りの勝利となり、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年4月20日のUFC on FOX 7マット・ブラウンと対戦予定であったが、WPW症候群と診断されたため欠場。本人曰く動悸や息切れなどの自覚症状はないとの事[10]

人物[編集]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
36 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
25 12 4 9 0 0 1
10 1 4 4 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
アミール・サダロー 5分3R終了 判定3-0 UFC on Fuel TV 5 2012年9月29日
ドゥエイン・ラドウィック 1R 3:51 KO(左フック→肘打ち) UFC 146: Dos Santos vs. Mir 2012年5月26日
× クリス・ライトル 3R 4:16 ギロチンチョーク UFC Live: Hardy vs. Lytle 2011年8月14日
× アンソニー・ジョンソン 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis 2011年3月26日
× カーロス・コンディット 1R 4:27 KO(左フック) UFC 120: Bisping vs. Akiyama 2010年10月16日
× ジョルジュ・サンピエール 5分5R終了 判定0-3 UFC 111: St. Pierre vs. Hardy
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2010年3月27日
マイク・スウィック 5分3R終了 判定3-0 UFC 105: Couture vs. Vera 2009年11月14日
マーカス・デイヴィス 5分3R終了 判定2-1 UFC 99: The Comeback 2009年6月13日
ローリー・マーカム 1R 1:09 KO(左フック) UFC 95: Sanchez vs. Stevenson 2009年2月21日
郷野聡寛 5分3R終了 判定2-1 UFC 89: Bisping vs. Leben 2008年10月18日
ダニエル・ウェイケル 2R TKO Ultimate Force - Punishment 2008年5月3日
チャド・レイナー 3R 2:21 TKO Cage Warriors Fighting Championship - Enter the Rough House 6 2008年4月19日
マヌエル・ガルシア 1R 2:21 ギブアップ(スタンドの打撃) CWFC - Enter The Rough House 5 2007年12月8日
× 吉田善行 2R 0:04 反則(金的攻撃) CAGE FORCE 05
【ウェルター級王座決定トーナメント 決勝】
2007年12月1日
門馬秀貴 3R 0:28 TKO(パウンド) CAGE FORCE 04
【ウェルター級王座決定トーナメント 準決勝】
2007年9月8日
石毛大蔵 5分3R終了 判定3-0 CAGE FORCE EX -eastern bound-
【ウェルター級王座決定トーナメント 準々決勝】
2007年5月27日
ウィリー・ニー 2R 0:32 フロントチョーク CWFC - Enter The Rough House 2 2007年4月28日
アレッシャンドリ・イジドロ 3R 4:56 TKO CWFC - Enter The Rough House 2006年12月9日
ダニー・ラシュトン 1R終了時 TKO CWFC - Showdown 2006年9月16日
× デビッド・バロン 2R終了 判定 2 Hot 2 Handle - Road to Japan
【1回戦】
2006年6月18日
× フォレスト・ペッツ 5R終了 判定3-0 Fightfest 2 2006年4月14日
ディエゴ・ゴンザレス 3R 0:19 TKO(カット) CWFC - Strike Force 5
【CWFCウェルター級タイトルマッチ】
2006年3月25日
マット・ソープ 5分5R終了 判定2-1 CWFC - Strike Force 4
【CWFCウェルター級タイトルマッチ】
2005年11月26日
ディエゴ・ゴンザレス 2R 1:19 無効試合 CWFC - Strike Force 3 2005年10月1日
サミ・ベリック 5分3R終了 判定3-0 CWFC - Quest 3 2005年9月17日
ラウターロ・アルボレーロ 3R 3:52 TKO CWFC - Strike Force 2 2005年7月16日
アレッシャンドリ・イジドロ 5分2R終了 判定3-0 KOTC - Warzone 2005年6月24日
ステュワート・バールズ 2R 2:44 TKO UK Storm 2005年6月18日
× デビッド・バロン 2R 3:10 三角絞め CWFC - Strike Force 2005年5月21日
アンディ・ウォーカー 1R TKO(スタンドの打撃) CWFC - Quest 2005年4月8日
リー・ドスキー 2R ギブアップ(負傷) Fight Club UK 1 2005年1月29日
アーロン・バロウ 1R 0:13 TKO CWFC 9 - Xtreme Xmas 2004年12月18日
× パット・ヒーリー 1R 3:50 フロントチョーク Absolute Fighting Championships 10 2004年10月30日
アンディ・メリア 2R 3:55 ギブアップ(スタンドの打撃) CWFC 8 - Brutal Force 2004年9月18日
ポール・ジェンキンス 5分3R終了 判定2-0 Full Contact Fight Night 2 2004年8月14日
× リー・ドスキー 2R 4:59 チョークスリーパー Extreme Brawl 7 2004年6月6日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]